鈴木 由美

正しく怖がる

2020/2/ 7配信


皆様


おはようございます。


「実」を生きて輝く


フレッシュ・キラリ


鈴木由美です。


 


立春を迎えたら


急に寒くなりました。


仙台初雪です!


なんてね。


雪らしい雪がやっと降りました。


直ぐ溶けちゃいますけど


 


新型のウイルス肺炎の影響が出始まりましたね。


昨日、松島に行きましたけど


観光客は、1/3ぐらいだったわ。


人だけじゃなく中国からの輸入もストップ


これからもしばらくは大変そうね。


 


 


昔々からウイルスや細菌との戦いを人類はしてきたのね。


一人一人の人間は弱いけど


ウイルスたちのDNAが変異して毒性の強いものが残るように


人間のDNAも変異するからちゃんと生き残るでしょう。


人類としては


 


DNAの変異っていつでも起こっていて


今ここに状況に対応できるようになってる。


すごいね。


 


この間のNHK特集でやっていた「お酒」


アルコールを飲んでも平気なのは


人間とチンパンジーなどの一部の猿類


地球の砂漠化が進んで人類絶滅の危機


その時にアルコール分解酵素を持った人間が急に出てきて


朽ちて自然発酵してる果物を食べられるようになって生き延びることが出来た。


 


だけど、米を食べるアジア系の人にはこの分解酵素が無いものも多い。


アジアではお酒に弱い方が優位だった方。


というのも、稲作をしてる湿地帯では細菌感染が生命の危機をもたらしていた。


アルコールを分解する途中で出来るアセトアルデヒドは猛毒。


アセトアルデヒドがその細菌の毒に打ち勝った


だから、お酒に弱い人の方が生き延びたという説があるらしい。


まさにアルコール消毒だわ。


 


現在は、DNAの変異の他に


科学の進化もあるから、もうじき治療薬が出来てくるでしょう。


そしたら、また安心して暮らせる人が増えるかな。


 


そもそも、不安は、自分の免疫力を低下させる。


まだ、ありもしないことを怖がっているよりも


人間の生命力に感謝して


のほほんと暮らす。


 


のほほんでいいのか( ´艸`)


 


そもそも、恐怖反応が出るのはどんな自分を持ってるからでしょうね?


そのうえで、逃げる時は逃げる。


必要な行動をする。


 


正しく怖がるってこういうこと?


 


 


ではまた


ごきげんよう


 


由美


 


 


 


☆自分を生きている人は元気です。
自分を生きるヒントは日常にいっぱい。
気づきのお手伝いしています。


→支援者教育コーチング 毎月限定お二人様で。
 来月相談開始分の無料オリエンターションは受付中
 ご希望の日時をこのメールに返信でお知らせください。



 


 


 


 


 


 


 


 



  

 


 


☆自分を生きている人は元気です。
自分を生きるヒントは日常にいっぱい。
気づきのお手伝いしています。


→支援者教育コーチング 毎月限定お二人様で。
 来月相談開始分の無料オリエンターションは受付中
 ご希望の日時をこのメールに返信でお知らせください。



 


 



実を生きて 輝くレッスン

















 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック