ふるむらあきえ

あなたが今「〇〇すべき」と思っていることを手放してみたらどうなるでしょう?

2020/1/ 6配信


皆様


あなただけの才能を活かす専門家


ふるむらあきえです。



今日も開封していただいてありがとうございます。


 


お正月休みが終わって


今日からお仕事・・という方も


多いかもしれませんね。


 


皆様はどんなお正月をお過ごしでしたか?


 


あなたにはこだわり、〇〇すべき・・ということはありますか?


突然ですが皆様がこだわっていることって


ありますか?


これだけは〇〇すべき・・ということはありますか?


または誰かに対して「〇〇なんだからやって当然」などと


思うことはありませんか?


 


 


 


「私が〇〇をするのは当たり前」


「あなたが〇〇をするのは当たり前」


「女だからこうすべき」


「子供だから〇〇をやるべき」


「夫だから〇〇してくれるのは絶対」


 


 


 


 


ヒューマンデザインで言えば


皆様のチャートの


エゴセンター(真ん中あたりの小さな三角のとこ)や


Gセンター(真ん中の黄色い四角のとこ)に


色があれば


方向性やこだわりはありますし


エゴセンターに色があれば


意思力があり、その分


〇〇すべきという言葉を


自分にも他人にも使いやすいかもしれません。



 


いかがですか?


 


これはそうだから悪い、良いということではなく


それを健康的に使えば、周りの役に立ちますし


不健康に使えば 周りに悪い影響を与えかねません。


 


そのことについて 


今回お正月で 私が感じたこと、聞いていただけますでしょうか?


 


意思力があるからこそ翻すのが大変でもある


私はご存知のようにすべてのセンターが色付き。


方向性やこだわりもあれば


意思力もあります。


一旦決めたことはやり抜ける意思もありますが


逆に言えば 一旦「こうだ。こうすべきだ」と


思ったことをひるがえすのが大変でもあるのです


 


 


私の今世での使命は「家族や仲間との絆」。


なので、特にそこの分野では乗り越えるべくハードルが


他の分野(仕事など)より多くやってきます。


 


(使命もヒューマンデザインのリーディングでわかります)


 


 


「家族だからこうあるべき」


「家族だからこうでないと」という観念が


人よりとても大きかったように思います。


 


 


例を挙げますね。(ちょっと笑えるかもしれません)


それは・・


 


「年越しの瞬間は 家族みんなで迎えるべき」


 


そんな思いが(密かに)ありました。


普段別々であっても、


年越しは一緒にいるのが家族だと。


 


 


 


そのためにたとえ紅白を見たくなくても


一緒に見て、カウントダウンも同様。


同じ番組を見て、その場に「一緒に」いるのが「当然」だと。


 


 


我が家は (ヒューマンデザインを知ってからは)


一緒に暮らしていても


ほとんどお互いの生活を束縛しない


自由な関係なのですが


どうもこういう節目だけは


「家族」でいなければ・・という


思いが私は拭えないものがありました。


 


おかしいですよね。


 


 


そんな私ですが、


 


今年は・・・


 


 


それぞれの部屋で年越しをしました。


 


 


それぞれが見たいテレビを見ながらの年越し。


私は一人でジャニーズ見てました❤️


次の朝まで おめでとうも言わずに。


 


どうだったと思いますか?


 


昨年までそれがとても寂しかったのに


なんとも今年はそれがとても心地よく


次の日に「あけましておめでとう」と


言いながら


「あのテレビは面白かった。」と


それぞれが楽しそうに話す姿は


なんとも心地よいものでした。


 


なんかどうでもいいことに


こだわっていたなあと


可笑しくなりました。


 


 


お互いの関係を知ると 尊重できる


ヒューマンデザインで家族のチャートを見ると


「なるべく一緒にいない方がいい」関係や


「一緒にいても問題のない」関係が


一目でわかります。


これは相性がいい悪いではなく


それが二人の自然なメカニズムなのです。


(こちらはパートナーシップを


聞きたい方にはお話ししています)


 


 


もちろん私は 前者。


「すれ違い」が理想。


(ヒューマンデザインでは、常識や多数決とは


全く関係のないそれぞれの理想の関係が科学的にわかるのです)


 


 


無理して相手に合わせるのではなく


お互いが 自立して


その瞬間を楽しみ


それを分かち合える。


これこそ 本当の「絆」なのかなと


ただの「年越し」の些細なことですが


感じたのです。


 


 


 


余談ですがヒューマンデザインの宇宙論では


2027年にかなりの価値観が変わると言われており


現在のような共同体的な関係(家族やコミュニティ)は


かなり形が変わると言われています。


 


家族や夫婦という形も


もしかしたら ずいぶん変わっていくような


気がします。


 


いつも一緒にいる夫婦の方が少なくなったり


するのかもしれないですね。


 


私が今回すんなりと受け入れられたのも


その流れなのかもしれません。


 


 


今回は


こんなこだわりが家族に無い方には


共感しにくい話だったかもしれませんが・・


皆様にもし「〇〇すべき、〇〇は絶対」と


思うようなことがあれば


それを一旦手放してみたら


何か新しい世界が見えるかもしれませんね。


 


 


 皆様には


「〇〇すべき」と思っていることはありませんか?


 


 


 


今日もお読みいただきありがとうございます。


寒い朝ですが


どうぞ心は暖かくお出かけくださいね。


 


マイダンジョンカード&ヒューマンデザイン初めてセッション

令和2年をあなたの才能を知って、それの活かし方を知り、あなたらしく生きていきませんか?

 


 


 


 



  

 


 







 


ご予約はこちらから ▶


 













 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 



あなただけの才能で、カンタンおうちサロン
Powered by リザーブストック