村田弘子

ちょっとした事の差で、結婚が決まる人になる 花嫁プレスクール

2020/5/27配信



皆様


村田弘子です。



 


 


あなたの周りには、


こんな人はいませんか?


いつ会っても同じことを悩んでいる人・・


 


そういう人の話を聞いていると、


なんだか、あれ?って思いますよね。


 


この人本当に、悩みを解決したいのかな?


それとも、悩む自分を楽しんでいるのかな?


うまくいかないことが好きなんじゃないだろうか?


 


婚活だったら、


そんな損な役回りを絶対続けちゃダメです。


人生が婚活で終わってしまうから。


婚活は即、きょうはじめて、デキるだけ早く終えるもの!です。


 


 


きょうは、ちょっとのことで、


結婚決まる人になれる、なれない


この差をお伝えします。


 


この文章を読んでくださった方はもちろん、


決まる人になっていてください♪



では、始めます。


 


 


1.結婚すぐ決まる人は、何事も相手目線である


結婚をすぐ決める人は、何よりも相手と自分の時間を大事にする人です。


なので、相手が悩むようなことを言ったり、面倒くさいことになるような


ことを避ける行動をしています。


 


✅ 次に行きたい場所があるなら、積極的に、ここに行きたいなと言える


とか


✅ メルアドが、非常にややこしい変わったものではない


とか


✅ 連絡伝達、返信もまあ、早い、とか。


✅ 30代とかで、まだそれほどデートにお金をかけられない世代であれば、わざとリーズナブルンデートを提案する


✅ ワリカンにしてほしそうな態度をとったら、だったらこの間ごちそうになったから、今日は私ねと言える


とか。


 


 


時間を無駄にしないというのは、すぐ断るということではないのです。


どういうことは、自分が嫌なのかを


相手を悩ませないでわかりやすく、伝えるという工夫ですね。


 


2.証拠不十分なお見合いにNGを出さない


面白いもので、プロフィール上は△のお見合いのほうが、あとで、良かったとなる方が多いです。


凄くいいかと思って自分が申し込むと、✖なことも多い。つまり、本当のことなんて、2,3度会わないと無理なのでしょう。


もちろん1回で、大嫌いと思えたら、断るが勝ちです。


悩むのであれば、そんな時間を自分磨きにしたほうがましなので、そこでわざわざ考えて、断る理由を作ることは、無駄です。


 


3.人の基準は2つ。真逆を求め、大恋愛するか、楽な似た者同士。


お申込みを見ていると、なんとなくお顔の印象が似ている人に申し込む人と、真逆を求める人がいます。


真逆は、自分にないものを求めるわけなので、恋愛になりやすいですが、そう簡単に、価値観が合うとはなりません。合わせる努力が必要です。


 


自分と似ている顔に申し込む癖のある方は、安定志向で、冒険を嫌います。ということは、穏やかで友情のような静かな関係がふさわしく、恋愛で結婚しよう、とは思わないほうがいいかもしれません。そこの認識が甘いと、結婚はなかなか決まらないで苦しんでしまうのです。


 


自分の時間も相手の時間も大事にして、とにかく少しでも早く、結婚を決める、気持ちが大事なのかなと思っています。


 


のんびりずっと真剣ということは、人間なかなかできないですからね。


6月は令和2年の婚活真剣スタートですね。


 


相談室のお問合せはこのメールに返信でも、お時間をご予約できます。


平日夜のオンラインも受け付けます。


 


 


 


 


 



  

 


 


 


 


 
















 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 



Copyright (c) 2010-2018 shiawasesodan. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック