たかむれ けんじ

【気分が安定するとパフォーマンスもアップする】とらわれを解放し、自由な心になるメルマガ

2020/5/15配信






皆様
 
こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。

今日は自宅で一日、
ZOOMによるセッション。

下の写真はウォーキングで、
風景たちです。











私達の気分の波は、
ある種バネのようなもの。

伸びたり縮んだりを
繰り返しています。



伸びたときは気分が上がり、
縮んだときは、
気分が落ちる。

それが繰り返されるんですね。



この現象に本来、
良い悪いはありません。

ところが私達は、
より気分のいい状態を、
できるだけ長くキープしたいと思うもの。

でもその思いが強すぎると、
気分の波が、
とても不自然なことになってしまうのです。



より気分を上げようとすることは、
無理にバネを引っ張るようなもの。

すると一時的にはバネが
伸びるかもしれません。

その分、
気分も上がります。



しかしそれは、
縮もうとする力を
より強めることになってしまうのです。

そして、無理に伸ばした分だけ、
強烈に縮みます。

無理に上げた気分は、
一気に落ちます。



そしてまた、
勢いよく伸びる。

これは急激に気分が上がることを、
意味します。



つまり、無理に気分を上げようとすると、
上がることは上がるけれど、
気分の乱高下が激しくなる。

不安定になるということです。



元々気分は、
緩やかに上ったり下がったりを、
自然に繰り返すもの。

そのときに気分に対して
過剰反応を起こすことなく、
ある種淡々としていればいいのです。



すると緩やかな気分の波はあるけれど、
基本安定した状態になるのです。

これは気分の乱高下に比べると、
面白みには欠けます。



しかし安定しているので、
パフォーマンスも
コンスタントに出てくれます。

それは結局一番
よかったりしますね。



気分が上がったときに
スーパーなパフォーマンスを出しても、
長続きせず、
大半は気分の不安定さに翻弄され続ける。

これはトータルな
パフォーマンスアップには
なりません。


気分が上がっても下がっても、
それにとらわれずにいることが、
安定した気分と
パフォーマンスにつながるのです。

ご参考になれば幸いです。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。







 


 



 



イベント・セミナーのご案内




エモーショナル・リ*バース・セラピーの知識やスキルを、さらに高めていきたい

18_otbmymq4ytezy2u4o





資格は取ったものの仕事として自信が持てない。現場で適切に対応できるようになりたい。

18_nmjjzmixnjeyyzgxz






   


 


 



ご予約はこちらから ▶


 





 



主婦の友社
 
アマゾンランキング
「臨床心理学・精神分析」
「脳・認知症」
2部門で1位獲得
 


 
 
配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。



メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









メルマガ登録
プロフィール
イベント/セミナー
個別予約
メルマガ/コンテンツ
ショップ
コンサルティングメニュー
カウンセリング申込フォーム
お問い合わせフォーム
人が集まり笑顔になるメルマガ アンケートフォーム
セッション力を高めるメルマガ アンケートフォーム
メールセミナー「対人恐怖を楽にするために知っておきたいこと」アンケートフォーム
カウンセリングメニュー
お客様の声
特定商取引法に基づく表記
Twitter
Facebook
ホームページ
Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック