仁平覚子

【生きる土台〜実現の魔法とコミュニケーション力】 〜心をチューニングするアウトプットの方法〜

2020/3/31配信


皆様


 



 



今日もメルマガを開けて頂きありがとうございます。



命時間(とき)を土台にゴールを時短で実現する
超実践コンサルタントlatchです。


 


 


今日のテーマは、


『アウトプット』


 



人生やビジネスのゴール達成をするには、
全て『心』に鍵があります。


 



前回のメルマガでは、顕在意識と潜在意識の違い、


潜在意識の領域である、


感覚、直感、心マインドが大事ですとお伝えしました。


 



潜在意識を生かすことが
能力や可能性を発揮することに繋がるからです。


 


 


 


そのトレーニング、練習のひとつが、





『アウトプット』なのです。


 



アウトプットの方法はいくつかありますが、
一番のお勧めは、


日々、誰かとアウトプットすること。


 


 


毎日、習慣化するために、


時間や相手を決めてテレワークします。


 



会社でしたら、


朝礼、終礼の時間をこれにあてます。


 


例えば、朝は、


昨日、会った人のこと、今日、誰と会うのか?


どんな1日にするか?


 


夜は、


今日、どんな人に会ったのか。


どんな1日だったか、などなど。


 


 



その上で、ポイントは、



◎心に湧いてきたこと、


◎心で感じたこと、


◎氣づいたこと、



『感じたことを感じたままに』



思考を使わずに、言葉にしていく。


 


 


これ、一見簡単そうですが、、、



『感じたことを感じたまま、言葉にする』



実はなかなかできないんです。


 



どうしてもふと感じた瞬間に、思考が被って、


感じたことに対して否定、評価判断、説明が
瞬時に起こってしまうからです。


 


 


だからこそ、


日々の練習、トレーニングが必要なのです。


 


感じたことをそのまま言葉にすること、


ふと湧いてきたことを言葉にすること、


 


このようなアウトプットができるようになると、


日々の中で、心がチューニングされ、


いい感じに自然と調整されていきます。


 


それは自分の中での気づきが加速されるからです。


 



これが心の安定になり、


自己実現にも繋がります。


 


 


つまり、


感じたことを言語化し発するということは、


『潜在意識を言語化すること』だからです。


 



そして、相手の話を聞いてこれができると、


 


相手から必要な情報をキャッチし、
それを相手に伝えることが可能になります。


 


これが『パワーリスニング』です。


 


毎日欠かさずコツコツとアウトプットしていく。


 


 


今、このご時世だからこそ、


人と関わりアウトプットすることが求められているのです。



人は人と関わり、『人間』になるからです。


アウトプットをし、繋がりをつくる。


 


アウトプットは『生きること』そのものなのです。


 


 



今日も最後までお読み頂きありがとうございました。


 


笑顔と感謝溢れる日々をお過ごしくださいませ。


 


 


 


 


【クリエイティングコンサルタントlatch】

 



 



【聞聴道オフィシャルサイト】



【聞き方チャンネル YouTube】



 


 


 


 


 


 




 


 



 


 



グループ予約のご案内


 



 


 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック