津村浩介

【第284回】世界のオイスター三昧と & 必殺 暖炉バー♪ Ⅲ

2020/3/19配信


23457_30723892_1492766100851819_4943604690244861952_n


 


 



【第284回】世界のオイスター三昧と & 必殺 暖炉バー♪ Ⅲ


 





”グルメデート専門コンサルタント”の津村浩介です。


いつもメルマガをご覧いただきありがとうございます。


 


1) 2軒目は、必殺 暖炉Bar


 


さて、お店を出て、恵比寿西一丁目の交差点で、代官山方面のタクシーを捕まえよう。ドライバーに行先を告げます。


「西郷山公園まで」


 


彼女は「?」ですね。


どこに行くのだろう。「まさか、夜の公園デート?」などとちょっと不安にさせるのも、たまにはいいではないですか。そのほうが、今から行くバーでの「感動」を増幅させる効果がありますね。さて、タクシーは、数分で、目的地に着きます。


 


西郷山公園の前の横断歩道を渡り右へ。最初の路地を左に入り、道沿いに進むと、住宅街に、目指すバーがあります。初めてだとわかりにくいので、少なくとも、事前に場所だけは現認しておきましょう。


バーの名前は「レガロ」。レンガの壁がお洒落な、知る人ぞ知る、「暖炉」があるバーです。尚、暖炉に火を入れるのは、冬場のみです。


 


ここまで、読んで、ピンと来た方は、


【第275回】ウニの炊き込みご飯で〆て、2軒目は暖炉バーでウオッカを Ⅲ


をご記憶の方だと思います。そうです、冬の終わりに、もう一度、暖炉バーへ行きましょう。


 


 


2)炎の揺らぎ♪


 


お店に入るとカウンター席がありますが、更に進むと、お目当ての暖炉がある部屋があります。そうそう、暖炉前のソファ席は、一番人気なので、必ず、予約しておくのがいい。


さて、見てください。本物の暖炉。炎が揺らぎ、薪が時折、パチッと音を立てる。


 



 


まるで、彼女としゃれたロッジに「お泊り」に来たような錯覚に陥いりますね。そう、これぞ「非日常」ですね。ここ代官山であることを忘れてしまいそうですね。


 


3)シャンパンで乾杯♪


 


カクテルも豊富に取り揃えているが、まず、揺らめく炎を見ながら、2人でシャンパンで乾杯。


彼女の目に、炎が映り込み、暖かくなってきた彼女の頬がほんのりピング色に染まる。やはり、このシチュエーションは、乙女心を鷲掴みにする。彼女の恋心のスイッチも入るかも・・・・・・知れない。


 


4) マシュマロを焼いて♪


 


そう言えば、オイスターバーでは、デザートを食べていない。そう、もちろん、僕は意図的にスキップしたのです。


何故なら、ここで、このパフォーマンスを楽しみたかったから。昔、キャンプでやったことがあるはずですね。棒に刺した「マシュマロ」を暖炉の火にかざして、焼くことができるのですね。


程よい酔いと炎の揺らが彼女をリラックスさせるのか、適度な暗闇で、お店の人も、基本的にカウンターに引っ込んでいます。ですから、彼女を口説くには、鉄板のセッティングなのです。


 


5) ホットコーヒーもおしゃれ♪


 



 


さて、お店を出る前に、酔い覚ましをかねたホットコーヒーでホッコリしよう。写真の通り、おしゃれなグラスで出てきます。


美味しかった生牡蠣、そしてクラムチャウダーと暖炉バーで、彼女のお腹も心も満たされたに違いないですね。




 



本日も、お忙しい中、メルマガをご一読頂き、ありがとうございました。


バックナンバーをご覧になる方は、下方のサムネイル「バックナンバーを読む」をクリックしてください。


 


津村浩介


”グルメデート専門コンサルタント”


 




 


■ホームページはこちら↓↓↓


23457_30723892_1492766100851819_4943604690244861952_n


http://www.tokyo-gourmet-date.com/


 






 


 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック