伊藤 優一

1番の願いは知らない

2020/1/17配信


 


皆様


 


What is your ... ?


 


ゆういちです。(*‘ω‘ *)


 


1月17日


阪神淡路大震災から25年。


僕は、当時7歳。


僕自身はほとんど記憶はありませんが。


亡くなった6434名の皆さんや
大切な人を失った方々が安らかな一日でありますように。


 


========


 


 


2020年


表現するということ


吐き出すということ。


 


そういう場をもっておくと、つくるといいです。


 


 


2020年のメインテーマは


表現とか描く、なので。


 


 


転じて、自己表現とか


自分を生きることのはじまりみたいなイメージです。


 


 


僕自身


年末年始と体調が戻ってきたと思ったら
また崩れるような時間を個人的には過ごしていました。


ぼちぼち落ち着いてくるような気もしますが
焦らず、ひとつずつ進んでいこう、進めていこうと思います。


 


 


 


□天と地のハザマで人間。


 


基本的には、どんなことも当たり前のことなんですが。
いま、なにに 集中するかとか意識を置くか?で、
それが、どんな意味を持つかとかは変わるわけです。
同じようにみえても。


 


あなたは、天に近いですか?


あなたは、地に近いですか?


 


あなたの、天と地は繋がっていますか?


 


どっちがいいとかわるいじゃなくて
あなたは、どこにいますか?


そして、天のエネルギーと地のエネルギーをどう扱っていますか?


 


 


叶わない願いはなく


願い方を間違ってるか本当は願ってないか。


 


 


究極的には願い続ける(祈る)というのはひとつの手。
いや、意外とそれやり続けられる人いないからね。


願って(祈って)いるだけでは叶わないなんてことはなく
願って(祈って)いれば叶うと思います。


これは、色々と種も仕掛けもありますが・・・


まぁ、なんとなく察してください(笑)


 


 


 


□1番の願い


 


1番の願いはなんなのか?


ある意味それを見つけるサガスってのが


人生の醍醐味なのかもしえません。


 


 


どんな願いでもかなえた後は
しばらくすると虚無になると思います。
(言い過ぎ)


まぁ、いっぱい食べて満腹になっても
時間がたつとおなかが空いてくるように


 


それは、どんなに満たしても
満たされない感覚はまたやってくるということ。


 


 


そういう意味では、


1番の願いなんてものもないのかもしれません。


 


願うことと叶えることの連続の人生。


 


ただ、


願う事やその質や内容というものは変わってくるのかもしれません。


 


あなたの状況に応じて。


 


 


ここまでは先週くらいに書いていた内容
(すこし加筆修正しましたが)


 


 


 


□天橋立から籠神社


 


先週、籠神社(このじんじゃ)に行ってきました。
元伊勢と呼ばれる場所。


中々神聖な空気でいい場所でした。


 


まぁ、あまり下調べせずにいったので
また機会があればいきたいと思います。(*‘ω‘ *)


ひとつは秘伝の書を入手するのが目的だったので
無事に入手しました(*‘ω‘ *)
ないかなぁ、ともおもいましたがありまりました。


 


まさに


天と地が繋がるそんな場所でした。


陰と陽が合わさるような感じも。


 


滝に打たれるような
海の奥深くの深海にいるような


そんな感じでありながら


上昇していく気流に乗って
空を自由に漂うような感覚も。。。


 


まぁ、なかなか足を運ばないかもしれませんが
興味がある人は行ってみてください。


 


 


 


 


ここにいって元気いっぱいになったはずが
そのあとに、ぎっくり腰になり3日間寝込んでいました。


いや、今回は本当に動けなくて苦労しました、、、泣


いろんな夢をみたような
いろんなことが繋がったような


 


四柱推命レポートお申し込みいただいてる順に作成してます。
おもったより時間がかかっておりますが、
そろそろお送りしていけるかと思います。


もう少々お待ちくださいませ(*‘ω‘ *)


 


 


いつもありがとうございます。


ゆういち


 


 


 


 


p.s.


あの世とこの世


結局、同じなんじゃないかな?


って、最近は思います。


 


まぁ、同じようで少し違うかなとも思います。
あの世を生きているのかこの世を生きているのか?


いまここにいるのは
わたしなのか?だれなのか?


わたしは私だと思っていますが
わたしをわたしにするものはなんだろうか?


みたいなことを考えても仕方ないので


 


私はわたしを生きる


って単純なことをすればいいんだと思います。


 


 


誰かが死んでいくこと


誰かが生きていくこと


 


誰かがなくなること


誰かがうまれること


 


 


生と死は繰り返し
死と生は繋がっていて


 


 


繋がりの中で


本当の望みを探していくこと。


それを、みつけていくこと。


 


思ったより簡単で


おもったよりたんじゅんなこと


かもしれない。


 


 


目の前の人に感じることはあなただし


目の前の人が感じていることはその人のモノ


 


同じように感じることはなくても


それを、共有することはできて


 


 


ただ、出逢うということや関係があるということは


やはり、何か”縁”があるということで


 


いいこともわるいことも


どちらも”ご縁”で。


 


それを、どうするかは


わたし次第だし


あなた次第ということ。


 


 


街ですれ違う人も


今となりで笑っている人も


 


どこかであなたを思う人も


あなたが思うあの人も


 


 


そばにいてもいなくても。


 


あなたが、思うとそれだけで。


 


繋がる。


 


 


そういう世界は


やっぱりどこかにあって。


 


以心伝心じゃないけど


意思は疎通できていて


 


はじめても


何回目でも


何度だって


 


 


覚えていることと思いだすこと


忘れていくことと忘れようとすること


 


終わらせること


はじめること


 


 


晴れた日に空をみて


雨の日にはずぶ濡れになることも


 


 


 


2020年は急に動き出すということもあるかも?


もちろん、準備していればですが


なにもしてなくてはじまるってことではなくて


いままで、やってきたことが


急に動き出す


 


それは、


おもったほうにか


おもわぬほうにか


は、わかりませんが


 


ただ、言えることは


それはきっと


あなたが望む方へと繋がっている。


 


 


 


 



  

 


 



 



イベント・セミナーのご案内



自分の運勢の流れを知りたい

18_ogy5yzu2ntlmmjgwo

2/3新春!2020年四柱推命レポート!


 




 



契約サービスのご案内


ゆういち倶楽部







 


商品一覧 ショップを見る ▶


 













 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック