けいこ(徳光 佳子)

対人不安を緩和する対策と理論 ステキな恋愛がしたい 自分らしく生きたいあなたへ

2020/1/15配信


皆様


けいこ(徳光 佳子)です。


 



 





たくさんの人が恋人や配偶者ともっとステキな関係になれた『愛し愛され上手タイプ』診断
https://resast.jp/page/fast_answer/5672


『愛情という名の支配』~親と戦い自分を取り戻した10人の女性の物語~
https://resast.jp/subscribe/115429/144053





 


こんにちは、極寒の日本列島、いかがお過ごしですか?


 


いきなりですが


裏起毛タイツ、最強ですよね~。


極寒でもぽかぽか、感謝です。


 


ところで、生きづらさって色々ありますが、一つは、対人不安ですよね?


 


対人不安が10→5くらいになれば、生きづらさはかなり軽減されるんです。


そのコツについてお話します。



対人不安の緩和は、人に甘え頼る練習から


対処法は、親以外にに甘えられる人を探し、小さな練習を積むことなんです。


専門的な話をすると


親に十分甘えて、頼れて(依存)、ありのままの意思を受け入れられ、ダメな自分でも受容された経験(反依存)できた人は、


年齢とともに自然と、自立→相互信頼と進むのですが、


 


親が支離滅裂だったり、過干渉、支配的、依存症、共依存的など、毒親的だと、子供は人=意味不明、危険→対人不安になります。


 


なので、対策としては、そこ(依存と反依存)をやり直さないといけないんですね。


 


というのも、発達の段階は飛び越えられないからです。


 


人間の発達段階は50歳くらいまでで8段階ありますが、依存と反依存、というのは、その1番目と2番目、なんですね。


 


 


ですから、精神的に自立したい、ステキな恋愛がしたい、愛情深い家庭を築きたい、自分らしい人生を歩みたいなら、


 


大人になってからでも、人に頼れた!甘えられた!体験をする必要があります


 



具体的には、頼れそうな人に、小さな頼みごとを人にしてみる、思い切って悩みを相談してみる、などです。


 


小さなことからでもいいんです。


 


一定期間。


 


 



ちょっと勇気がいりますよね?
けど、そのくらい勇気を出さないと、人に甘える練習ってできないんです。


 


ですが、傷つくことが怖い人は、始めからカウンセラーに頼るのがいいかと思います。



実際私も心理の専門家にかかることで窮地を脱しました。




私自身が心理カウンセラーになったのも彼らに救われた経験が大きいからです。


 


参考になれば幸いです。


 


対人不安の元凶は依存反依存が不十分だから。甘えられた!頼れた!経験が対人信頼につながる


 


 


 


 



  

 


 





たくさんの人が恋人や配偶者ともっとステキな関係になれた『愛し愛され上手タイプ』診断
https://resast.jp/page/fast_answer/5672


『愛情という名の支配』~親と戦い自分を取り戻した10人の女性の物語~
https://resast.jp/subscribe/115429/144053





 


 



 


ご予約はこちらから ▶


 


















 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 



Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック