サカイ優佳子

【食を読む】古代ギリシャでは、食は哲学マターだった!?

2020/1/29配信


皆様、こんにちは。
 


食のサステナビリティ研究家
一般社団法人DRYandPEACE代表理事のサカイ優佳子です。

今年になって何冊か本を読んだ中で、「お!」と思ったのがこの一冊。
いま、なぜ食の思想か

いま、なぜ食の思想か

著者は19世紀ドイツの哲学者フォイエルバッハの研究者。
 


彼の「食とは、食べるところのものである」という言葉から、食の思想について考え始めたと言います。
 


 


和食のユネスコ無形文化遺産登録を考える


まずはこの部分で、引き込まれました。



  1. 登録の目的は、表向きは食文化の保護だが、実は原発事故によるダメージから抜け出すための経済効果を狙ったのではないか

  2. 国が個人の食の領域に介入するのはイデオロギー教育ではないか。

  3. 食育の場で、なぜ和食であるべきとする必要があるのか。

  4. 和食は日本人のアイデンティティを形成するというが、沖縄やアイヌをどう考えるのか。


などを指摘しています。

私自身、和食は大好きで、実際和食を作ることも多いですが、食育の場で家での食事を「和食」にするべきというのには、実は長年違和感を抱いてきました。

 


 


古代ギリシャの食の思想





ピタゴラスがベジタリアンの父と呼ばれるのは知っていましたが、ヒポクラテスもアリストテレスもプラトンもソクラテスも、食や料理のことについて語っているというのには驚きました。

古代ギリシャでは、食は哲学マターだったというのです。

世界初の食の哲学書は、プルタルコスの「食卓歓談集」。


食卓での会話に哲学はぴったり、という考え方。「共食」(と言っても男性だけですが)の場としてのギリシャ的宴会「シュンポシオン」では、いかに対話を楽しむかが重視され、この本では、その中でも食の場にふさわしい哲学的な話題について触れられているとのこと。
読んでみようと思いました。


食卓歓談集


その後、キリスト教によって、食の秩序化がなされ、さらにはフランス革命を契機に、王侯貴族のものだった美食が市民にも広がり(シェフたちが勤め先がなくなってレストランを開くようになった)、栄養思想をはじめとする食の科学的探求と、食の美学を追求するガストロノミーとが生まれます。

ガストロノミーといえば、日本では食べ歩きをはじめとする「グルメ」のイメージがありますが、食べることの喜びを肯定し、美味しさの秘密を探求し、料理技術による美味の創造的役割を評価する、食の美学ともいうべきものだと著者は言います。

 




ヒトラーのベジタリアニズム



 


ヒトラーはベジタリアンでした。
飢餓の時代を経て「食の公共化」を打ち出し、「コーシャ」を動物虐待とすることでユダヤ人の排斥につなげたり、料理はドイツ民族のためのものとするなど、食を政治に巧みに利用してきたという指摘を、非常に興味深く読みました。

 

また、マクロビオティックの提唱者として有名な桜澤如一が、当初ヒトラーの食の思想を礼賛していたということも、この本で初めて知りました(戦後に転向)。

 

さらに、トルストイの平和主義的で人間の平等を考えるベジタリアニズムや、ベジタリアンを絶対視せず、自然や他の生き物との共生を自覚し、非ベジタリアンを含む他者との対話を試みる宮沢賢治のあり方(「ビジテリアン大祭」)の紹介などもあり、読ませます。

 

 



いま、なぜ食の思想か



 


日本は、西洋の食の技術だけを取り入れて、その思想を取り入れてはこなかったと著者は言います。

そして、食の思想の歴史を振り返り、今日の食世界が抱えている問題について考えるべきときにきているのではないかと提案し、特に、食がイデオロギーに利用されないこと、また本来の意味でのガストロノミーの復権が大事であるとしています。

この本の視点はユニークで、食に興味がある人にはぜひお勧めしたい一冊です。

 



 



サカイ優佳子 個人講座のご案内

どんな講座があるの? この講座の内容は?などの質問にお答えする20分のネット無料相談のお申し込みはこちらからメッセージをお願いします。

<ネット開催>料理教室のお悩み相談会
2月は25日(火)9:00~、27日(木)14:30~&16:00~
https://www.reservestock.jp/page/consecutive_events/302

「食を読む」読書会 テーマは「食の病みつきの秘密」
3月は8日(日)10:00~12:00 横浜市緑区中山駅徒歩5分
https://www.reservestock.jp/page/event_series/50065






<DRYandPEACE 乾物関連講座のご案内>
自家製乾物づくりオンデマンド講座(何度でもご覧いただけるビデオ講座です)
こちらからご受講できます。


3月6日(金)14:00~16:00 参加費 5,500円(税込)
自家製乾物づくり講座in池袋
詳細はこちらから https://is.gd/HBllXu




 


ピックアップ!
この週末は、シェアReadingの会連続開催です。

2月1日(土)青山一丁目にて、「家庭備蓄について考える読書会的ワークショップ」
  詳細は→ https://www.reservestock.jp/page/event_series/50245

2月2日(日)横浜市緑区中山にて「食の病みつきの秘密を探る」
  詳細は→   https://www.reservestock.jp/page/event_series/50065




  

 


 




<DRYandPEACE 乾物関連講座のご案内>
自家製乾物づくりオンデマンド講座(何度でもご覧いただけるビデオ講座です)
こちらからご受講できます。


3月6日(金)14:00~16:00 参加費 5,500円(税込)
自家製乾物づくり講座in池袋
詳細はこちらから https://is.gd/HBllXu




 



イベント・セミナーのご案内



料理教室を始めたい方、料理教室を主催している方でもっと生徒さんにきてもらいたいと思っている方 料理教室の方針についてお悩みのある方など

18_zta4mjljmjiwmgiyn

12/27 東京都 <随時受付>60分個別相談 〜あなたならではの 料理教室を創る〜


 


料理教室を始めたい方、料理教室を主催している方でもっと生徒さんにきてもらいたいと思っている方 料理教室の方針についてお悩みのある方など

18_zta4mjljmjiwmgiyn

12/27 東京都 <随時受付>60分個別相談 〜あなたならではの料理教室を創る〜


 


料理教室を始めたい方、料理教室を主催している方でもっと生徒さんにきてもらいたいと思っている方、ご自身の料理教室の方針で悩んでいる方

12/27 東京都 <随時受付>90日伴走講座 〜あなたならではの料理教室を創る〜


 




 


 


商品一覧 ショップを見る ▶


 



シェアReadingの会 「食を読む」 in横浜市緑区中山


食の家庭備蓄について 知って備えるための 読書会的ワークショップ


未来を変える 料理教室を創る! グループセミナー







 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


©️サカイ優佳子
Powered by リザーブストック