まつもとれみ

妻である前に、母である前に、私は「私」

2020/8/27配信








□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□




 

  【+SPICE!人生にスパイスを!】

 

   レミの子育て応援メールレター

 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

 

皆様、こんばんは。

まつもとれみです。

 


 

先日のお久しぶりメールに

ご返信下さった皆さん、

ありがとうございました。

 


一通、一通が本当に嬉しくて

お顔を思い浮かべながら

大切に読ませて頂きました。

 

 

ありがとうございます。

 
 
  


今日は夫とふたりで

近所のごはんやさんへ。

(未だに夫も在宅勤務なので

24時間一緒の生活が継続中です。笑)

 


 

私にとって夫は

「同志=最高の友人」であり

「家族=最愛の存在」でもあり

彼に話せば、だいたいのことは解決するし

あらゆる悩み、課題について

いつも最適解をくれる

ありがたい存在です。

 

 

結婚   の2文字が

ただただ、幸福の象徴だった一年目。

得体の知れない魔物が潜んでいて

罠がいくつも仕掛けられていた二年目。笑

不穏な産後クライシス、

甘いだけではない

心模様の複雑さを感じていた三年目…

 

 

なーんて

 

波乱万丈、紆余曲折、

山あり谷あり、崖っぷちあり。

酸いも甘いも噛み分けて

罵言雑言で傷つけあった日も今は昔。

 

 
本日は14
回めの結婚記念日でした。

 

 

 

巷の恋愛論や小手先のテクニック、

多少の魅せ方を知ってれば

恋愛は誰とでもできるもの。

ちやほやされるのも

若さゆえの期間限定の特権です。

 

 

でもね、

 

 
結婚は違うのよ・・・

結婚はね・・・

 

 

 

 

結婚は、テクニックだけじゃ

 

 

 

ずぇぇぇったいに

持続できねーーーんだよ!

 

 

 

 

はっっっ、失礼しました。

思わず心の副音声が!

  


コホン。

 

 

 
絶対に持続できないことを

夫から学んだ13年の月日でございます。

 

 

 
夫婦は他人。

育った環境も、価値観も違うので

最初は『言わなきゃわからない』 。

いや、むしろ

『言ってもわからない』(なんでわからないんだ、ボケ!)

ってことだらけです。

  

 

 

だからこそ、

『わかりあえないこと』

『違う人間であること』を前提条件にして

日々の暮らしの中で感じた

喜怒哀楽をつぶさにシェアし

 

 
『なるほど、なるほど。

私とは違うけど、あなたはそうなのね。』と

受け容れたり、譲歩したり、

時には激しく喧嘩したり。笑

 

 

そんな日々の積み重ねが、

お互いが心地いいパートナーシップを

作るのだと思います。

 

 

 

小さなコミュニケーションを

軽視せず、スキップせず、

一歩一歩、歩み寄るように積み重ねる。

コミュニケーションなんてめんどくさい!って

思うかも知れませんが、

  

 
こういう小さなコミュニケーションすら

すっ飛ばしてるくせに、
セックスレスで悩むのは本末転倒。

ろくに会話もしないのに、

肌を重ねるなんて

かなりハードル高いやろ・・・。

物事には順番ってものがあるよね、って話です。

(先日、友人に相談された件)

 

 

とにもかくにも、

小さなことの積み重ねが

結果的に自分をラクにすることを

学んだ13年の結婚生活でもあります。 

 

 

今日はそんな、

結婚記念日にちなんだテーマで

お送りしたいと思います。

 

 

 

皆様は、本田健さんの

『ユダヤ人大富豪の教え』という本をご存知ですか?

日本人のケン君が、ユダヤ人の大富豪から

幸せなお金持ちになる17の秘訣を教わる、

という内容で、シリーズ化されているベストセラーです。

 

 

その中の第12の秘訣「パートナーシップの力を知る」の中から、

”パートナーシップを成功させる5原則”を

今日は本からの引用でご紹介します。

 

本書リンクは最下部にあるので

ぜひ読んでみてくださいね♪

 

 

*****

 

1. 問題があれば、できるだけその場で話をすること。

その日のうちに解決すること。

 

特に男性は、とかく面倒くさくなり、問題解決を先延ばしにしてしまう。

女性の方も、何かが違うと感じながらも、そのままにしてしまいがちだ。

でもそうすると、二人の間の愛の炎は小さくなり、情熱がそのうち消えてしまう。

問題があると感じたら、できるだけ、その場で処理をすることだ。

 

 

2. 何かを決めるときには、二人の100%の合意で決めること

 

夫婦は、運命共同体である。

だから、その船の進む方向性は、どちらもが、100%合意をしなければいけない。

片方が、反対しているのを押し切ってはいけない。

仕事よりパートナーを大切にしていれば、パートナーは反対しないだろう。

 

 

3. お互いの存在を自分の人生での奇跡として扱い、感謝すること

 

世界には60億からの人間がいる。

そのうちの一人をパートナーとして選んだのだ。

相手がいるだけでも奇跡的なこと。

その奇跡を日常的にお互いに確認し合えるかどうかが、

パートナーシップの成功の鍵を握るだろう。

 

 

4. 自分に幸せに責任をもつこと

 

どうしても、相手を幸せにしたいと考えたり、相手に幸せにしてもらって当然だと

感じ勝ちだし、言ってしまいがちだ。

でも、誰かが他人を幸せにすることはできない。

人は、自分しか幸せにできないのだ。

 

 

5. 夫婦は運命共同体であると認識すること

 

お金がどちらから入ってきても、夫婦のものであると捉えること。

それは、豊かさは二人の愛とつながりに入ってきたものだから。

入り口がどちらかはあまり関係がない。

共同事業のように捉えること。

さもないと、お互い恨みばかりが募ってしまう。

 

*****

 

いかがですか?

 

最初にこの本に出逢ってから

今までに何度も何度も読み返して、

今はまあお互いに

そこそこ実践できていると感じるけれど

 

 

 

初めて読んだ時は、

 

 

「はいはい、正論乙。

こんなことできるわけないし、

成功者の理想論でしょ。チッ」

 

 

とか思っていました。爆

 (本田健さんにマジ失礼すぎる。)

 

 

でもね・・・

 

ひとつひとつを自分なりにかみ砕き、 

 


1.その日の不満、その日のうちに

2.ゴールを共有

3.感謝!感謝

4.私の幸せは私次第

5.ワレワレハ家族運営共同体

 

 
これを実践するうちに

本当に、本当に夫との関係は

劇的によくなったし

 

 

神棚にお守りとして飾っていた
署名押印済の離婚届は
日の目をみることなく

いつしかゴミ箱へ。笑



パートナーシップだけに限らず

自分の周りにいるすべての人と

平和的な関係を築くには、まず

自分自身の心が満たされていることが

絶対不可欠だという、

普遍的な「答え」に辿り着きました。

 

 

 

自分が満たされていないと

 

『なんで私ばっかりこんなに大変なの?』

『私を苦しめているのは誰?(オマエ)

『私を苦しめてるの原因は何?(夫、会社、社会)』って

不満のベクトルが他者、外的要因に向かいがち。

 

 

自分の不満や苦労ばかりに囚われて

思考も貧相になってしまう、

まさに「貧すれば鈍する」。。。

 

 

夫に優しくなれないと思うとき、

夫の言葉や態度に、ちょっとでもイラッとする時、
それって、明らかに

自分への危険信号なんですよね。


 


だって、自分が満たされている時は
人のことは全く気にならないもんww
夫や他人の言動が気になる、

モヤッとイラっとする、違和感がある、
それは全部自分のココロの問題。


 


とげとげしい気持ちや
不満が芽生えたとき、
「私って性格が悪いな。」って思わずに
「私は今、自分が満たされていないのね。」って


 


他人に気持ちを向けずに
自分の心に向き合うことが
本当に大切だな、と。




 


妻とか、母とか、私たちが持つ「肩書」は
自分の犠牲の上に成り立っているものではなくて、
自分の幸せの上にあるもの。


 


だからこそ、


妻である前に、母である前に
ひとりの人間として
自分をしっかり知ること
パートナシップや家族の基盤になる
とっても大切だと私は思います。
 


 
私が「好き」なことってなに?
ありたい姿、目指す生き方は?
なんのために生きる?
人生のテーマ、パッションは何?
本質的な生き方とは?
自分の価値とは? 自分軸とは?


 


自分の人生にとって
本当に大切なものを知る。


 


自分自身に向き合い、掘り下げ、
今まで考えてもいなかったような
本当の自分を発見したとき、
自分らしい幸せがどんなものかも
理解することができます。


 


そうやって、
真摯に自分と向き合うことが
自分を大切にし、さらに
誰かを大切にできる
自分で在り続けるための
大切なエネルギー源になるのです♡



 

 

相手のボートに乗り込んで、
オールを手渡し、依存する人生ではなく。

それぞれのボートに乗って、
同じ目的地に向かって一緒に走る人生。

たまーにそれぞれが寄り道をしたり、

また一緒に走ったりする。

 

 
それこそが

私の理想とするパートナーシップだな、と
改めて感じた13回目の結婚記念日でした。

 

 

 

皆様のパートナーシップは
いかがでしょうか?
難しいと感じてること、悩んでいること、

ご質問やメルマガに書いて欲しいことなど

お気軽にこのメールに返信して下さいね♪

 

 

 

 

それではまた。

  
 

追伸

谷中生姜って知ってます?

これの肉巻きを頼んだらね、

むっちゃ食べにくくて・・・

手で掴んじゃいました。笑

初デートには絶対向かないやつね。

 


 



 


 

 

*** 皆さまのご感想、ご質問などお待ちしています ***

 

もし良かったら、ひとことでもいいので

ぜひこのメールに返信して頂けませんか?

皆さんからのメッセージが

私の【 SPICE!】です。

 

 

今日のメルマガをお読みいただき、

 

・ご感想

・今後知りたい内容

など、ぜひお気軽にお送りいただけると嬉しいです。

 

E-mail:xoxo163g@gmail.com

 

すべての方へのお返事はできませんが

必ず、目を通しています♡

※メルマガ内で、「匿名」で

ご紹介させていただく場合がございます。

 

 

********************************

 

━━━━━━━━━━━━━━━

 

*まつもとれみプロフィール*

 

━━━━━━━━━━━━━━━

 

1977年生まれ。 福岡県出身、川崎市在住。



会社員兼3児の母/「ワーママCafe」主宰/アゲママ部運営

業界最大手IT企業にて14年で

累計1500社を超える企業、行政のコンサルティングに従事、現職。

社内外にて500名以上のワーママに時間管理、目標達成コーチング、

キャリアプランニングセミナーを開催。

グループコンサル「ワーママCafe」にて

ファミリーシップ構築のコンサルティングサービスを提供中。

家族をエンパワーメントするママコミュニティ「アゲママ部」

2020年3月より運営(現在420名以上在籍)



【 +Spice! 人生にスパイスを! 】

仕事に、子育てに、自分の人生に、スパイスを!




 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

発行者: 

まつもと れみ

◆アドレス : xoxo163g@gmail.com



 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

----------------------------------------------------------------






このメールは、まつもとれみ開催の講座、運営のセミナーにお申込み、
またはメルマガ登録いただいた方に配信しております。
配信不要の方は下記のURLから配信解除をお願いいたします。
https://resast.jp/page/ss/
------------------------------------------------------------------








バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 






 










Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック