鈴木 由美

〇〇詐欺に引っかかるのはなぜ?

2020/5/16配信


皆様


おはようございます。


「実」を生きて輝く


フレッシュ・キラリ


鈴木由美です。


 


昨日は、会場の東京エレクトロンホール宮城まで行ってきました。


定禅寺通りのケヤキ並木は別格でした。


市内は、平日なのに結構な人出


日常が戻ってきている感じがします。


 


まずは、ご連絡を。


仙台波動ワーク


個人セッションは、現在、キャンセル待ち。


実技研修は、6名受講枠があります。


 


疲れてる人


弱ってる人


人だけじゃなくて動物たちも


『元気にしてあげたい!』


そんな想いが叶う研修です。


仕事が終わるとぐったりする方にも


自分自身の状態管理にもおすすめです。


 


特に、日々現場で頑張ってる人


いよいよ再開するその準備期間になってる人に受講した頂けたらと思います。


『相手も自分も元気になる!』


お申し込み先は ↓↓↓ です。


 


 


 


さて、


オレオレ詐欺になぜ人は引っかかるのか?


とても興味深くNHKの「ためしてガッテン」を見たのですが


 


電話だから引っかかるということでした。


つまり


その声から脳までの距離が近ければ近いほど騙される。


 


留守電再生でスピーカーで聞くときと


そのまま受話器を持って耳元で相手の声を聞くときとでは


脳波が違う。


 


感情が動くと


冷静じゃなくなる。


で、事実誤認。


 


 


耳元で似たような声を聞き


これは我が子の声だ


緊迫した状態だ


何とかしてあげなくちゃ


感情が動いて


雪崩のように


ばばばばっばっとお金を振り込む


もしくは、渡してしまう。


 


途中で気づいた銀行員や警察官が説明しても


その妄想は解けず


息子本人が現れてやっと騙されていたことに気づく。


 


そもそも


その大失敗をホントに息子がしたら


「そりゃよかった」って


「大変」=「ラッキー」


そういう前提なら


詐欺にもならないのだろうけどね。


 


 


 


ともあれ


感情を揺さぶって


相手の中に入ってきて


動かすことが得意な人たちっているんだね。


 


感動しないのもつまらない人生だけどね。


感動して搾取されるのも腹立たしいわね。


 


 


耳元という感情が即動く距離


絶妙な言葉


持ってる前提で反応。


 


そのどの部分でも


詐欺にあわない対策は出来る。


 


 


自分を生きる参考になりますね。


 


 


ではまた


ごきげんよう


 


由美


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



  

 


 


☆自分を生きている人は元気です。
自分を生きるヒントは日常にいっぱい。

→支援者教育コーチング 
 GWに始めよう。
 無料オリエンテーション受付中
 



 



イベント・セミナーのご案内




元気にしたい相手がいる方。人に触れる仕事をしている方。呼吸法や波動を学びたい方。

6798_m2i1otqxmdi5zjk0z






 



 


 



 


ご予約はこちらから ▶


 




 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 



Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック