若野さき

働かなくてもいいのに働く理由

2020/1/15配信



皆様


家庭をパワースポットに♪
若野さきです。



 


いつもメルマガをお読み下さっている方、
私の光を受け取ってくださってありがとございます
 
初めましての方、
これから、どうぞよろしくお願い致します


  
皆様が
妻も、母も、皆様自身も
最幸に生きるためのエッセンスを愛を込めてお届けします。
 
 
2weekメルマガレッスン
家庭をパワースポットに♪愛と冨の土台をつくる2weekレッスン
https://www.reservestock.jp/subscribe/111251/136693
とあわせてお読み頂くと、とっても効果的です。


働かなくてもいいのに、どうして働くの?


今日は一日フリーデー!
雨だし、美術館でも行きたいと思っていたら、
三郎、発熱。
 
 
ということで、雨の中、自転車で病院へ。
インフルは今のところ陰性でしたが、
熱が下がらないなら、夕方
もう一度来てねとのことでした。
ということで、本日2回目の病院へ行ってきます。 
 
  
ふだん、我が家は健康優良児揃いで
ありがたいですが、
そのぶん、薬を飲み慣れていないので、
処方された薬を飲ませるのは一苦労です。
  
 
  
さて、私こんなご質問を頂きました。


  




さきさんが
とても献身的にみなさんのサポートをされていますが、
実はここ数日拝見していて、なんで
そこまで世の中に奉仕する(働く)のか
本当に純粋に理解ができない状態になっていたんです。



なんでそこまでして働かないといけないの?
私は主婦として家族のために
集中するのが一番いいと感じているのに…。
どういう感覚なの…?
 





献身的に見えていたとは、
驚きだったんですけれど、
  
私はには、全く捧げている感覚はありません(笑)
ただ、言えるのは、注ぎたいから、注いでいる。
それだけです。 

  
 
注ぎたいところに注げるって、
本当に幸せなことだと思っています。

 
 
だって、大切な私のエネルギーは、
好きな人達に注ぎたいですから。
  
 
 
満たし調ったら、自然とあふれだす
だから、与えられる、そう体感しています。

 
 
ありがたいことに、現状、
夫のおかげで、私が働かなくても
男の子3人を子育てしながら暮らしていけます。
この先は分かりませんけれど、
どんな状況になっても、
夫と私で力を合わせれば、暮らしていけると
根拠のない自信があります。
 
私は、夫と私を信じているから。
 
 
そんな状況なのに、どうして、
私が世の中に奉仕する(働く)のか?

 
 
  
私にとって「働く」とは、2つポイントがあります。
 

1つめのポイントは、
「理想の世界をつくる」一助をすること。



私にとっての理想の世界は、
「日本中、世界中の人が生来の元氣でいられる世界」です。

その中で、私は、家庭というパートを担おうと決めて、
自分の家庭を育むし、
「家庭パワースポット」の活動もするし、
「プリザーブドフラワー」の活動もするし、
「ブルーオーシャン」でも活動しています。


端から見たら、もはや何屋か分からない状況かもしれませんが、
私の中では「生来の元氣でいられる世界」でちゃんと繋がっています。
そして、私も私の家庭もその理想の世界と繋がっています。

なぜ、子どもも小さいし、
家庭にだけ注力しておけばいいのに、働くのか?
についての質問の答えは
この実現させたい世界があるからです。

  
 
2つめのポイントは、
「あふれたものを注ぐ」ということ。


でないと意図せず奪ってしまうから。
そして注ぎ先は要厳選。
私は、「やると決めたら、やる!自分に嘘つかない」と
自分を追い詰める時があるので、
「エネルギー枯渇していないか確認しながら」
という但し書き付きですけど。

 
 






働くことについて、おたずねだったので、
以上のようにお答えしましたが、


何も誰しも、みんながみんな働かなくても
いいんじゃないかと私は思っています。


世界全体を扱うお役目の人も居れば、
ビジネスをするお役目の人も居れば、
その土台となる家庭を支えるお役目の人も居れば、
平和な世界の構成員として生きる人も居る、
どれも立派なお役目です。
 

世界全体を司るステージだから素晴らしいとか、
自分をよい状態にしておくだけではまだまだ、
というものでもないと思います。
 
自分が「理想の世界」のために
どんなお役目をしたいか?だけだと。
「家庭をととのえることに集中したい」
それも立派で素晴らしいこと。

  
 
  
経済的に女性も自立すべきだ!と考える人は、
そうすればいいけれど、
その呪縛を自分でかけるのって意味が無いと思います。

納得できる収入が得られない限り、
自分にダメ出しし続けるから。(←これ、以前の私)

 
パートナーと経済面でどんなパートナーシップを育みたいかによりますが、
オンラインサロンGarden of Infinity Happinessでお伝えしている
受け取り上手な愛され妻メソッド的には、
「家計のために私(妻)が働く!」
「夫と対等の稼ぎをしなければならない!」と、
妻が必死にがんばるのはちょっと違うかなと思っています。
 
 
なぜなら、男性にとって大切な存在意義を奪いかねないから。
  
結果、家計のために働き続ける私(妻)が続きます。
(ご本人がいいのならいいですけれど)
 
 
いざというときは、大丈夫、任せて!
と言える妻で居ることの方が
夫婦のエネルギー循環がスムーズであると考えています。

  
 
皆様にとって
理想の世界はどんな世界でしょうか?
その理想の世界にある
皆様のご家庭はどんなでしょうか?
その家庭で
皆様はどんなことをしていますか?
その中で、皆様にとって、
「働く」とはどういう意味でしょうか?


 

たっぷりエネルギーチャージして、
ご機嫌な気分で考えてみて下さいね♪

そして、世界で一つの皆様だけの答えを教えてくれたら、
とっても嬉しいです♡

  


家庭をパワースポットに♪


皆様の幸せの限度枠がどんどん広がっていきますように。


 


 




妻も母も私自身も最幸に楽しむ女性のためのオンラインサロン

Garden of Infinity Happiness





3か月個別サポートプラン

オンリーワンの幸せへ自分を導く 自分内観日記サポートプラン










個人オンライン相談 サービス開始しました!

豊かなパートナーシップを基盤に
自分らしい人生を生きたい方のための
50分個人オンラインセッションです。
  

*初めての方専用*50分個人オンライン相談 
https://resast.jp/page/reserve_form_week/26864?course=61974

*50分個人オンライン相談
https://resast.jp/page/reserve_form_week/26864?course=56980



ご予約はこちらから ▶


   



   


*************


アプリをご利用の方は「いいね♡」連打で
皆様の幸せの限度枠を広げてくださいね。


11以上押して頂くと、私のところにも
皆様の幸せの限度枠が広がったお知らせが
届きます。


また、このメールに返信する形で、
気軽にお返事してみてくださいね。
私、とっても喜びます。
頂いたメールには必ず拝見しています!



また、頂いたメッセージは
このメルマガでご紹介させていただきながら、
ご質問にも愛を持ってお答えしたいと思います。
  
 
返信は短くてもかまいません。
一文からでも大丈夫です。

皆様からのご返信をお待ちしております。


 
この一つの返信をするアクション、
これは、未来を変えていくためには欠かせない行動なんですよ。
受け取ったものを、自分を通して、また世に放つ。
これは愛やお金といった
目に見えないエネルギーを循環させるファーストステップ。
そして、行動した人だけが、未来を変えられる。
これは世の常♪
    
   


 



ぜひ、アプリでお読みいただき、
「いいね連打♡」
皆様の幸せの限度枠を広げてくださいね♪
(リザストアプリのインストールはメール下部からどうぞ)


 
リザストの「いいね」は
♡マークを押すんですけれど、
連打できる回数が未知数なんです。
 
  
通常11~12なんですけれど、
たまに突然20超えします。
マックスは30だそう。
今までの私が押した
「いいね」最高記録は「30」!
 


私は、おみくじみたいに押しています。
 
皆様もぜひ♪

アプリのダウンロードは
こちらからどうぞ。




 



このメルマガをご紹介いただける場合は、
こちらからお願いいたします。
https://resast.jp/subscribe/110996



バックナンバーはこちらから
 ↓
 


 


 


 



  

 









 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 



Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック