蛇場美 香

前庭疾患にお灸のわけ

2020/5/28配信



皆様


東洋思想を通して、世界を感謝と愛でいっぱいにする活動中。


ぺット鍼灸セラピー協会です。


いつもメルマガをお読み頂き、心から感謝いたします。




(社)ぺット鍼灸セラピー協会 代表理事 蛇場美 香です。


 


とうとう緊急事態宣言が、解除となりましたね。



withコロナと言われ出し、


いろいろと生活も変わるんでしょうが、


それも進化のうちですね。


 


 


さて。


今回の本題。


 


先日のお散歩の時、


近所のシニアのラブラドールちゃんに会いました。


 


人懐こいので、いつもこちらに寄って来てくれるのですが、


首を傾げて近寄って来たので、


 


あー、前庭疾患なんですね・・・



と言うと、飼い主さんが、



わかる?これでもだいぶステロイドで落ち着いたの


と。


 


後ろ肢にも、ふらつきが見られるので、


辛いだろうなーと思いました。


(だから、お散歩しなくてもいいんだけどね)


 


 


犬の前庭疾患

平衡感覚をつかさどる前庭と呼ばれる領域が、何らかの原因により侵され、神経症状が現れた状態。

シニアのワンちゃんに起こることがあり、 眼球が小刻みに揺れたり、その場でぐるぐる回り転倒したり、吐き氣が出たりするなどの症状が現れる。






前庭疾患の主な症状。


ペットたちは、「めまいがするー」とは言わないけど、


そんな症状のように感じます。


 


東洋医学では。。。


 


「めまい」に関する臓腑は、肝、脾、腎。


氣血津液では、特に津液の代謝の悪さがめまいに関係しています。


 


 



「めまいは肝に属す」といわれるほど、


めまいと最も関係が深いのは肝。


 


簡単に言うと、


肝→自律神経の異常→めまいが起こる


です。


 


腎は、耳と生命力。


加齢により、生命力が落ち、


内耳の機能が落ちた時、めまいが起こると考えます。


 


脾は、消化と関係しているので、


加齢や自律神経の異常による消化力の低下で、


水分代謝が落ちると、胃の中に水が溜まったり、むくみになったりします。


 


脳脊髄液の量が増える、内耳がむくむなどが起きると、


めまいが起きると考えているのです。


 


 


 


このような時、カラダを整えるなら、


温める。


氣の流れを良くして、水分代謝が上がるように導いていきます。


 


なので、前庭疾患=お灸なわけです。


 


 


 


アレックスも1回経験しました。


その時は、お灸(むくみ解消)と頭のローラー鍼(自律神経調整)で、乗り切りました〜。


シニアなので、いつ起きてもおかしくない状態でしたから、


お灸とローラー鍼は、常に稼働できるようにしていました。


 


これからの時期、湿の氣がどんどん増えていきます。


カラダの外側は、水分だらけ。


氣温の変化も激しいし、新しい生活様式もありますから、


ストレスによる自律神経の不調には、要注意ですね。


 


特にシニアのペットと暮らす場合、


前庭疾患対策もできると良いですね。


 


おうちでできる、お灸やローラー鍼、オススメです。


 


 


シニアのぺットのための前庭疾患対策


 


いつでもお好きな時間にオンラインスクール 

🐾東洋医学的ドッグヒーリング🐾



健康や東洋医学的な概念、家庭でできる鍼とお灸を取り入れた基礎的な施術を
毎月1つの施術それに関連する座学を、動画を見る、テキストを読むなどの方法で、3ヶ月間で学びます。

スマホ、タブレット、PCとwi-fi環境があれば、どこからでも。

教材付き(毎月配送)、途中退会可能、お試しコンテンツをご用意しています。

詳細はこちら・・・▽
https://pet89.jp/doghn/


 


zoomで学ぶ 

🐾ローラー鍼レッスン@おうち(個別レッスン)🐾



約1時間のセッションで、ローラー鍼の施術を学びます。

詳細はこちら・・・▽
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_month/2390?course=65682


 


最後までお読みいただきありがとうございます。


まだまだ氣を緩めず、新しい生活様式、楽しみましょう。









この記事にいいねする

この記事をシェアする


 


 


お問い合わせフォーム



 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 



© Association of Pet Acupuncture & Moxibustion Therapy. All rights reserved.
Powered by リザーブストック