玉井かずみ

次なる時間帯へのカウントダウン

2020/2/19配信



皆様
こんばんは!


玉井かずみです。



 


次なる時間帯へのカウントダウン


 


ブログ更新しました。
http://pyxis-odyssey.com/2020/02/19/post-1390/

 

 


今日、太陽が魚座へ入りました。
2020年春分まであと1か月です。


占星学の世界では春分を起点に1年が始まります。
牡羊座~魚座までの12サインは成長の軌跡をたどる物語として繋がっています。


 


参照


黄道12宮の成長物語
http://pyxis-odyssey.com/2018/09/14/post-1058/


 


 



私達は人生を通して
このサイクルを繰り返し経験して、自分自身を成長させていくんでしょうね(^^)



タイミングよく
私自身も自分の日常の中で


1つのサイクルの終了
 ⇒次へのスタートの準備


という位置づけのように感じることが昨日ありましたのでシェアしたいと思います。


 


 



娘は毎月1回は定期検診へ通うのですが、昨日は特にドキドキしてしまう3か月に1回のCT&レントゲン検査のある定期検診でした。



前回(11月)、前々回(8月)の時は
私は自分自身に、自分が定期検査の結果を怖がっていることを感じさせないようにしてました。



自分の感情をほったらかしにしてたんですよね…。


よくよく思い出していくと、自分の感情を「感じないように」してきたケースが、あれもこれも、それも、そうだな…ということがたくさん湧き上がってきます。


感情を感じることを放棄している自分。
そこに気づいてしまいました。



でも、もうそこをほったらかしにせず、
ちゃんと自分自身の感情と付き合うということを始めようとして、
定期検診の前日は思いっきり「怖がり」ました。

そして検診当日。
11時台の診察予約だったのが、
病院のレントゲンの機器が新しくなったらしく、この日は撮影するのにも90分の待ち時間が…!
おかげで診療予約時間を90分過ぎてようやく診察室へ。


番号を呼ばれる前に、待合で午後予約だった私の短大時代の友人と息子くんと運よく鉢合わせ出来ました。(彼女の息子くんがまさかの同じ病気で同じ時期に同じ病院で入院)


彼女は息子君の入院中も
自分の感情に対してとても真摯に向き合っていて、心配や恐怖や悲しみを私に語ってくれていました。
私はそんな彼女のことを凄いなー、強いなーと感心していましたが、自分でそれは出来なかったです。



自分の持つ「怖い」という感情を味わってみたことで
その日にばったり会えたのか定かではありませんが、



この出来事は
魚座の領域をしっかり味わい尽くして、
感情をちゃんとすくい上げて
春分を迎え
次のサイクルへ繋げていこうよ
という気持ちにさせてくれました。


 


幸い、CT検査・レントゲン検査ともに
異常なし
で、一安心です。


 


 


魚座の領域を思っていたところ「ヘリクリサム」という精油がふっと浮かんできたので、
この1か月、ヘリクリサムを使ってセルフケアをしていこうかなと思っています。





ヘリクリサム


感情の滞りにアプローチ。
幼少時のトラウマ・執着心によって感情をブロックしがちな人に
固く閉ざされた心を解き放ち、オープンに、肯定的になるサポートをしてくれます。


第3チャクラに働きかけリラックスも促してくれます。
過剰なストレスや努力からの緊張を緩和させてくれます。









 


  


 


 


 



  

 


 



 


 


 


 


商品一覧 ショップを見る ▶


 



 


ご予約はこちらから ▶


 










 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 



Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック