ルート由夏

英語を話すときに、盲点なココ。

2020/6/ 1配信


皆様


 


 


Good evening!


ルート由夏です^^


 


 


Happy June 1st!


And How have you been?


(前回から、今日までどうしてた?)


 


 


私は、今日外に出たのですが


すんごく解放された感じがしました。


息が吸える〜!!


って感じで。


 


 


緊急事態宣言中も


お家ライフは楽しんでましたけど


それと、これとは話が別なんだなぁって


改めて感じました。


 


 


 


皆様は、今日はどうでしたか?


 


 


 


英語って、こんな風に


漠然と


How are you doing?とか


How do you feel?とか


今の気分を聞かれることが本当に多い。


 


 


昔の私は、この質問が


ホント苦痛でしたの。


ほほほ。


 


 


だってね。


何言っていいか


わかんないじゃないですか!!!


 


 


と、思っていたのです。


 


 


つまり、


何かしら、相手の求める正解の答えがあって


そこに合うように応えなくちゃ。


って、思ってたんですよね。


 


 


でも、ホントは


求めている「正解の答え」はなくて


今感じているそのままを言えばよかった。


 


 


でも


必ず正解があるものっていう


学生時代の経験が邪魔してたし


 


 


その上、私は


「何を感じているのか?」を


自分で捕まえるのが苦手でした。


 


 


だから、


何をどう言えばいいのか。


どこから始めればいいのか。


どうやって自分の気持ちを捕まえればいいのか。


 


 


そういうことの


経験値がないから、


ホントーに困りました。


 


 


ただ、私がラッキーだったのは


英語で学んだものが


「カラダ」だったこと。


 


 


カラダの世界は


正解がない、ときにホント


説明のできない不思議なことが起こる世界。


 


 


そういうソマティックな世界に飛び込んだので


どんな自分の気持ちでも


 


 


つまり


「何を言ったらいいかわからない」


「どう感じているのか、今は見つけられない」


「今は、話す気分じゃない」


 


 


こういう気持ちを


受け止めてもらえる先生や


クラスメイトに恵まれたので


 


 


少しずつ、経験値を


上げることができました。


 


 


 


英語って


英語力があれば話せる。


と思っていたけれど


 


 


そして、旅行とかだと


簡単英会話や翻訳機で


事足りるわけですが


 


 


リアルに学びたいことがある人


海外で生きていかなくちゃならん人


ワーホリなどに行くなら


盲点として


 


 


英語を使って


「なにを話したいか」という


 


 


言葉になる前のエネルギーを


自分が、自分で捕まえて言語化する力が低いと


英語力があっても、どーにもならない。。


ということです。


 


 


で、


この自分の気持ちの言語化って


あることに気をつけて日々を過ごすと


 


 


あーーーーっというまに


できるようになるのです♡


 


 


そのあること、とは?


 


 


 


「五感を意識的にONにすること」


 


 


気持ち・感情って


五感で受け取った情報をもとに


脳が名前をつけたものなので


 


 


その大元の部分を


意識的に感じると


 


 


インプットが強いので


アウトプットのためのエネルギーも


強く出る。


 


 


だから


言葉にして、感じていることを


掴み取りたいなら、


 


 


その大元の五感を


よーく感じる。


 


 


これ、


英語をやる上で


ホントはかなーり大切なこと。


 


 


ただ、


どうしても英語力にばかり


目がいってしまう。


 


 


けれども


ある一定のところまでは


話せるけど、その先うまくいかない。。


 


 


そう悩んでいる人は


間違いなく、この五感、カラダの部分が


助けになるので


ぜひ、トライしてみてください♡


 


では、また♡


See you!


 


 


PS:カラダの部分のやり方を知りたいー!という方は


6/10 Zoom 未来は向こうからやってくる♡もっと受け取る人のためのカラダケア


オススメです♡


おもしろそー!と感じた方は


ぜひご参加くださいね^^


 


 


お待ちしております♡


 



 



イベント・セミナーのご案内





ーーーーーーーーーーーー

ゆるんでルルルンと日々を過ごしたい人。未来が向こうからやってくるを体感したい人。感じるの精度を上げたい人。

20719_owu1zduzmzyynjrmz






 


 


【英語を教えない英語コミュニケーションの先生、日英通訳、ボディワーカー】

アメリカンダーリン、キーナンと国際結婚5年目。
夫と娘と3人暮らし。
札幌在住、ときどき世界のどこか。


【経歴】
某スポーツクラブのコーチとしてキャリアをスタート。
インストラクター歴24年【教える】スペシャリスト。
これまでの生徒さん、養成したインストラクターの数は、のべ10万人を超える。


10年前自身の怪我をきっかけに、SIというボディワークに出会い、資格取得のために渡米。


しかし、英語力は0。


当時を知る旦那さんキーナンからは
「君の英語は本当にヤバかった」とお墨付き(?)をもらうほど。



英語の壁が高すぎて、毎日泣いていたが、えいごを話すための
ある秘密に気づいたことをきっかけに


「えいごの勉強」はせず
3か月後には、
詰まりながらも自分の意思を自信を持って伝えられるようになり

6か月後には、
ネイティブのモデルさんに指示を出せるようになり
独立起業し

3年後には、
えいごで考えて、えいごを話せるようになり、


現在は、自身の経験と
キーナンの専門である脳科学、心理学を融合させた
「英語を教えない英会話スクールSECC」を主催。


英語×英語文化×コミュニケーションを軸に
オリジナルな英会話力アップメソッドを確立し
夫婦&クライアントさんの3人4脚で、
英会話を教えている。


えいごを教えていないにも関わらず生徒さんの90%から

「効果から考えると、このコース安すぎる!」
「えいごが使えるようになった!」
「人生が変わった!」
「世界が広がった!」

と好評をいただいている。




■ずっとこんな生き方がしたかった!
英語は教えない英会話ライフスクールSECCが大切にしていること。

本気で好きなことやるってすごく楽しい!

"Think outside the box!"をコンセプトに
自由に、自信に満ちて、輝いた、美しい
「あなたらしい」人生を送る手伝いを
英語プログラムを通して提供しています。




 


 


 


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック