松下 一郎

【松下】自宅を共同担保に入れてもいいか?

2020/3/ 7配信


皆様


サラリーマン以外の選択肢を多くの皆さまに伝えたい


お金のソムリエマスター講師の松下 一郎です。


22819_松下


 


不動産投資をやっている方から、


こんな相談を受けましたのでメルマガで回答させていただきたい


と思います。


 


昨今融資が厳しいので、購入物件を


担保に入れるだけでなく


条件付きで融資が出ることが多いです。


 


例えば、


① 自己資金を〇円入れてください。


② Aさんに連帯保証人になってください。


③ 火災保険をこれに加入して、質権設定をさせてください。


④ 管理会社を提携のBにしてください。


⑤ 別の所有物件Cを担保に入れてください。


⑥ 自宅Dを担保に入れさせてください。


・・・


 


こんなことを銀行様に言われたこともあるかも


しれません。


 


借金が返せなくなったら、どうなってしまうか?


心配になりますよね?


(そもそも、借金が怖い人には、借金を伴う


不動産投資はオススメできませんね)


 


あなたならどうしますか?


 


 


 


 


 


 


 


 


 


まずは、想定質問として立場を明確にしておきましょう!!


(もちろん答えは人によります。)


 


私は上の①-⑥はOKすることが多いと思います。


ただ、共同担保や自宅担保はリスクもあるので、


そのあたりは確認しておきましょう!!


 


個人的には、借金を返せなくなるかどうか?が


焦点で返せなくなった時にどうなるかを


良く調べて立場を明確にして「迷わないようにする」


ことをオススメいたします!!


 


 


 


 


今日は少し軽めですが、以上とさせていただきます。


松下でした。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



  

 


 



 



イベント・セミナーのご案内




 



 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 




所属協会








 


 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック