upendo Leo

ハナウタ交じりの日常生活

2019/12/20配信



皆様


Leo:hisayoこと佐々木”Leo"宣代です。



さてさて、クリスマス前に


upendoとしては


恒例になっている


すべてのイベントが終了しまして


ちょっとひと段落でございますが


明日は自分のステージが京都であります。


 


夕方、一人リハーサルをやっていまして


身体全体を伸ばしながらとか


upendoの中を歩き回りながらとか


とにかく身体を何かしら動かしながら


1時間ほど歌っておりました。


 


ほとんど毎日何かしら歌ってはいますが


自分のステージは自分の曲だし


やっぱりホッとしますね。


身体に馴染んでるのもあるだろうけど


馴染むまでに色んなアプローチもしてるから


ずっと成長し続けることができる、みたいな


感覚もあり。自分自身が歌うだけで本当に


全身満たされるような気持ちになるのは


自分の曲だなぁ。


「あぁ、私これでエェねんなぁ」って


いうような気持ちになります。


自己肯定感を得られる。


 


自分がハードロックから足を洗い 笑笑


オリジナル曲を演奏するようになったのは


元々がセルフセラピーみたいな意味合いも


結構あったと思うので。


 


だけどそんな自分を観に来てくれた人が


自分自身と重ね合わせたりシンクロしたり


して「感動」より「共感」みたいな感じで


支持をしてくれてなんやかんやで20年越し


で「Leoさん」をやってきてる。


 


upendoを始めた時もその「Leoさん」を


支持してくれてる人たちが最初来てくれて


今だに通ってくれている。


で、そこから広がったり、


思いもしなかった繋がりを築かせて


いただけたり。


 


15日にクリスマスパーティーを


開催したのですが、翌日はそんな風に


振り返っていました。


 


「今年もクリパできたなぁ」


「今年も発表会できたなぁ」


「今年もだんだんいい顔になっていく


人の様子がみれたなぁ」


「今年もそぎおとしの時に内緒話


たくさん聞けたなぁ 笑」


「叫び声もたくさん聞けたなぁ 笑」


 


ありがたいなぁ。


 


泣いたり笑ったり


「心身ともにデトックス」って


言ってもらえたり、、、


いっぱいいろんな感情を


感じさせてもらうことが


できたなぁって。


 


当たり前だけどみんな


何かをしながら生きていて


一つのことだけを


やっているわけじゃない。


 


お母さんだったり嫁だったり


娘だったり女だったり


乙女だったり


上司だったり部下だったり


 


「あれもこれもしやなあかん」


それはしんどいよねぇって感じですが


そういう時に自分の声を


身体に鳴らしたり響かせたり


すると私みたいに創って歌わなくとも


きっとセルフセラピーになりますよ。


 


どうせ歌は一部分だけを使って


歌うものではないのやから。


あれもこれもしながら鼻歌歌うのって


すごく良いと思うのですよね。


 


ぶっちゃけ、鼻歌の時って


ものすごいいい声だったりします。


「歌うぞ!」って気負ってないし


うまく歌おうともしないし。


 


クリパのダイジェストムービーを作ろうと


編集しながら映像を眺めていたら


「日常の中にこそその人その人の


声で歌える歌があるなぁ」


ってすごく感じました。


 


今年もあと僅か。


そぎおとしで全身運動を


心身のメンテナンスを兼ねてボイトレ。


ただ話したい、などなど。


自分なりの「鼻歌テンション」で


いいように私をご利用下さいね♪


 


ではまた来週!


 


 



 


 


 


 


 


 


 


 



  

 


 



 


 



 


ご予約はこちらから ▶


 








 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 









 


 



Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック