月瞑想協会

【月瞑想だより】波動の高い人と波動の低い人

2020/2/20配信


21922_02


皆様


この瞑想があなたの人生を変える


月瞑想協会です。


20140_image



 


皆さま、こんにちは。





よく、波動が高い人と低い人、


波動が上がったとか波動が下がった、


等という表現を耳にすることがありませんか?





この世界では存在するもの全てについて


「波動」を持っている、と言われています。





波動とはエネルギーのようなもので、


その振動によって様々な周波数を持っています。





もちろん私達人間も持っていて、


それぞれの周波数があります。





周波数が同じ物同士が近くにいると共鳴しあい、


波長が近い人同士で集まる傾向があるそうです。





よく、気が合う人同士を「波長が合う」


と言ったりしますよね。





単に気が合う、ウマが合う、等の意味を


別の表現に言い換えている、というのではなく、


実際にお互いが持っている波の振動が合っている、


共鳴しあっている、という感じでしょうか。





例えば、いつも穏やかで笑顔を絶やさない人の周りには、


穏やかで笑顔を絶やさない人が集まっていたり、


逆にいつも不平不満ばかりを言っていて、


あまり表情が良くない人の周りには、


同じように不平不満ばかりを言っていて、


あまり表情が良くない人が集まっていたり・・・



 


どちらが波動が高い人たちで、


どちらが波動が低い人たちなのか、と言ったら・・・


もう、すぐにお分かりかと思います。





いつも穏やかで笑顔を絶やさず、


ポジティブな人の方が波動が高い人ですよね。





波動が高い人、ということは、


持っているエネルギーが高い人、とも言えます。





そういう人の近くにいると、自分もその影響を受けて


波動が高くなることがあります。





ただ、皆さんが今ちょっと元気がない、とか、


なかなか前向きになれない、といった状態の時は、


ポジティブな人の近くにいると、逆に辛かったり、


キツかったりすることがありませんか?





そういう時は、自分の波動が下がっている時とも


言えるので、無理して波動の高い人の近くにいると、


余計に辛くなったりすることがあるかと思います。


 


その場合は、無理せず、自分を休ませたり、


あえて一人でゆったり過ごす、ということも


大切ではないでしょうか。





波動は自分次第で上げることも下げることも


可能だと思います。





自分がどう在りたいか、またはどうなりたいか、


というところに繋がるのではないでしょうか。





それでは、また次回。






 


 



  

 


 



 


 



 


商品一覧 ショップを見る ▶


 













 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


Copyright (c) 2017-2018 月瞑想協会 All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック