鈴木 由美

底突き体験をしなくても大丈夫。

2020/5/22配信


皆様


おはようございます。


「実」を生きて輝く


フレッシュ・キラリ


鈴木由美です。


 


 


確かにどん底を見た人が強いのも事実


底から立ち上がれる方法もある。


では、全ての人がどん底体験しなくてはいけないか?


落ちることを怖がってはいけないか?


そんなことはない。


 


 


アルコール依存症の治療法に


底突き体験をしないと自立しない。


自分で気づいて立ち上がるまで待つ


というのがあったけど


(今もあるけど)


その他のアプローチも出てきている。


 


 


底に突く前に


気づけばいいだけのこと


 


本当の自分とずれていると


不調和が現れてくる。


そのズレに早めに気づいて修正が出来ればいい


 


だけどね。


自分が好きなことをやって


周りの評価も得た。


というものがそもそもの原因だとしたら


これを手放すのは容易じゃない。


 


それすらも執着なく


スパッと手放して今を生きる。


 


言うは易しい。


 


 


自分で気づくしかない。


という状況の中で


さて、周りはどうサポートする?


 


馬を水飲み場まで連れていくことはできる。


だけど、水を飲ませることは出来ない。


 


 


どうしたら


出来るかな?


 


ピントはいっぱいある。


 


アイシン波動もその一つ。


自分を整えて、相手にどう接するとお互いが元気になるのか?


ご興味のある方は、本日中のお申し込みを(^_-)-☆


もう、明日なのです。


 


 


ではまた


ごきげんよう


 


由美


 


 



  

 


 


☆自分を生きている人は元気です。
自分を生きるヒントは日常にいっぱい。

→支援者教育コーチング 
 GWに始めよう。
 無料オリエンテーション受付中
 



 



イベント・セミナーのご案内




元気にしたい相手がいる方。人に触れる仕事をしている方。呼吸法や波動を学びたい方。

6798_m2i1otqxmdi5zjk0z






 



 


 



 


ご予約はこちらから ▶


 




 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 



Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック