浜田義之

【076】酒と悟り 第参夜 魂の悦び

2020/5/15配信


こんばんは、魂の使命を生きながら、人生そのものを楽しむ、
スピリットナビゲーターのマスターこと浜田義之です。



まずはお知らせです。


 


先日お申し込みの受付を開始した、
マスターが「わたしとは誰か」というテーマで、
オンラインで行うライブ対談は、
受付開始と同時に、すぐに満席・キャンセル待ちになりました。


 


多くのキャンセル待ちの方がいらっしゃいましたので、
増席(こちらも残り僅か)と開催追加をしました。


 


詳細とお申し込みは、巻末の「イベントセミナーのご案内」よりご覧ください


 



それでは今夜のお話に入りましょう。


 



毎週金曜日の21時にお送りする、
本当の自己・魂の目覚めへと導く物語。



バーのカウンターで不思議な紳士に出会った男は、
紳士の言葉から、自分の中のなにかが目覚め始めたのを感じました。


 


そしてマスターとの会話から、男は頭ではわからない、
だけど自分にとっての「なによりも大切なこと」を
思い出したいという思いを抱きはじめました。


 



第壱話はこちら
https://smart.reservestock.jp/subscribe_form/mail_magazine/1350202


 


第弐話はこちら
https://smart.reservestock.jp/subscribe_form/mail_magazine/1359125


 



それでは今宵は第参話をお楽しみください。


 


【酒と悟り 第参夜 魂の悦び】



「祝福で恩寵....ですか?」


 



男はマスターの言葉に問い返した。


 


「ええ」


マスターはまた優しい笑みを浮かべた。


 


男にはマスターが言った言葉が何故かわかる気がした。
不思議にわかる気がした。



というのも、あの紳士と話してから、
自分の内で「なにか」が動き出したのを感じていたからだ。


 



なにかが動き出した、なにかが起動した。


なにかがはじまった。


男はそれを感じていた。


 


それがなにかはわからないが、
なにかが確かにはじまったのを、男は感じていたのだ。


 



「あの紳士は...」



男は口を開いた。



「あの紳士は、ほとんどの人が、
自分が何が本当に楽しいかが分からないと言っていました」


 



「お客様はどうですか?」


 



マスターの言葉に男は自らを振り返った。



「わたしは........よくわかりません」


「ただ......わたしはわからないということを知っている。
そのことを知っている気がします」


 



マスターは、またにっこりした。



「自分は知らないのだということを知っている」
「自分にはわからないということを知っていて、
それが自覚・認識できている、
それは器の大きな人の証ではないでしょうか」


 



マスターの思わぬ言葉に男は少しはにかんだ。



「そう...ですか(笑)?」


 



「そしてそれは、人に教えてもらうものではなく、
自ら思い出し、見出すものだということをちゃんと知っている、
それは器の大きな人の在り方だと思います」


 



男はハッとした。


 



 


 マスターは続けた。



「魂が悦ぶことをするのです」


「頭が『これが楽しいこと(のはず)』と解釈することではなく、
魂が悦ぶことをするのです」


 



「え?」


男は驚いて、思わず顔を上げた。


 



「魂の悦びには、自らの魂を目覚めさせる力があります」


「そしてその悦びの波動は、
わたしたちが悦びの中で表現するものに乗り、
他の人々の魂をも感動という形で振動させ、目覚めさせる力があるのです」


 


 


知っている。
なんのことか、頭ではわからないけど、
でも、どこかで知っている。



そう男は感じた。


 



「頭が『これが自分の楽しいこと(のはず)』と
【解釈】することではなく、魂が悦ぶことを実践する」


「魂の悦びは、自らの魂を目覚めさせるだけでなく、
人々を、世界を目覚めさせる力があるのです」


「賢者たちが大好きなことをしなさい、
ワクワクすることをしなさいと言ってきたのは、
そのことなのだとわたしは考えます」



マスターは少し遠くを見つめるようにそう言った。


 



なんだかさっきの紳士と話をしているようだ。
男はそう思った。


 



そして、なにがマスターに、これを話させているのだろう?と思った。


なぜかそう思った。


 



今、なにかがはじまっている。



今まで知らなかった世界への、
知っているけれど知らない世界への扉の向こう側に、
いつの間にか自分は一歩、足を踏み入れたんだ。


 


男はそう思った。


 


つづく。


────────────────────────
 マスターから


わたしは多くの人が本当の自分・本当の自分らしさから、
魂が本当にやりたいことを通して、魂の悦びが響きあい、
人々が目覚めあう世界になってほしいと願っています。


この物語は、深いところから気づきと変容を生み出す、
意図を持って描かれています。


もしこの物語を気に入ってくださいましたら、
大切な方たちにご紹介いただければ幸いです。
────────────────────────


マスターが「わたしとは誰か」について、ライブ動画で対談します


 


受付開始後すぐに満席キャンセル待ちなりましたため、
増席と開催追加をしました。



無料*対談】 浜田義之&田丸結貴



「わたしは誰なのか」をテーマに対談します。


 


・使命を生きているか
・才能を発揮するってどうするのか
・これから先の時代の在り方
・自分とつながっているとはどんな状態なのか
・魔が差すということ
・これから先の在り方、ビジネス、働き方

 


お申し込みとイベント詳細は
下記「イベント・セミナーのご案内」よりご覧ください


────────────────────────


 



 



  

 


 



 



 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック