狐嶋和美

お客様と一緒に育てる

2020/5/17配信


皆様


活き活きと働く人を育ててみんなの幸せを実現するのだ!


代表の狐嶋和美です。


27596_いっちゃん


 


 


スタッフが活き活きと働くお店を創りたい!!


創れます!!創りましょう!!


 


 


 


メールを開いていただきありがとうございます。


「理容業を通じて世の中を平和にする」!



狐嶋和美(こじまかずみ)こと「いっちゃん」です。


 


10回目のメルマガになりました。


 


お久しぶりでございます(^^)/


 


 前回は新人にカットを学んでもらって営業で入客する際に、新規客に入らせると失敗しますよ~、既存のお客様に入りましょうね、とお伝えしました。


 


お待たせしました!本日は


 大切な既存のお客様を新人に引き継ぎするための具体的な手順やポイントを書きます。


 


 


 


このメルマガを読んでくださっている理美容師さんには、


前回のメルマガで書いた「真の指名客」


は何人くらいおられますか?


 


要するに、あなたの「技術」だけじゃなく「人間性」にほれ込んで


あなたがお願いすれば「わかったよ」と言ってくれるお客様のことです。


 


謙遜しないで驕りもしないでシンプルに考えてみて欲しいです。


 


 


 


もし仮に、「そんな人いない」のであれば


「そんな人に育てる」ことから始めてください。


 


職人さんは技術に誇りを持っておられます。


それは非常に大切なことです。


その誇りを捨ててくださいと言っているわけではありません。


 


 


 


「このお客さんのことは俺が(私が)一番わかっているんだ!


俺の技でこの人をカッコよく、美しくしてみせるんだ!」


 


 


そうです。だからこそお客様は長年あなたのお店に通って頂いているんです。


 


 


だからこそ、だからこそ、


 


 


あなたに「もしものこと」があったら、そのお客様は「ヘアスタイルの路頭に迷う」ことになってしまいます。


だからこそ、


あなたの目が黒いうちに若いスタッフに技術を引き継いでおくこと


お客様の為にもなるのです。


 


 


 そのために、あなたがすることは、


 


 


お客様に語る。


 


 


「あなたのことを思うからこそ、


新人にカットを教えていくので


 


協力して欲しい!」と。


 


 


 


 お客様の反応はいろいろだと思います。


意外と「いいよ」と二つ返事で言ってくれる方


「どうしても出来なくなったら考える」と言う方・・・。


 


 


お願いしてお願いして、同時進行で新人にカットを教えていく。


教える時のポイントは


 


 


「いいよ」と言ってくれたお客様の髪型で


一番多いパターンの


ヘアスタイルを作れるように教えていくこと


 


がポイントです。


 


 


インフィニィトの場合は、


「ツーブロック」


「ベリーショート」


「ショートレイヤー」が」多いので


 


 


まずは「ツーブロック」スタイルから教えていきました。


 


 


 


女性のお客様がメインのお店であれば


 


「ボブ」とか


 


「レイヤー」とか


「グラデーション」とかなんでしょうか?


 


 


とにかく、あなたのお店で実践できるスタイルをいきなり練習させるのです。


理美容室はカットを教えるのに


 


「基本が大事」


と言って、ウイッグを「こんな髪型、今してる人いるかな・・・」


みたいな髪型にする練習をしているところが多いみたいです。


 


 


基本が大事なのは間違いないですが


 


野球選手を育てるのに


 


いつまでもいつまでもキャッチボールや素振りばかりさせていても


 


試合には出られませんよね。


 


 


多少の基本


はさみと櫛の持ち方や開閉の仕方、


立ち位置や姿勢は教えますが


 


ウイッグはいきなり「デビューする時に作るヘアスタイル」を切っていきます。


 


 


 


そして、


「○○さんのカットが出来るようになる」こと


 


を目標にして


 


毎日練習し、ウイッグがうまく切れるようになったら


 


「モデルカット」に移行します。


 


 


その頃になれば、


○○さんが来店された時に


新人の方から


「今、カットモデルさんを切らせてもらって頑張っているので


もう少しして合格したら、○○さん、カットさせてくださいね(^^)/」


と自分でお願いしたりします。


 


 


師匠(先輩)も


 


カットしている時にお客様に


 


「今、一生懸命練習して頑張ってるから、


教えながらカットさせて(^^)/」


 


とお願いして


 


かなり至近距離で観てもらうこともアリだと思います。


 


 


 


お客様はもしかしたら嫌な方もいるかも知れません。


 


でも、ほとんどの方は温かい氣持ちで、だんだんと楽しみになってきたりします。


 


「自分も一緒にこの子を育てている」


 


そう思って頂けたら


 


もう幸せいっぱいです(笑)


 


 


 


 


アナタにもきっと奇跡は起きます!


 


起こしましょう~(^^)/


 


 


 


このメルマガでは


ワタクシが実際に行なったスタッフ求人、採用、育成、定着のための


ノウハウを


小出しに小出しにお伝えさせて頂こうと思っております(^_-)-☆


 


次回は、「ヘアスタイルの作り方の教え方」


 


について書きま~す。


では、今週はこの辺で・・・。


 


 


 


 メルマガ第10回


家族経営から脱却 ~店舗スタッフの 求人・採用・育成・定着!


 


最後までお読みいただきありがとうございます(^^)/


今後ももっと実践ノウハウをご紹介したいと思いますが


今、一番知りたいことは何ですか?


コメントを頂けたら嬉しいです。


 


そして、このメルマガを読んで


少しでも実践していただき、


日本中の店舗オーナーやリーダーのお役に立てれば嬉しいです!



次回もお楽しみに。


 



こじまかずみ、こと いっちゃん


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



  

 


 



 


 



グループ予約のご案内


 



 


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック