upendo Leo

隠したくてもバレちまう。

2020/5/15配信



皆様


Leo:hisayoこと佐々木”Leo"宣代です。



先週は初めてのインスタライブ演ってみました。


ここから知ってご覧くださった方もいたのかな?


 


ありがとうございました!


 


しかし、ほんまに、勝手が違うと


パワー要りますわね。


 


私の場合はそれは良い意味で。


 


この状況にならなかったら


オンラインレッスンもライブも


たぶんやらなかったと私は自分で


思うのですがやってみてものすごく


痛感しているのは「粗が隠せない」


ということ。


 


私がオンラインで扱うものが「音」


だから余計だとは思うのですが


レッスンも音楽も今まで「生」で


やってきてそもそも「ライブ」って


そういうものやけれども


その場の空気感とかノリで隠せてしまう


というか気にならないことも多々


あったのだなぁ、、、と。


 


例えば音程が一番良い例で


生で観覧するライブって少しくらいなら


歌の音程を外してもお客さんも


自分も気にならない場合もあって


後で記録映像や音源聴いて


本人だけがちょっとへこんだりは


よくあることだと思うのです。


 


その場の熱気で十分にイケてるから


なんですが。それがロックだ!


それがソウルだ!それがライブだ!


とも思っていますし。


 


でもオンラインでそれは


観てる側もキツいやろなぁ〜と


この前自分が演ってみて思いました。


 


レッスンも同じことで


受けて下さってる方もイヤホンマイク


とかスピーカホンとか通じて私の


声が届くしこちら側においては


レコーディング用のモニタースピーカー


2つ使って聴きながらの


レッスンなので、、、


 


いろいろ丁寧な感じになります 笑笑


そうですね、、、はっきり申し上げると


結構中身の濃いレッスンかも 汗汗


 


今までのは何やってん!?


って怒号が飛んできそうですが。


 


だって、、、声帯周りの筋肉がね、とか


首のこの辺りは歌う前に


こういう風にね、、、


とかリアル対面の時では


話す前に自分の手が伸びて


どうしても許可なく


身体を触ってしまうので


(文面だけ読んでたらなんか変 笑)


 


あと、やはり続けて来てくださってる方は


私と似たタイプの方が多いので


理論が苦手 笑


 


感覚的に捉えたい方が殆どですよね?


ご自覚ありますか? 笑


 


だけど今になって


色々丁寧になってきてるので


と言うか、オンラインそのものが


なんでも丁寧に扱ってやっていかないと


ちゃんと伝わらないな、という性質を


持っているなぁと感じています。


 


音だけじゃなくて気持ちや言葉も。


 


初心に戻って、、、


でも自分にできることがあの頃より


ちゃんと増えているなぁって自覚して


自分にできることを認識して


真摯に取り組むこと


 


そして頭を柔らかくして


違った角度から今自分自身が


できることを見直せる、


今はそんな時なのかもしれません。


 


そんなこんなで


これまた、この状況じゃなかったら


絶対に思いつかなかった


「ビデオdeコーラス」という


新しい企画の準備がやっと整い


来週から7月の撮影に向けて


個別レッスンが始まるのですが


(一人一人が担当パートを


3ヶ月間練習した後、個別に撮影をし


こちらで合併編集をして最終的にコーラス


ワークを創るという企画)


 


これは7月以降も


レギュラー企画にしていこうかなと


思っています。


 


ライブとは違うから


声量や勢いよりも丁寧さを


大切にしていくので


(レコーディングと全く同じ)


ご自宅での練習でも


鼻歌くらいの声量なので


そんな感じでなら出来そうとか


ちょっとスキルアップしたいなとか


何か目標欲しいなぁって方は


またご案内しますので


夏から是非とも!


 


ひとまずは第一回目に


集まってくれたメンバーと一緒に


始めてみます♪


 


では今日はこのへんで。


また来週!


 



 


 


 


 


 


 


 


 



  

 


 



 


 



 


 



 


ご予約はこちらから ▶


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 



Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック