安達 充

アーティストフォーラム2020についてのご案内(その1)

2020/1/ 6配信
皆様

ソングレターアーティスト安達充です。

正月休み明けの月曜日、今日から2020年の仕事を
始められた方も多いようですね。

そして今日は、「2020年最初の大安」。

そんなタイミングで、アーティストフォーラム2020に
ついての発表を先行でさせていただきます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆ アーティストフォーラム インフォメーション ◆◇◆
                 Vol.1 2020.1.6
 エントリー会は2/11(祝)、ライブ本番は6/28(日)に決定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2014年に、ソングレター10周年記念イベントとして
初めて開催した「アーティストフォーラム」。

音楽歴・ジャンルの違う7人のアーティストが、
それぞれステージに立つ理由を語り、
人生のテーマソングを歌うライブです。

たった一度、そこでしか味わえない感動があり、
一生かけて広く世界に発信していきたい、
まさに僕のライフワークだと思っています。



2014年、2015年、2016年、2017年、2018年と
5回にわたって開催し、合計30人が
アーティストフォーラムのステージに立ちました。

その中から6人がCDをリリースするまで活動が広がり
昨年の「15周年ライブ」ではそのメンバーを中心に
アーティストフォーラムのステージを再度創りました。

そして、年末には「安達充ナイト」という月1回の
定例イベントも始まり、過去出演者が毎月ゲスト
として再びステージに立つことが決まりました。



「一度きりのステージだからこそ感動が生まれる」
というのが立ち上げた当初の想いでしたが、

【アーティストフォーラムは出演して終わりじゃない。
そこから、その人の表現活動が花開いていく】

そんなことを実感する中で、今後の展開について
少し気持ちが変化してきました。



そしてこのたび、以下の3つのことを決めました。

=============================

1、規模よりも回数(出演人数)を追求します
2、対象を「アーティストとして活動したい人」に絞ります
3、表現について学べるスクールと連動させます

=============================

今日は、それぞれについてお伝えできればと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1、規模よりも回数(出演人数)を追求します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


アーティストフォーラムは、

2014年、2015年は100人規模のライブハウス
2016年、2017年は150人規模のホール
2018年は250人のホール、
2019年は350人のホールと

徐々に規模を拡大してきましたが、これからは
『規模よりも回数(出演人数)』を大事にしたいと
思っています。



毎年1回の開催であれば、5年間続けても
6人×5年=30人しか体験することができません。

でも、仮に年4回の開催に増やせば5年間で
6人×4回×5年=120人を輩出することができます。

これからは、この差にこだわっていきたいです。

(すぐにではありませんが、1回の出演人数も
今後は変えていくかもしれません)



一方で、年に数回あれだけの準備を要するイベントを
創り上げるのは大きなエネルギーが必要なため、
会場の規模は小さくコンパクトにしていく予定です。

今のところ、2016、2017に使用した
「シダックスカルチャーホール(渋谷)」
を第一候補としています。

https://www.shidax.co.jp/ssv/hall/culture_hall.html

100名以上入ることができるホールで、
ほどよく一体感もあり、照明や映像設備なども
整っている会場としては抜群!だと思っています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2、対象を「アーティストとして活動したい人」に絞ります
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今までは、「アーティストフォーラムでステージに
立つのは卒業」という人もいました。

「すべての人がアーティスト」が最終的に伝えたい
世界観なので、それで何の問題もありません。

でも、この世界観をもっと広げていくためには、
「アーティストフォーラムの世界観を体得し、
自らの持ち場で体現する人をもっと輩出する」
必要があるんじゃないかと。



そこで、今後の対象者は
『今後アーティストとして活動したい人』
に一旦絞っていきたいと考えています。

その人のテーマソングを通して、アーティスト
フォーラムの世界観に触れる人を増やしたい
からです。

※ただ、アーティストフォーラムが提唱する
 アーティストは「歌手」に限りません。
 役者でも、講師でも、ビジネスパーソンでも、
 自分のメッセージを音楽という芸を術として
 発信していれば、アーティストです。



アーティストフォーラムに出演すれば、

・ステージに立つ理由
(短時間で想いを伝えられるスピーチ)

・人生のテーマソング
(1曲で自分の人生に感動してもらえる歌)

・それをいつでも上映できるライブ映像
(出演者の曲はすべてYouTubeで公開中です)

の3つが手に入ります。



その人が歌の活動を続けていくとすれば、
10分間与えられたら「ステージに立つ理由」を
語り「人生のテーマソング」を歌えば一気に
ファンを作ることができます。

講師の方であれば、自分の講演のラスト部分で
ライブ動画を上映したり、自らテーマソングを
歌ったりするだけで、届けたいメッセージを
感動的に伝えることができます。

どのような活用かは人それぞれで構いませんが
アーティストフォーラム出演後も、
これらのものを活用し続けていく人にこそ、
優先的に機会を提供したいと思っています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3、表現について学べるスクールと連動させます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2020年、リアルの場とオンラインを使ったスクール
を立ち上げる予定です。

それは、今までの15年間で培ってきた
「表現についてのノウハウ」をすべて惜しみなく
公開するためのスクールです。

ボイストレーニング、作詞、作曲をはじめとして
ステージの創り方、アーティストのマインドなど
膨大なコンテンツがすでに体系化されています。



基本的に「アーティストフォーラム出演者には
ほぼすべてのコンテンツを提供」してきました。

でも、表現というのはどんな人にとっても関係
あるテーマですし、部分的に必要としている
人も多いのではないかと。

ならばそれを【必要な時期に、必要な部分だけ
必要な濃さで学べる】ような機会も提供したいと
思いました。



そのスクールはアーティストフォーラムを連動
させるので、アーティストフォーラム出演者は
同時にこのスクールのコンテンツもすべて受講
できるようにします。

(その権利もエントリー料に含む予定です)

一方で、スクールの希望者はオブザーバーとして
アーティストフォーラムのミーティングを見学
できるような「オープンな」プログラムにして
いこうと思っています。



せっかくスクール(学校)のような形でやるのなら
部活動を設けたり、文化祭や合唱祭のようなことを
やってみたりしたいなーとも思っています。

※実際、安達充のコンテンツの中には
 「ちょいガチ®カラオケ部」という部活動の
 ノリでやっているボイトレイベントもあるので。

一方的に講座を提供して学ぶだけの関係ではなく
オンラインサロンのように「一緒に何かを創る」
というコラボレーションがたくさん生まれるような
コミュニティにしていきたいと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4、アーティストフォーラム2020について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、そんな3つのことを踏まえて、いよいよ
アーティストフォーラム2020についての詳細を
発表したいと思います。

現在確定の2020年のアーティストフォーラムは

▼2月11日(祝)エントリー会

▼6月28日(日)ライブ本番
 ※会場はシダックスカルチャーホールです。

で決定したいと思います!



今後形が変わる可能性がありますが、こちらは
今まで通りのエントリー会で6人のメンバーに絞り、
約半年間のプログラムで一緒に人生のテーマソング
を作って行きます。

それについての詳細は、さすがにメールでは
お伝えしきれないので、毎年のように「体験会」を
開催しようと思いました。

が、、、せっかくなら「体験会」をするよりも、
アーティストフォーラムのプログラムの一部を
前倒しで体験してもらった方が良いと考えました。



そこで、毎年アーティストフォーラム参加者にのみ
公開していた『作詞1DAYワークショップ』を、
一般公開することにしました!

文字通り、初心者でもゼロから作詞の方法を学べる
ワークショップで、終了時には1つ作品がほぼ
完成する構成になっています。

内容としては、以下のようなものをお伝えします。


=============================

1.伝えたい想いを結晶化する
  「ワンメッセージワーク」

2.「神話の法則(ヒーローズジャーニー)」を
  応用した感情グラフの解説

3.順番を変えることで劇的に伝わり方が変わる
  「起承転結理論」

4.音楽の力で感動的に伝わることを体感
  「音楽の三要素ワーク」

=============================


正直これは、安達充のノウハウの中心部なので
今まではアーティストフォーラム出演者のみに
“門外不出”でお伝えしていた内容です。

ここで伝えている内容を応用すると、
「アーティストフォーラムの創り方」すら
すべて解説できてしまうというシロノモです。

でも、これを学べばブログの発信が変わったり、
プレゼンの反応が変わったりする内容なので、
今後立ち上げるスクールのプレ開講も兼ねて
一般公開したいと思います。


以下が詳細です。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 あなたのメッセージが感動的に伝わるようになる!
 作詞ノウハウを通して「心にひびく伝え方」を習得する
 1DAY作詞ワークショップ

【日程】1月25日(土)13:00~17:00 (第1回)
    2月 9日(日)13:00~17:00 (第2回)
    ※両方とも内容は同じです。
    ※希望者がいれば2月1日(土)にも開催します。

【場所】六本木シンフォニーサロン
    東京都港区六本木7-18-12 シーボンビュービル8階
    東京メトロ日比谷線六本木駅 2番出口より徒歩1分
    http://symphony-salon.com/
    ※場所は参加人数により変更する可能性があります。

【内容】以下の4つを学びながら、実際にその場で
    作詞体験をしてもらうワークショップです

 1.伝えたい想いを結晶化する
   「ワンメッセージワーク」
 2.「神話の法則(ヒーローズジャーニー)」を
   応用した感情グラフの解説
 3.順番を変えることでこんなにも伝わり方が変わる
   「起承転結理論」
 4.音楽の力で感動的に伝わることを体感
   「音楽の三要素ワーク」

【料金】33,000円(税込)

【補足】この講座の受講が、アーティストフォーラム2020
    エントリーのための条件となります。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


最後に書いていますが、アーティストフォーラム
2020のエントリーには「この講座の受講」を条件と
させてもらいます。

なぜならば、アーティストフォーラムの世界観を
創る上で必須のノウハウで、半年間のプログラムは
それを共通認識として積み重ねていくからです。

「日程的にどうしても参加できないけどアーティスト
フォーラムにはエントリーしたい」という方は、
オンラインで受講できるようにしたいと思います。

(オンライン受講であっても、参加料金は同額です)



詳細&お申込みはこちらから。

▼1/25(土) 作詞ノウハウを通して「心にひびく伝え方」を
 習得する作詞ワークショップ

 ⇒ https://resast.jp/events/403291/

▼2/9(日) 作詞ノウハウを通して「心にひびく伝え方」を
 習得する作詞ワークショップ

 ⇒ https://resast.jp/events/403297/



一気にお伝えしましたが、もっと詳細をお伝えしたい
こともあるので、2月11日のエントリー会まで
毎週月曜日にメールで続報をお知らせしたいと思います。

それでは、次は13日にお会いしましょう♪

皆様との共演、楽しみにしています!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ソングレターアーティスト安達充事務局 ◆
E-mail : ma@song-letter.jp
⇒安達充へのメッセージはadachi@song-letter.jpへ。
URL  : https://song-letter.jp/

★ソングレター15周年記念CD&パンフレット好評発売中!
https://www.song-letter.jp/15thcd/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。
メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。
メルマガ登録
プロフィール
イベントセミナー
個別予約
メルマガ/コンテンツ
ショップ
お問い合わせフォーム
お客様の声
特定商取引法に基づく表記
Twitter
Facebook
アメブロ
ホームページ
Copyright (c) 2010-2020 Mitsuru Adachi All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック