石田 勝紀

石田勝紀公式メルマガ5月1日号【A Iではなくコロナによって大改革が始まる学校の世界】

2020/5/ 1配信
石田勝紀公式メルマガ 2020年5月1日号

▼第91号                        2020/05/01
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
石田勝紀公式メールマガジン「ぐんぐん伸びる子に育てよう!」
   Vol.91
毎月1日、15日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【目次】
1. 今回のメッセージ
2. コラム 【A Iではなくコロナによって大改革が始まる学校の世界】
3. 東洋経済ONLINE Vol.135【家庭で「緊急事態宣言」を出してみた驚きの結果】 
4. 会員制勉強会「Mama Café プライム5月から『Zoomコース』が新たにできました」
5. 動画で学びたい方へ
6. 書籍で学びたい方へ
7. 公式LINEアカウント @mamacafeと検索してください

□■━━━━━
■ 1. 今回のメッセージ
□■━━━━━
 4月18日に「コロナ休校で教育格差が急拡大する状況に小・中学生がいる家庭ではどう対応するか?」というテーマで緊急講演会を行いました。募集期間がたった5日間しかありませんでしたが、全国から200名以上の方にご参加いただきました。

その後、たくさんの反響のお便りをいただきホッとしています。というのも、通常の講演会と違い、オンライン講演会はみなさんの顔がほとんど見えない中での講演会なので、どのように感じて頂いているか確認しながら進めることができないからなのです。しかし、今回行ってみて感じたことは、オンラインで今一番必要なことをタイムリーにお話できるということはとても良いということです。
現在のように多くの方が不安を抱え、どうしたらよいかわからない不透明な時期だからこそ、オンラインによる講演会がたった5日間で実現できたのだと思います。

緊急事態宣言はゴールデンウィーク終了の5月6日を一つの区切りとしていますが、今後も大波乱は続くことは間違いありません。教育も同じく。すでに5月末まで休校延長する自治体が続々と出ています。ですから今後もタイムリーにブログ、音声配信、Facebook、Zoomと情報発信していきますね。

<新コースのお知らせ>
Mama Caféプライム【Zoomコース】を5月より新しく始めることにしました。プライムはライブ会場の【ライブコース】と動画配信【オンラインコース】の2つのコースで進めてきましたが、昨今の状況により、Zoomによる双方向型でも学びたいという希望を全国からたくさん頂いており、不安な時代、未曾有の時代においては直接お話しながら進める場が必要であると考え、新コースを設置しました。
プライムZoomコースを体験されたい方は、次からお申し込みくださいね。

5月のテーマ『大波乱の2020年教育の予想とこれから起こる教育への5つの準備』
 詳細は→https://bit.ly/359f0D3     説明動画→https://bit.ly/2WcOIvo 

<最新の情報を活字と音声で毎日配信中>
【アメブロ】  毎日更新(最新の情報をアップデートしています)→https://ameblo.jp/edu-design/
【Himalaya】 音声ブログ解説で毎日配信しています→ https://bit.ly/2xsmVhQ
【YouTube】 公式チャンネルでは毎日配信中→ https://bit.ly/2WLHfW7

<講演会> 詳細・お申し込みは → https://bit.ly/2NFx39f
 *以下の5月の講演会については延期となりました。
5/17(日)@広島、5/18(月)@山口、5/29(金)宇都宮、5/30(日)仙台5/31(日)@盛岡

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

<Mama Café> 6月分は5月3日(日) 20:00受付開始! 申し込み→https://bit.ly/2GMEFI7
6月Mama Caféテーマ 【親の感情のコントロール方法】 

6月13日(土)オンラインPM
6月16日(火)オンラインAM
6月29日(月)表参道(6月下旬は現地でできるだろうと予測して表参道いれています)

<Mama Café認定ファシリテーターによるMama Café>
★全国200名以上のMama Café認定ファシリテーターによるMama Caféの開催はこちらから→http://www.ishida.online/mamacafe.html

<Mama Cafe認定ファシリテーター第5期〜Mama Caféが開催できる資格>
全国のMama Café認定ファシリテーター制度は開始後1年半で200名を超えました。笑顔でワクワクになるママたちが全国にますます増えていきそうです。第5期では全国のMama Caféのベテラン認定ファシリテーターによる直接研修がすでに始まり第5期生が続々誕生しています。  
詳細→ https://bit.ly/2YNF6XS

□■━━━━━
■ 2.今回のコラム 【A Iではなくコロナによって大改革が始まる学校の世界】
□■━━━━━

5月末までの休校延長の発表をすでに出した「茨城県・岐阜県・愛知県・群馬県・奈良県」の各自治体。東京の私学では1学期全て休校としているところもあるようです。今後も全国各地の自治体が休校延長することでしょう。実際、ゴールデンウィーク明けの学校再開は、富山の小学校で学校再開したら、児童と教員が感染したと報道があったことから分かるように、再開は極めて難しい状況です。
また、一方で、兵庫県の小野市が出した、今年の学校の夏休みゼロ宣言。今後、このようなこともたくさん出てくるでしょう。
2020年の教育はガタガタになることは必至です。一番、公平で平等な形は、9月から新年度スタート、または来年4月から新年度スタートとすることなのですが、これは非常にハードルが高い話です。法律を変えなければいけないことと経済界との整合性の問題もあるので。しかし、先日の文科大臣が9月スタートも視野に入れると発言したことで、可能性はなきにしもあらずとなりました。私は今年の9月スタートではなく、今年度は来年の8月までを一つの年度として1.5倍とし、来年9月から新年度が始まるあり方が望ましいということをブログに書きました。そのようなゆとりを持った期間の中で、オンライン化を完成させていくことがよいだろうと考えています。

今、日本の公立学校をオンライン授業にするべく、文科省が動き出しましたが、作り上げるのに1年かかると言われております。また、小中学生に1人1台のパソコン配布を前倒しして、2020年度中に行うとしていますが、仮に配布されても、通信環境が家庭によって異なり、さらにパソコンとなるとキーボード打ちを習得する時間も必要なことから、いずれにしてもこのままでは、2020年度の教育は、教育らしいことができないことになります。

一方で、別の話題として、通信制の高校「N高」が生徒数急増で1万5千人になったと報道されていました。さらに難関校からの転校組が相次いでいるということです。私が知っているだけでも超難関高校からN高に転向した生徒が5人います。おそらく彼らは、東大か京大に合格すると思います。

以前から、Mama Cafe、講演会で、この話は何度もしているので、聞いた人もいると思いますが、「日本の東大合格者ナンバー1の学校はN高になるよ」と私は言ってきました。何しろ、生徒数が多く、分母が大きくなるので、難関校からの流入絶対数も多くなり、合格者数も増えることは当然のことだからです。

この段階で世の中の多くの教育関係者、保護者にとって「驚天同地」となります。180度考え方をひっくり返さないといけないからです。さらに、次々と通信制学校を立ち上げる人も出てくるでしょう。その結果、通信制が全日制を凌駕する時代になるということを昨年来ずっと話をしていました。

私はこれがAI時代到来によって2022年から始まると思っていましたが、A Iではなく、新型コロナによってその時代がいきなりやってきてしまいました。これまでのんびりと構えていた人や昭和的発想の人たちは度肝を抜かれ、大混乱状態になっています。

通信制の全てが良いとは言いませんが、聞くところによるとN高はカリキュラム内容や学習内容が斬新で、今の時代にあった教育をしているようです。教育とは本当はこういうことを意味するけども、これまでの教育は、受験のための勉強であり、勉強は義務となり、強制勉強が始まり、勉強嫌いを大量に生み出す結果となっていました。
しかし、コロナ時代に入ることによって、今も脈々と続いている明治から続く教育体制に合わない現代の子どもたちにとっては、水を得た魚状態になっていくでしょう。

不登校が急増していることも、発達障がいと言われる子どもたちが増えていて学校では対応できないと言われていることも、全ては、子どもたちに問題があるのではなく、受け入れる側の教育体制に問題があると私は考えています。

もちろん、今の教育体制に合う子もいるので、それはそれで全く問題ないし、今までの教育体制で多いに楽しんでいけばいいと思うけども、そうではない子どもたちはどうするのでしょうか。

実数としては、そうではない子の方が圧倒的多いと思います。(嫌々ながら学校行っている子含め)

世界が多様性の時代になっているのに、教育の世界は多様を認めずに、一律同じにすることをずっとやってきていて、今もそれをやっている学校があったり先生がいたりすることは多くの子どもたちにとって不幸なことでした(もちろん基礎教育では、一律同じことをやる場面も必要)

しかし、コロナ時代となり、これが解放されようとしています。今後はオンライン授業を前提で動き出します。もちろん学校へ登校することもしますが、オンライン授業は消えることはありません。消えるどころか、主流になっていくでしょう。そうなると、授業の質、指導の質が問われ出します。何しろ誰でも見ることができてしまうので。
ただの動画であれば、動画授業人気ランキングができることでしょう。人気のある先生の動画を日本中の子どもたちが見れば、もしかしたら勉強が楽しいと言う子が増えるかもしれません。双方向型の授業においても、退屈なつまらない授業をやっていたら、その授業を親がみて不安を感じるようになるでしょう。毎日授業参観状態になるので、先生も大変ですが、より質の高い授業をやろうと考えると思いますので、結果的に良いかもしれません。

いずれにしてもオンライン化が進めば進むほど、ランキングができるので、ここからいよいよ日本の教育の質が上がりだすかもしれません。

□■━━━━━
■ 3.最新記事(東洋経済ONLINE Vol.135) お陰様で2020/1で累計8100万PVを突破しました
□■━━━━━
◆ 4月30日(木)に第135回目の記事が掲載されました。
タイトルは『家庭で「緊急事態宣言」を出してみた驚きの結果〜噴出しているのは「元々あった問題」が大半』 この方法はかなり効果的ですが、この時期しかチャンスはありません。ぜひお試しになってみてください。

記事は→https://toyokeizai.net/articles/-/347249

*2020年1月段階で、東洋経済オンラインの記事が累計8100万PVとなりました!ご覧頂き感謝です。
 これまでの東洋経済オンライン記事134本は全て→http://goo.gl/CP7d2m に格納されています

□■━━━━━
■ 4. 会員限定勉強会 「Mama Café プライム」 <5月からZoom会員コースが新しくできました>
□■━━━━━
 *Mama CaféプライムはMama Caféとは異なり、石田勝紀の31年間で得た、非公開の子育て、教育方法のメソッドやアプローチをお教えしています。しかも学び方は来年以降子どもたちが学校で学ぶ新しい学び方を導入した、最も定着率の高い学び方で行なっています。
  Mama Caféとは異なり、予約が必要なく、限定会員として行いますので、安心して学ぶことができます。しかも出欠にかかわらず、動画を送られます。
 
  詳細は→http://www.ishida.online/seminar.html

【5月テーマ】 『大波乱の2020年教育の予想とこれから起こる教育への5つの準備』

<Zoom会員コース>
◆5月1日から新規に受付が開始する新しいプライムコースです。これまで、ライブ会員向けに一部、Zoomでの参加を可能にする形式はやっていましたが、現在の新型コロナによる影響で、実際に対話を通して自宅からでもライブ感覚で学べる場が欲しいという希望がかなり多く、この度、Zoomによるプライムが可能であることが検証されましたので、始めることになりました。Zoomによるプライムは、ライブとほぼ同内容です。一方的なレクチャーを聞くのではなく、アクティブラーニングを通じてグループ対話型で学ぶ場が設定されています。これが最も効率的・効果的学びで、2020年度から学校教育が取り入れられる方法です。全国各地、自宅からでも参加できます。ぜひ体感してみてください。

  詳しい説明はこちらからご覧ください→https://bit.ly/359f0D3 

<ライブ会員コース>
◆東京会場・大阪会場: 5月のライブ会員体験は停止:月曜コース・水曜コース(現在はライブと同内容のZoom会員の受付となっています。ライブ体験受付は6月以降となります) 
*5月のプライムについてはZoomによるオンラインでの実施になる可能性があります。ライブ会員の方にはメールでお知らせします。

<オンライン会員コース>
◆遠方の方や、お仕事で都合がつかない方のためのオンライン会員です。動画とテキストで、いつでも学べる仕組みとなっています。初回動画無料体験となっています。是非ご覧になってみてください。今、正式に入会されると3月号(3月末日配信で1ヶ月間視聴可能)から学ぶことができます。
 ・オンライン無料体験視聴(1回分)のお申し込みはこちらから→https://goo.gl/cq5LK1


 毎月、東京会場(ライブ)、大阪会場(ライブ)、オンライン(動画配信)を行なっています。この定期勉強会は、通常のMama Cafeとは異なり、大切なことを体系的に学ぶしっかりとした勉強会です。プライムの進め方そのものが最も効率的に学べる形態を取っていますので、お子さんにどのように接していけばいいのか、どのように最大効率の学びができるのかということも同時に学べるようになっています。

毎月のママさんの子育て、教育の習い事という感じでお考え下さい。ですからいつから入会されてもいいですし、退会しても構いませんが、半年から1年、継続的に学ぶことで、一番大切な心のあり方・使い方、子どもへの対応方法、能力を高めるメソッドを学ベるよう内容を編集しています。
31年間、3500人の指導によって体系化された教育方法、子育てノウハウ、心理メソッドの全ノウハウを公開しています。いつもワクワク感を持って日々、子どもと共に成長できる、そんな環境を作っていきましせんか? そして、ママさん本来の自分らしい生き方、子どもが持っている長所の伸ばし方、勉強方法、そんな気づきを得てみてくださいね。 
・詳細はこちら→http://www.ishida.online/seminar.html


□■━━━━━
■ 5. 動画で学びたい方へ
Eラーニング【21世紀型の学び講座】 子育て入門プライム講座、子ども手帳活用講座、子どもの地頭をアップデートする講座
□■━━━━━
Eラーニングというのは、直接、石田勝紀が話をしている動画で学ぶ講座のことで、いつでも(24時間)、どの端末でも(スマホで)、どこでも(料理しながらでも)ずっと(期間限定なし)学べる場のことです。
特に、最近、子育てや教育関係で、超基本的な質問もたくさん増えてきていて、そこで、「知っておいた方がいい10の子育て、教育テーマ」について「Mama Caféプライム入門講座」という形で作りました。(通常の定期勉強会Mama Caféプライムとは異なります)
「本を読むことは難しい」「講演会に参加することは難しい」方のためにながら勉強でもできるEラーニングで学べるようにしたのです。この「入門講座」は子育て、教育の初歩を知りたい方や「うちの子に勉強しなさいと言ってもやらないんです」という方はぜひみて見てほしいです。いかに今やっていることが「逆のことをやってしまっているか」がわかることでしょう。

教育デザインラボ Eラーニングサイトはこちらから→http://edudesignlab.com/moodle/

□■━━━━━
■ 6. 書籍で学びたい方へ→http://www.ishida.online/index.html
□■━━━━━

□■━━━━━
■ 7.公式LINEアカウントのご登録(LINE登録者限定動画をお届けしています)
□■━━━━━
公式LINEアカウント「ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?」では、ママが元気になれる子育て情報、最新のMama Cafe日程や講演会の情報をいち早くお知らせします。

ご登録はLINEで、@mamacafe で検索いただくか、https://lin.ee/mbXgnf5 をクリックしてください。ご登録いただいた方には、「子どもが勉強する気になる5つの方法」の小冊子データをプレゼントします。ぜひこの機会にご登録くださいね。

■発行元:一般社団法人 教育デザインラボ 代表理事 石田勝紀
公式サイト: http://www.ishida.online
公式ブログ:https://goo.gl/B6beHG









この記事をシェアする

https://smart.reservestock.jp/subscribe_form/mail_magazine/1349264?o=((customer_name_urlencode))



配信停止ご希望の方はお手数ではございますがこちらから解除をおねがいいたします。
https://resast.jp/page/ss/

メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。









お問い合わせフォーム
⇒ https://www.reservestock.jp/inquiry/15971/







☆ バックナンバーはこちら
⇒ https://resast.jp/page/backnumbers/




アプリでメルマガを読むと

文字化け無し
必ず届く
プッシュでスマホに通知が行く
ほかのメールに埋もれない
この記事に いいね する
アプリインストールしてメールアドレス設定するだけ、再度読者登録する必要はありません。
もちろん無料

https://smart.reservestock.jp/menu/application_install_page
------------------------------------------


Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック