山本カレン

優等生への3つの対処法

2020/5/28配信



 


 


皆様、こんばんは♪


山本カレンです。


 


カレン流子育て論
【優等生への3つの対処法】


 



今日は長男の話です。
うちの長男は周りの人から
優しい、真面目って言われます。


 


いわゆる、
『ザ・長男』くんなのです。


 



中学2年の現在は、ひとつ乗り越えた
優しさや真面目さだからいいんですが、


 


彼が小学校3年生ぐらいの時は
その優等生っぷりに心配してました。


 


 



真面目なことを心配していたんです。


 


 


なぜかというと、
自分の意思ではなくって
「きっとこうしたらみんなが喜ぶかな」
っていうことで
行動しているように見えたから。


 



そこが後々、成長していくうえで
息苦しくなるんじゃないかって
心配だったんです。


 


 



そこで、
心配した私がとった行動が3つ!


 


行動その①


昔悪かったけど、
今、超絶かっこいい大人に会わせて
その方たちに長男を託してみた。


(この後日談がまた面白い!笑
どうやったら悪いことできますか?
って真面目に聞いてたらしいww)


 


 


行動その②


どんな時でも、
あなたがどんな状態でも
私たちは親は絶対変わらないよ
と、言葉にして伝えた


(これは常々言ってきたけれど
いつも以上に伝えてました)


 



行動その③


失敗した時こそ、その行動を褒めた。



これも結構意識しました。
失敗するのが悪いとか、
失敗したからぼくはダメって
思ってほしくなかったから。



失敗した時こそ、よく頑張った。
今回は失敗だったけど、
これは経験になった!


っていうことを言っていました。


 


 



いろんなことがあって、
落ち込んだり、
すごく苦しい時もあったけれど



それを乗り越えて、今は
彼のオリジナルの優しさ、
彼のオリジナルのまじめさになって、



以前のように人に合わせた優しさ
人からの評価を気にした真面目さ
ではないので安心しています。


 


 


まだまだ中2!
反抗期もチラホラ顔を出してますが
それも、今しかない子育ての醍醐味かな(^_-)-☆


 


 


 




【フルサポート型オンラインセミナーの作り方】


初心者の方、SNSが苦手な方でも
オンラインセミナーが開催できるようになる
フルサポート型♡



詳細はこちら♡
https://resast.jp/page/event_series/56623



 


 


 


 



  

 


 



 


 



 


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


Copyright(c)karenyamamoto,inc.
Powered by リザーブストック