世古 詞一

【オンライン1on1の効能2-苦手意識を克服できる-】

2020/5/ 8配信
【第49号】2020/5/8
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
      個人と組織の変革のヒント
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
1.【コラム】
2.【サーバントコーチ最新情報】
3.【編集後記】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
皆様

おはようございます。
サーバントコーチの世古詞一です。

本メルマガは「個人と組織の変革のヒント」を
テーマとして情報をお伝えしてまいります。

では今日も早速、コラムにまいりましょう。

◆---------------------------------------------
1【コラム】オンライン1on1の効能2
 相手への苦手意識の克服するチャンス
◆---------------------------------------------
今回は、「オンライン1on1は、
苦手な相手への意識を克服するチャンス」
ということについて、お話させていただきます。

対象は怖い上司でも、苦手な部下でも構造は
同じで、ネガティブに思う相手への対処法と
お考えください。

今回は「怖い」と思う相手を例にします。

我々は、相手を怖いと思うと、実際よりも
大きくイメージしてしまう傾向があります。
つまり、自分ではコントロールできない
大きな存在と見立てて記憶保存するのです。

実際、私は以前、怖くて横柄な印象のAさんと
いう方を思い出すときには、ギラギラした目と
ガハハと大きく笑った口が強調された顔が
超ドアップでイメージされて出てきました。

そして、そのように記憶されているということは
実際に対峙したときに、自分が意識を向けているのは、
やはり自分が怖いと感じる、目つきや
笑った口などでした。

怖ければ見なければいいのに、人間は面白いもので
一方で、怖いものを確認しておくことで
安心できるという矛盾を持っています。

実は人間が本当に怖いのは、わからないこと
理解できないこと、コントロール不能なことなのです。
(例えば、お化けが怖いというのもその理由です)

だから、怖いものに焦点が当たります。
表情が威圧的で怖いのであればそこに注目し、
身体が大きくて、威圧的であれば太い腕っ節に。
そして、声が怖いければ、そこに意識が向くのです。

焦点が当たるというのは、その対象が自分の中で
100%になってしまう状態です。

相手の気になるところ以外も見ているはずなのに
それは背景になってしまい、怖いところだけ
強調されるのです。

つまり、怖い相手の怖い部分にわざわざ
フォーカスを当てて、自分で怖くさせているのです。

そこで、オンライン1on1の登場です。

画面に目をやると、なんとそこには
自分と相手が1対1で同じ大きさで
並ぶように映っているのです。

本来、リアルでは相手の姿しか見えない。つまり、
自分の視界には怖い相手が100%を占めていて、
自分の存在は小さく軽んじられています。
自分:相手=0:100 です。

しかし、オンライン1on1の画面上では
視覚で言うならば、対等で見える。
自分:相手=50:50 です。

さらに操作を調整して、自分を大きな主画面に置いて、
相手をサブ画面に映してしまえば、
自分:相手=80:20 にできます。

視覚的なプレッシャーは軽減されます。
実は、これはものすごく重要なことなのです。

NLP(神経言語プログラミング)心理学では
この五感情報による認知が感情や思考に
大きな影響を与えるとしています。

私がAさんを怖いと感じていたのは
自分が、Aさんから受け取る五感情報を書き変えて
実際より大きくしたり、怖い部分をデフォルメした
記憶の仕方をしていたからなのです。

しかし、オンラインでは、画面上の相手の大きさを
小さくできます。また、自分を対等以上に大きく
映して対峙させることができるのです。

このように、リアルの場と比べて「大きさ」という
視覚情報を変えることができます。

また、相手の声が大きく威圧的に感じれば
ボリュームを小さくすることで、相手から受ける
プレッシャーを弱めることができます。

或いは、片耳で相手の話を聞き、逆の耳でお気に入り
のBGMを聞けばリラックスすることもできます。

つまり、機器を利用することで、聴覚情報も
うまくコントロールしたり活用したりできるのです。

このように、自分にコントローラビリティが生まれると
怖くなくなるという効果もあります。

さらに、そもそもリアルの場より、五感情報が乏しい
ので、臨場感が薄く、怖れも弱まっています。

実際に、お化け屋敷など怖いところにいくのと、
自分が安全な空間の中で、それを画面越しで見るのと
では、恐怖の感じ方が異なります。

そこで、もっとリアリティを消したければ、
画面を暗くして、画面をくすませることで
気持ちも楽でいることができるのです。

そうやって、オンラインを活用して、
相手に慣れていくことで、苦手意識はますます
薄まっていき、リアルな場で会った時にも
苦手意識は克服できているでしょう。

是非、試してみてください。そして、もし、
周りに苦手な相手とオンライン1on1をしている
人がいらしたら、シェア頂ければ幸いです。

◆変革のヒント:
苦手な相手とオンライン1on1をするのは自分を克服するチャンス

◆---------------------------------------
2.【サーバントコーチ最新情報】
◆---------------------------------------

▼マイナビニュース様にて、好評の連載記事
「上司が知るべき部下との距離の縮め方」

第3回「上司は部下と雑談する必要ある? 話題が無くて困ったら」
https://news.mynavi.jp/article/1on1-2020-3/

第2回「部下が年上で会話できない! 何を話せばいい?」
https://news.mynavi.jp/article/1on1-2020-2/

第1 回「部下が話してくれない!一問一答を避けるコツ」
https://news.mynavi.jp/article/1on1-2020-1/

▼法人向け動画販売開始
 続々と成約しております!!
 「1on1コミュニケーション導入講座」
 ↓↓ 詳しくは以下URLより
https://1on1video.servantcoach.jp/

◆---------------------------------------
 3.【編集後記】
◆---------------------------------------
本日も最後まで読んでくださりありがとうございます!

5/29の新刊の最終チェック中です。
タイトルは以下になります!

「対話型マネジャー
部下のポテンシャルを引き出す最強育成術」
https://www.amazon.co.jp/dp/4820727877/

amazonでも予約開始しましたので、
ぜひご予約お願いします。

新しいマネジャーのバイブルになるような
本を目指しました。

来週には、本の表紙もamazonで見れるように
なると思います。お楽しみに!

今日も素晴らしい一日を!

▼主に1on1について情報を欲している方に
ぜひ本メルマガをご紹介頂けると嬉しいです。
  ↓↓
https://www.reservestock.jp/subscribe/76294

▼今日のメルマガはいかがだったでしょうか?
役に立ったという方は、是非こちらでご感想を。
 ↓↓
https://www.reservestock.jp/inquiry/3978

皆さんのお声を頂けると励みになります。
一言頂けるととても嬉しいです。
----------------------------------------

配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。

▼お問い合わせフォーム
⇒ https://www.reservestock.jp/inquiry/3978/
▼書籍「シリコンバレー式 最強の育て方 ー人材マネジメントの新しい常識1on1ミーティング」
 http://amzn.to/2z6GtXN

▼株式会社サーバントコーチHP
 http://servantcoach.jp/

▼Twitter(まだまだですが、徐々につぶやきます)
 https://twitter.com/ServantCoach

▼Instagram
 https://www.instagram.com/servant_coach/

「個人と組織の変革のヒント」世古詞一メールマガジン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社サーバントコーチ 発行
Copyright (C) 2020 Servant Coach Inc. All Rights Reserved.

※本メールマガジンの発行の有無、頻度、発行日、送信時刻は当社の裁量にて決定させていただいております。また、発行の遅延等に関しては、一切の責任は負いかねますので、予めご了承ください。


Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック