狐嶋和美

⑭スタッフが辞めなくなる!「バイブルの作り方」

2020/7/ 5配信


皆様


スタッフが活き活きと働くお店を創りたい!!


創れます!!創りましょう!!


 


 


27596_いっちゃん


メールを開いていただきありがとうございます。


「理容業を通じて世の中を平和にする」!


神戸のメンズ専門理容室インフィニィトのマネージャー



狐嶋和美(こじまかずみ)こと「いっちゃん」です。


 


 


14回目のメルマガになりました。


 


 前回は


「カットモデルの集め方・進め方」


について書きました。


 


1 カットモデルは基本的に営業時間内に予約して来てもらう


2 その時間は先輩(オーナー)の予約は入れずに見ることに専念する


3 カットモデルのルールを決める


4 ホットペッパービューティーやミニモなどのネット集客を活用する


5 チラシを作って駅前ハントなども少しは体験させる


6 スタッフに丸投げせずに一緒にモデル集めを頑張る!


 


一番大切なのは「愛♡」


 


というような内容でした。


 


一週間経ちましたがいかがでしょうか?


何か一つでも二つでも実践していただけたでしょうか?


スタッフさんが一所懸命に練習していただけていたら嬉しいですsmile


 


有言実行!です


 


さて、今回は先週の予告通り


 


「バイブル作り」


 


「バイブル」というとなんだか大変なことをしないといけないのか?


とビビッてしまいそうですが、大丈夫です。


本来の意味は、キリスト教の「聖書」なのですが、


「お店のバイブル」は、なにかアクシデントや悩んだ時なんかに


読み返すことで判断を促したり


悩み事を解決するヒントになったりする「教科書」とか「参考書」みたいな存在だと思って下さい。


 


スタッフ育成をしていると


様々な問題が起こります。


 


「レッスンしていてもなかなかうまくならない」


「やけくそになったり物にあたったり、不機嫌さを態度に表してしまったりする」


「お客様に飲みに誘われたけどどうすればいいのだろう・・・?」


 


インフィニィトでは、入社したらすぐに「入社オリエンテーション」をします。


その時にそのバイブルを必ず一緒に勉強します。


バイブルの名前は


「インフィニィトの考え方」


第1章 技術に対する考え方 


第2章 顧客に対する考え方 


第3章 スタッフ間の考え方 


第4章 言葉に対する考え方 


第5章 物に対する考え方 


第6章 人生に対する考え方


 


の6章から成っています。 


なんだか物々しく感じるかもしれませんが、書いていることはいたってわかりやすい言葉です。


難しい言葉を書いてもスタッフは解かってくれませんので。


 


きょうは特別に少しだけ紹介しますね(^^)/


 


「第1章  技術に対する考え方」 から抜粋


ゲストをカッコ良くする為の技術の主導権はインフィニィトのスタッフにある。


スタイリストは勿論、アシスタントでもプロとしての技術力や知識、経験からの提案をする。


「どうしますか?」ではなく「こうだから、こうしますね。」


 


「第2章 顧客に対する考え方」から抜粋 


お客さんが店に来てくれるのは「外への発信」をしているから。


来続けてくれるのは「中での信頼」。


外で発信していることと実際来店してみたことが合っていたら再来につながる。


 


「第3章 スタッフ間の考え方」から抜粋 


相手にムカついた時は鏡と思え。必ず自分が映っている。


 


「第4章 言葉に対する考え方」から抜粋


「すいません」では済みません。ボキャブラリーを増やしましょう。


 


「第5章 物に対する考え方」から抜粋


物がある、ということはそれに関わる人がいるということだ。


 


 


「第6章 人生に対する考え方」から抜粋


「真心を込めてすることは誰も見ていなくても自分の支えになる」


 


みたいな感じでわかりやすい言葉で書いていて


1章から6章を全部合わせて57の文章です。


もしかしたらこれから増えていくかもしれませんが、そんなに増やさないようにします。


だって、そんなに覚えられませんもん(笑)


 


そう、バイブルは覚えてもらうんです。


 


今、これを読んで下さっている


アナタのお店のバイブルを作ってスタッフに覚えてもらうんです。


 


 


えっ?そんなの難しい??


 


大丈夫です!きっと出来ます!!


もし、どうしても文章が思いつかない時は!!


 


 


「インフィニィトの考え方の丸パクリ」で行きましょう(笑)


 


 ちょっと自分の考え方と違うな~・・・と思ったら、


そこだけ変えたらOKデス。


 


バイブルを作るのと作らないのでは雲泥の差が出ます!


・・・なにが違うって?それは・・・・・


 


 


 


 


「離職率」です!


理美容師の離職率は入社1年間で50%、2年間で70% と言われています。


そんな中インフィニィトはこの7年間、専門学校理容科卒業生を毎年採用し


累計14名採用中離職者は4人で離職率は28.5%です。


 


この「インフィニィトの考え方」というバイブルを作る前は


ちょこちょこ離職する子がいました。


2016年4月くらいにこのバイブルを作り、浸透していったことで


離職者が少なくなり、2017年6月を最後に離職者は出ていません。


本当に作って良かったな~と思います。


 


作ろうと思ったきっかけは、


ワタクシが所属する理美容経営者の会で、100人以上のスタッフがいる美容室の社長が


「『○○(会社名)の考え方』という文章を作っていて、何か問題が起こった時に


その中の文を引用して問題に向き合わせる。幹部も自然に部下に、その文章の中の言葉を使ってる」


と話しておられるのを聴いて


単純に「カッコええなぁ~!真似しよう!」みたいなノリでした(笑)


 


それを言い続けていると、だんだんと同じような考え方のスタッフが集まってくるようになり


結果的に離職がとまります。


そして、お客様もその考え方に共感して下さる人が集まるようになり


スタッフも気持ちよく働ける環境になっていきます。


 


 


なんと素晴らしいことか!!


絶対作ってください!!


 


あ、丸パクリでも本当にいいですよ(^^)/


欲しい方は遠慮なく下記のお問い合わせフォームからコメントを送ってください。


エクセルファイルで「無料で」差し上げます。


もしくは、Facebookの「狐嶋和美」に直接メッセージして


「バイブルください」と送ってきてください.


 


 


 


 


無料は怪しい?(笑)


ワタクシは、マジで日本中の理美容室や店舗で働いている人たちが


活き活きと働けるようになって欲しいのです。


 


それに、丸パクリされてもインフィニィトには全くダメージは無いので


問題なし!!です(^^)/


 


 


本日の内容をまとめますね。


 


「バイブル作り」


 


1 スタッフ育成や営業でのリアルな問題に対応するためには


  「教科書=バイブル」を「覚えてもらうこと」が必要


2 「バイブル」があると離職が減る


3 バイブル作りは誰かの丸パクリ、からの微調整でOK!


4 「インフィニィトの考え方」のエクセルファイルは無料でゲットできる!


 


最後に一言


 一番大切なのは「愛♡」


 


 


アナタにもきっと奇跡は起きます!


 

起こしましょう~(^^)/

 


このメルマガでは


ワタクシが実際に行なったスタッフ求人、採用、育成、定着のための


ノウハウを


小出しに小出しにお伝えさせて頂こうと思っております(^_-)-☆


 


次回は、


「バイブルの染み込ませかた」


について書きま~す。


では、きょうはこの辺で・・・。


 


 


 


 メルマガ第14回


家族経営から脱却 ~店舗スタッフの 求人・採用・育成・定着!


 


最後までお読みいただきありがとうございます(^^)/


今後ももっと実践ノウハウをご紹介したいと思いますが


今、一番知りたいことは何ですか?


コメントを頂けたら嬉しいです。


 


そして、このメルマガを読んで


少しでも実践していただき、


日本中の店舗オーナー、リーダーのお役に立てたら嬉しいです!



次回もお楽しみに。


 



こじまかずみ、こと いっちゃん


 


 



  

 


 



 



「インフィニィトの考え方」のご請求はコチラ↓




 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック