浜田義之

【077】魂を目覚めさせる言葉

2020/5/19配信


こんばんは、魂の使命を生きながら、人生そのものを楽しむ、
スピリットナビゲーターのマスターこと浜田義之です。



まずはお知らせです。


 


オンライン対談「わたしとは誰か」は、
23日の部、25日午前の部ともに満席により受付を終了しました。


25日夜の部は受付しています。


詳細とお申し込みは、
巻末のイベント・セミナーのご案内をご覧ください。


 


それでは今夜のお話に入りましょう。


 


今夜は特別なメルマガをお送りします。


 


バーを舞台に本当の自分へと悟り・目覚め、
魂の目的を生きながら、幸せな人生を生きる人たちの
知恵をお伝えするお話です。


 


古くからのファンの方々なら思わず
「懐かしい!」と声に出したくなるあの、バーが舞台のお話です。


 


どうぞ心ゆくまで楽しんでください。


────────────────────────



ここは京都の酒場街。


 


昼間は古都の静けさが漂うこの街に、
夜のとばりが静かに下りてくる頃、
ひとつ、またひとつと美しいネオンが灯りはじめます。


 


ゆるやかに流れる高瀬川を眺めながら、
目の前の角を曲がると、
路地裏にほんのりと灯るネオンがひとつ。


 


ここがわたしたちの隠れ家、バー・マスターズクラブ。


 


この店のカウンターには、本当の自分らしさに目覚め、
魂の目的を、幸せに豊かに生きる人たちがやってきます。


 


そんな彼らも、アルコールで少し舌が軽くなっちゃう。


 


彼らの幸せな人生の叡智を、あなたも聴いてみませんか?


 


ようこそバー・マスターズクラブへ。


 


さぁ、あなたもお隣の席にどうぞ。


 


 


【魂を目覚めさせる言葉】


 


R子 マスター、こんばんは。


 


 


M  レイコさん、いらっしゃいませ。
  お久しぶりですね。
  お元気でしたか?


 



R子 ほんとう、何年ぶりかしら。
  わたし、しばらく海外を廻っていたの。
  インドの聖者の地を廻ったり、
  ペルーでシャーマンの儀式に出たりしてたのよ。


 



M  すごい心境の変化ですね。
  以前お越しだった頃ではちょっと想像がつかない変化ですね。


 



R子 自分でもそう思う(笑)。
   だけどそれは、マスターからジャングルのシャーマンの話や
   悟りを求めて禅をはじめとした修行の話を聞いてたからだよ。
  マスターの影響ってワケ。


 



M  なんとそれは驚きです。
  で、お飲み物はなんになさいます?


 



R子 そうね、まずはギネスをワンパインで頂こうかな。


 



M   かしこまりました。


 



R子 ところでマスター、よく「繋がる」って話を
  この店に来られる人たちが話しているじゃない?



   


M  あ、ハイ。


 


 


R子 繋がって生きている人の言葉や、
  やることって、ときに奇跡みたいな気づきや変化を、
  他の人にももたらすっていうでしょう?
  それってどんなものなのかな?


 



M  繋がるって、天と繋がるとか、
    源と繋がると言われるやつですね。


 


R子 そうそう。


 


M  レイコさんは「ドクタースリープ」という映画は
  ご覧になられましたか?


 



R子 ドクタースリープ?って、
  あのスタンリー・キューブリックの
  「シャイニング」の続編の怖い映画のこと?


 



M そうそう.


 


 


R子 観たよ観たよ。
  あれ、とても不思議な映画ですよね。
  怖い映画のはずなのに、なぜかとても癒されちゃうし、
  気づきもいっぱい受け取れる映画よね。


 



M  そうなんですよ。
  わたしも公開時には3回映画館に通っちゃいました。


 


 



R子 そんなに気に入ったの?


 


 


M  わたしは昔から、気に入った映画があると、
  何度も通っちゃうんですよね。
  で、そういう映画って必ず深い気づきを受け取らせてくれて、
  人生を変える転機になってくれる。


 


 


R子 そこはマスターの映画の楽しみ方の真骨頂よね。


 


 


M  でね、ドクタースリープの中で、
  素晴らしい癒しのシーンがありますよね。


 


 


R子 あ、もしかしてホスピスで老人が亡くなるのを、
  主人公のダニーが看取る場面のことね。
  あれは本当に感動の場面ですよね。


 



M  あのシーンがすごいのは、ダニーが繋がって、
  魂から魂に語り掛けるところなんです。


 



R子 魂から魂に語り掛ける?


 


 


M  そう。
  あのシーンで、老人は自分の死を予感してとても怖がりますよね。  
  


 



R子 うん。「怖くてたまらない」って言うのよね。



 



M  ええ。
   で、ダニーは「恐れることはありませんよ」
   「眠るのと同じです」と言いますよね。


 



R子 うん。だけど老人は怖がり続けるのよね。


 



M  そうなんですよね。
  「こわくてたまらない」「痛いかもしれない」
  「なにもなくなってしまうかもしれない」と恐れ続けます。


 



R子 うんうん。
  あの気持ちわかる気がする。
  自分も同じ立場だったらすごく怖いんじゃないかって。


 



M  そこでダニーは静かに目を閉じて、
  心の声で老人に語り掛けます。
  「こわくありません」「眠るのと同じです」と。



 


R子 その言葉に老人はハッとした顔をしますよね!
  ものすごく印象的なシーンだったわ。


 



M  で、ダニーは続けます。
  「ついに本当の安らかな眠りが訪れるのです」


 



R子 その言葉に触れた瞬間、
  老人はこのうえない安堵の表情を浮かべますよね。
  そして「ありがとう」「本当にありがとう」って言う。
  あのシーン、わたし自身も本当にジーンとして癒されちゃったよ。
  今思い出してもジワッと涙が出そうになっちゃう。


 



M  あのシーンで描かれているのが、
  繋がって魂から魂に響く言葉なんです。
  


 



R子 なるほど!


 


 


M  ダニーははじめ、老人を落ち着かせよう、
  なだめようとして「大丈夫ですよ」と言いますよね。
  だけどその言葉は老人の心には届かない。
  なぜならその言葉は、老人とダニーが分離しているからです。


 



R子 分離している?


 


 


M そう、ダニーはとにかく老人を落ち着かせよう、
  状況を変えようとするんですね。
  ダニーはただ老人に【わからせよう】という意図で話していたんです。


  だけどそれでは老人の恐怖はぬぐえないということをダニーは悟ります。


  そこでダニーは自分自身と繋がって、  
  老人の心、老人自身の気持ちになって、気持ちに寄り添うでんすね。


 


 


R子 老人は他者でありながら他者ではなくなるのね。
  


 


M  ええ、ダニーははじめ、老人の傍にいながら、
   老人とは一緒にいなかった。


   身体はその場にいても、老人とは一緒にいなかったんです。


   そのことを悟ったダニーはは老人の心を理解し、
   老人の心と寄り添い、
   自分のこととしてその気持ちを感じて理解するんですね。


  そうしてダニーは自分自身と繋がり、自己の本質と繋がり、
   魂から老人の魂に語り掛けるんですね。


 


 


R子 なるほど。
  そして老人の心と魂は目覚めるという形で、癒されるのね。
  なんとなく観ていたら気づかないけど、
  ものすごく奥深い知恵のシーンだったんですね。


 


 


M  ほら、どんなに自分では繋がっていると思っても、
  頭で考えて喋っているときって、
  説明しても響いてこない、響かない時ってあるでしょ?
  なぜ響かないかと言うと、
  マインドが「考え」を話していて、
  心と魂と繋がっていないからなんですよね。


 


 


R子 ああ、あるある。
  どんなに一生懸命に話しても、
      なぜか響かないし、伝わらないのよね。
  それは繋がっていないからだったんだ。


 


 


M  そうなんですよ。
  だけど自分自身と、自己の本質と繋がっているとき、
   自分自身が感動している。


   自分自身が感動し、自分自身が癒されている。
   その魂の振動が、人を感動させ、
   癒し、魂を目覚めさせるんです。


 



R子 そうか!よく目覚めた人は、
  人を目覚めさせる力があると言われるのはそのことなのね。


 



M  そう、そしてそれをやっているのは自分という個人ではない。  
   個人を超えたもっともっと大きなもの、
   禅の世界で仏性(ぶっしょう)と呼ばれるもの、
わたしたちの本当の本性がやってくれることなんですね。


 



R子 自分という個人がやっているわけではない。
  自我が手柄にするようなことではないのね。


 


 


M  そうなんですよね。
  だから本当にそのことがわかってきたら、
  繋がっていることのありがたさ、凄さがわかってくるし、
  どんどん謙虚になっていきますよね。


 



R子 そうかぁ、
  そういうことが、頭でわかったつもりじゃなくて、
  実感を伴ってわかってくると、本当にすごいことだな、
  本当にありがたいなって思えてきますよね。


 



M  そうなんですよね。


 



R子 面白いな。
  以前のわたしはマスターからそんな話を聞いても、
  今ほどは腑に落ちなかったなって、今になってわかるわ。


 



M それはレイコさんが実体験を積んできたからだと思いますよ。


 


 


R子 そうだね。
  そうなんだよね!


 


M きっとそうだと思いますよ。


 


 


R子 そうか!


 


 


M  どうされました!?


 


 


R子 昔からマスターの言葉に触れると、
  不思議と響いてくるものがあって、
  深い気づきとか洞察を得てきたんだけど、
  それはきっとマスターが繋がって話してくれるからなんだね。


 


 


M それはとても嬉しい言葉ですね。
  ありがとうございます。


 


 


R子 ところで。


 


 


M なんでしょう?


 



R子 まだドリンク出てないですよ(笑)。


 


 


M あ、これは失礼しました!
  ただいま!


 


 


R子 あははは!


────────────────────────


 


  


 


 



 



  

 


 



 



 



グループ予約のご案内


 



 


 



マスターのオンラインサロンのご案内



・マスターの世界観に触れる時間を増やして、人生を豊かにしたい方

【マスターのオンラインサロン】 魂のマスターズクラブ masters club of spirit







 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック