藤原 恵津子

変化のプロセス1(わたくしごとです)

2020/6/25配信


7402_昼景1


皆様 こんにちは
可能性開花トレーナー藤原 恵津子です。


6865_藤原恵津子写真


さて、前々回、私自身が変化するということにチャレンジし始めたことをお伝えしました


これを具体的にサポートしてくれているのが、アダムさんところで共に学んでいる やっちゃん.


 


彼女は「男性は永遠の6歳児」といって、その男性を教育するのは女性の役目だと、それを仕事にしています。


私の場合は、男性の教育というのとは違って、「ハッチャケる」ということをテーマにサポートしてくれています。


 


具体的にどうハッチャケるのかというと、世間でいうマイナスの女性性をもっと発揮するということ。


つまり、わがまま 気まぐれ 周りを振り回す やりたかったらやる、飽きたらやめる といったようなところをもっと強化する方向だそう。


「針が降りきれるほどに、男性性を発揮してきたので、その対極を経験することで、さらに人生が開かれる。」


ということらしいです。


 


下へ続く↓




イベント・セミナーのご案内





たった1回で叶いました!が続出
ワクワクビジョン実現セミナー


大阪  明石
 


可能性開花コース (ベーシック)11月開催予定



楽に楽しく自分らしく生きることですべてがうまくいく人生を!


 

可能性開花コース(アドバンス)11月開催予定
宇宙の法則を知りアセンションを実感する人生を


 



 

 


前世はどんな人生を歩んだのでしょう?


 

 



 


心の相談実施中(無料)
 どうぞお気軽にお、お申込みくださいね


 

 



 






上からの続き↓



 


これは、一緒にアダムさんところで学んでいるはっこちゃんのチャネリングによる、私のガイドからのメッセージなのです。


 


「あー、やっぱり、私の一番苦手(自分に許可を出すのが難しい)ところだー」と実感。


と同時に「これって本質の私に近いな」とも。


その瞬間、やっちゃんにサポートしてもらおうとひらめいたのです。


ということで、やっちゃんとはっこちゃんと一緒に服を買いに行って、いろいろ見繕ってもらいました。


 


私は、子供を育てていたころ、女性を捨てようと決心したことがあります


自分の見た目が、男性に受けるのを知っていたので、そのままだと男の子を育てるのに支障が出ると思ってしまったことがあったのですよね。


仕事をしているときも、男性に興味を持たれることは、私にとってマイナスでしかなかったのです。


でも、本当の私は、女性としての自分も知っていて、まるで別人格になることもありました。



つまり、めちゃめちゃ男性的なさばさばした自分(表の顔)、ものすごくセクシーな自分(裏の顔)、統合していないのはわかっていて、それをよしとしていたところがありました。



だから、普段は機能重視な活動的な服を選びながら、反面、いつ着るの?というようなセクシーな服も持っていて…


別人格になることをどこかで楽しんでいたのです。


ちなみに裏の顔は、ごくごく一部の人しか知りません。



そういう裏の顔もももっと開放していこうと、二人にお洋服を選んでもらいながら思いました。


選んでくれた服は、私が選ばないようなものばかり。デザインはセクシーですが、裏の顔の私から言うととても色合いが地味。


彼女たちは、二面性を持っている私も知っていて、どちらの私も選ばない服を選んでくれたのだと思います。


それは、ちょうど表と裏の両方の私が表現できるお洋服といえるかも。


着るのに抵抗はありましたが、新しい世界に行くためには、これまでのパターンをやめる必要があります。チャレンジあるのみ。



次の日、ツインレイの彼に見てもらったら、「そういう服、すき!」ってとても喜んでくれたのがうれしかったですね


同時に、買ってきたお洋服を彼に子供のように見せたことないなぁということにも気が付きました。


男性性の強い私には、ばかばかしいことだったので。


これからもまだまだ、知らない自分に出会えそうです。


 


楽しいお茶会


お気軽にお申し込みくださいね


 





心の相談(無料)
 どうぞお気軽にお、お申込みくださいね




 









コーチフィオーレは皆様の可能性開花をサポートします!








 









 




メルマガのご感想&ご質問



お申込み&お問合せ


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。

















  



 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック