鈴木 由美

愛の鏡になる?

2020/1/ 7配信


皆様


おはようございます。


「実」を生きて輝く


フレッシュ・キラリ


鈴木由美です。


 


 


人は高い自己修正能力を持ってるって


目の当たりにした12月の仙台波動実技研修


言葉でもいい


「こうなってるよ」


指摘されると即、変化する。


 


 


 


健康相談の基本姿勢に


「愛の鏡になる」っていうのがあって


「傾聴」との違いが分からなかったのだけど


鏡に映すように自分に気づけたら


さっさと自分で修正する。


 


ワークの時に先生方に


「愛の鏡」のことを聞いてみた。


端的に


「感情で聞いちゃうからね」と答えられた。


はいと返事しつつ


分かったような


分からないような


 


 


相手の話を聞くときに求めれること


「傾聴」


 「積極的傾聴(Active Listening)」は、米国の心理学者でカウンセリングの大家であるカール・ロジャーズ(Carl Rogers)によって提唱されました。ロジャーズは、自らがカウンセリングを行った多くの事例(クライエント)を分析し、カウンセリングが有効であった事例に共通していた、聴く側の3要素として「共感的理解」、「無条件の肯定的関心」、「自己一致」をあげ、これらの人間尊重の態度に基づくカウンセリングを提唱しました。


 


「共感的理解」


うんうん


分かる分かる


大変だったね。


 


「無条件の肯定的関心」


そうか、そう想ったんだね。


 


「自己一致」


私とあなたは一緒だよ。


 


 


 


という誤解。


 


 


そもそも日本人の傾聴と


米国人の傾聴は違うんじゃない。


 


国や文化によって


前提が違うから。


 


話し言葉で普段、省略してある主語は


「あなた」「みんな」か


「わたし」か


Iメッセージといわれているあれ。


そもそも、自分を持っているかどうかが違う。


 


自分が無い状態で傾聴したら


どんどん相手に同調し取り込まれる。


自分があって傾聴したら


鏡になれる。


 


という


単純なことかどうか


 


皆様は、どう想う?


 


 


レッツ 確認!


勉強勉強!


 


ではまた


ごきげんよう


 


由美


 


 


 


☆自分を生きている人は元気です。
自分を生きるヒントは日常にいっぱい。
気づきのお手伝いしています。


→支援者教育コーチング 毎月限定お二人様で。
 来月相談開始分の無料オリエンターションは受付中
 ご希望の日時をこのメールに返信でお知らせください。



 


 


 


 


 


 


 


 



  

 


 


☆自分を生きている人は元気です。
自分を生きるヒントは日常にいっぱい。
気づきのお手伝いしています。


→支援者教育コーチング 毎月限定お二人様で。
 来月相談開始分の無料オリエンターションは受付中
 ご希望の日時をこのメールに返信でお知らせください。



 


 



実を生きて 輝くレッスン

















 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 


Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック