大和 千由紀

【起業の極意】好きだからメニューが広がる・お菓子教室

2020/7/27配信


皆様


 


今年は梅雨が長いですね。


お元気ですか? 大和千由紀です。


 


先日は「3通り以上の売り方で売り上げを上げよう」ワーク


 


ワーク中でもちょこっとご紹介したお菓子教室


白金でお菓子教室をしている壁谷玲子さん (les-fraises.com)


 


お菓子教室を始めた背景は、


お母様が創ってくれたお菓子の数々


「お菓子は愛が詰まっている」から始まりました。


 


お菓子作りを都内の教室で学んだあと、


本場パリでアパートを借りて学ぶ体験を繰り返します。


 


そのうちパリでお菓子の修行をしたいと伝手を頼って


英文の履歴書を創り、visaをとって短期間、パティシエとして雇ってもらう


という体験を繰り返しました。


 


本人曰く、


「私はフランス語ができないから英語でコミュニケーション・・」


パリは大規模なテロなどがあって、家族が「この時期は危ないからやめなさい」


と言っても聞きません。


 


 


マドレーヌが大好きで、マドレーヌ大使を取得し、


フランスのお菓子の由緒、土地の知識があります。


彼女と愛するお菓子の話をしだすと、もう止まらない(笑)


 


 


さらに、経験と実績から、


イギリス大使館のパティシエに半年間就任していました。



お菓子ビジネスのメニューはお教室で教えるだけに留まりません。


 


①お菓子教室。初級、上級クラス


②お菓子やテーマごとのお茶会開催。


③焼き菓子の販売、それもライブ配信して即日完売。


④パリの有名ホテルでのスイーツ・お茶会ツアーをHISに依頼して企画


⑤お誕生日など個人のオーダーケーキ


 


と、どんどんとメニューを広げています。


専門知識があるのでメニューが広げられるのです。


書くのは簡単ですが、これを仕組みにしてお金にするのはとっても大変です。


 


 


「お菓子が好き」というところから、


人に負けない専門知識を身に付け


自分がやりたいこと、経験したいこと、人に広めたいことをどんどんメニューにしていくことができます。


 


焼き菓子の歴史などの知識が半端ない玲子ちゃんの「技」にみんなが惹かれていきます。


 


教室ビジネスだけでは自立が難しい方がほとんどですが、


自分がやりたいことをどんどんと関連メニューに広げていく


軸を中心にメニューを広げていくと「売り上げ」が上がっていきます。


 


 


ワークではこのほかに


お料理教室から発展し、ビルまで買ってしまった主婦の実例など、


発展していった過程を


「どうしたら、どんな発想をしたら拡大していけるのか」


考えていただきました。


どんなビジネスも大きく発展形にしていける要素があります。


 


 


ワークでは身近な実例を取り上げています。


ぜひ、お気軽にご参加ください


 



 



イベント・セミナーのご案内




募集中!

 

【こんな方へ】何か事業をしたい、個人事業主、社会勉強したい

【参 加 費】 本購入いただいた方は初回無料

【時   間】 90分 

 

 


趣味をビジネスにするのに、必要な考え方や仕組みについて考えましょう




 

 


コロナ下で儲かっている業種、会社は?
商店の売り上げを6倍にした和菓子屋の女性など、ピンチから売上を伸ばした実例




 

8/26 20:00- ビジョンワーク 「個人事業は別メニューで売上UP」zoom
個人事業も別メニューを関連事業に足していくと売り上げを上げれますよー、

主婦だってビルを買うまでに! 実例から学びましょう。






 


最後までお読みいただきありがとうございました。


 


今年は梅雨が長いので夏は短そうです。毎日を大切にね。


 


 


ご予約はこちらから ▶


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 



Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック