津村浩介

【第282回】世界のオイスター三昧と & 必殺 暖炉バー♪ Ⅰ

2020/3/17配信


23457_30723892_1492766100851819_4943604690244861952_n


 


 



【第282回】世界のオイスター三昧と & 必殺 暖炉バー♪ Ⅰ


 





”グルメデート専門コンサルタント”の津村浩介です。


いつもメルマガをご覧いただきありがとうございます。


 



 


1) ”世界”のオイスター三昧!

 

最近、暖かい日が多くなってきましたね。春になる前に、冬のグルメシリーズとして、彼女をオイスターバーに、”世界”の生牡蠣三昧へ誘い出しましょう。


 


1月にご紹介したのは、築地場外の飾らない、オイスターバーでした。元築地の仲卸が直営しているお店で、”日本中”の牡蠣を、野趣あふれるカウンターで味わえる、と言う優れものでした。


 


気になる方は、「バックナンバーを読む」(このメルマガの末尾)から、以下を参照してくださいね。


【第255回】築地で生牡蠣三昧&2軒目はリバーサイドデニーズ Ⅰ


【第256回】築地で生牡蠣三昧&2軒目はリバーサイドデニーズ Ⅱ


【第257回】築地で生牡蠣三昧&2軒目はリバーサイドデニーズ Ⅲ


 


今回は、「世界のオイスター」三昧という趣向です。築地と合わせて、両方行けば、この冬、日本と世界のオイスターを制覇したことになりますね。


 


オイスターは、大きな口を開けて、殻からパクリ、が美味しさの醍醐味。だから、フレンチレストランのような気取ったお店よりも、彼女がリラックスして、心ゆくまで、「大口でパクリ」ができる、カジュアルな雰囲気をもつお店がおススメです。


 


そんな、程よいカジュアルな雰囲気を持つのが、恵比寿の「フィッシュハウス&オイスターバー」。


場所は、恵比寿西1丁目交差点。この看板が目印で、お店は階段を上がった2階にあります。できれば、窓際の席を予約したいですね。窓から、交差点を行き交う人々と車を眺めることができます。


 


因みに、恵比寿東口には、2号店があります。こちらは、4人掛け位のカウンターと小さなテーブルがいくつかあるこじんまりしたお店。なので、こちらは、長居をするというより、その日のオイスタープレートの生牡蠣をシャブリで流し込み、サクッと、2軒目に行く、なんて使い方がお洒落です。


 


 


2) 生牡蠣にはシャブリ


 


さて、今回の主役は、”世界”の生牡蠣がメイン。


生牡蠣に合う酒は何か、これは、色々な説、見解があって、どれも正しいというか、結局は、個人の嗜好の問題だとは思います。だけど、一応、フランスでは、昔から、「生牡蠣にはシャブリが一番」というのが、通説なので、彼女に通ぶって、「何故、生牡蠣にはシャブリか」位は説明できるようにしておきましょう。こんな感じです。


 


生牡蠣には、レモンを絞って食べたりするでしょ。それは、牡蠣とレモンの酸味の相性がいいからなんだ。シャブリはね、ブルゴーニュ最北の石灰質の土壌で作られるシャルドネから作る、酸味が強い、辛口ワインなんだ。


だから、フランス人は、シャブリで、オイスターを流し込むんだ。そう、これは、私見だけれど、オイスターって、「喉越し」で味わうものだと思うんだ。オイスターをパクリとして、シャブリで流し込む、これが、オイスターの醍醐味だよね。だから、恥ずかしがらないで、大きなお口でパクリしよう。


 


 


3)壮観なオイスタープレート♪


 


まず、頼みたいのは、その日お勧めの「生牡蠣6種盛り」。


 



 


レモンを絞るのも良し。磯の香りを最大限に味わうために、そのままパクリも良し。どちらにちても、豪快に殻に残った汁も飲み干して、丸ごと味わうのが鉄則です。


彼女にも、「牡蠣の汁は、磯の香りを感じながら、音を立てて豪快に飲み干すのが旨いんだ。だから、上品ぶる必要はないんだよ」と言ってあげましょう。


 


さて、続きはまた明日お届けしますので、お楽しみに。


 


 


本日も、お忙しい中、メルマガをご一読頂き、ありがとうございました。


バックナンバーをご覧になる方は、下方のサムネイル「バックナンバーを読む」をクリックしてください。


 


津村浩介


”グルメデート専門コンサルタント”


 


 




 


■ホームページはこちら↓↓↓


23457_30723892_1492766100851819_4943604690244861952_n


http://www.tokyo-gourmet-date.com/


 







 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック