西川隆光

【魂の学び舎】NEWノーマルな世界って何だろう?

2020/7/ 6配信


===================
日本で随一の実績を生み出し続けている
スピリチュアルカウンセラーへの道

スピリチュアルマスター養成講座
体験会&説明会&個別相談会

今だけ、特別価格で参加できます!
詳しくはこちらから↓
https://resast.jp/page/event_series/57557
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
隆光の限定【個人セッション】
全国ZOOMオンラインセッション
随時受付中!
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form/1626/
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


 


西川隆光です。


二極化の時代が進んでいますね。


 


それは、富める者と貧する者、


あるいは、安定志向と挑戦志向、


そして、コロナ渦の世界においては、


恐れる者と恐れない者など、、、


 


または、それと同時に起こってきている


環境問題を捉えるにしても、


二極化の時代だと感じています。


 


そして、決定的な二極化時代の象徴は、


恐ろしいことですが、、、


 


民主主義と社会主義の二極化です。


 


 


 


コロナ渦において、決定的となったこと、、、


 


それは、社会主義体制の国の方が、コロナ対策が進むことです。


 


中国などの見ればわかるように、


対策が素早いです。


 


それは、いちいち民意を問う必要がないからです。


 


しかし、日本のように、民意や周りの意見を聞く


という極端な民主主義の国ほど対策は遅れます。


 


それは、責任所在が明らかでないからです。


 


民主主義ということは、主権は民衆です。


 


しかし、社会主義においては、主権は、国です。


 


この違いが大きいです。


 


で、今日の結論ですが、、、


 


疫病、洪水、と来ましたので、


次は噴火です。


 


水から一変、火攻めです。


 


これが来そうです。


既に、西之島では噴火活動活発ですが、


日本一の山、、、


ここが危ない感じです。


 


そうすると、NEWノーマルな時代の生き方とは、、、


 


何があっても生きていける生き方なのかもしれないと感じざるを得ません。


 


ただ、それには限界があります。


 


逆に、何があっても動じない不動心の時代かもしれません。


 


不動の心で生きていく、チカラこそ次世代型なのかと思います。


 


例えば、日本が香港のようになったとしても、


生きていればいつかはチャンスがあると思って生きていける心とか、


 


天変地異でこの世の終わりの様相を呈してきても、


肉体生命のみがすべてではないと言い切れる心とか、


 


だから、不動心という言葉を再度注目して、


これから発信していこうと思います。


 


僕たち、魂は、この「不動心」を鍛えに、


この世に生まれている原点に立ち返る時なのかなと


思う今日この頃です。


 


そんなわけで、これからいろいろとありそうですが、


不動の心で励んでいきましょう!


 


では、また。


 


 



  

 


 


===================
日本で随一の実績を生み出し続けている
スピリチュアルカウンセラーへの道

スピリチュアルマスター養成講座
体験会&説明会&個別相談会

今だけ、特別価格で参加できます!
詳しくはこちらから↓
https://resast.jp/page/event_series/57557
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
隆光の限定【個人セッション】
全国ZOOMオンラインセッション
随時受付中!
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form/1626/
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


 



イベント・セミナーのご案内




本物のクリスタルボウル経験をしてみたい方

18_nza2mwjlzjizmgq2o





身体をほぐしてリラクゼーションをしながら自分と向かい合いたい方

24513_zdfmnzvlzjnkyjzio






 



 


 


 


商品一覧 ショップを見る ▶


 






 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 




所属協会











 


 


Copyright (c) 2010-2018 Ryuko Nishikawa All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック