Mikasa

人生を変えた、ダライラマのハグ

2019/12/17配信


皆様


 


こんにちは、Mikasaです^^


 


早速、「美徳のアクション」のご報告をいただいています。


 


美徳のアクションは、


地球というプレイグラウンドでの魂磨き。


もともと持っている原石を、さらに磨いて輝かせ、


自分を高めながら、周りを照らし出す人が増えて、嬉しい限り。



背景は大量のクリスタルブッダ☆


 


この1ヶ月はカルマ、赦し、美徳と


インドと仏教の深い叡智から学ぶ


総決算クラスが目白押しでした。


 


ブッダの入滅日、


2月14日は常楽会が開かれる高野山へ。


(高野山リトリートは、冬至に送るメルマガを見逃さないでね!)


 


ブッダの誕生日4月8日には、


チベットのリンポチェに学び、


詩人でありパフォーマーの


梅野泉さんとのコラボ第2段があります! 


 


泉さんは介護で疲れきっていた時、


ダライラマのインタビュアーとしても活躍されていました。


 


突然、ダライラマ法王にハグされたことがあったそう。


 


個人的な話をしたわけじゃないのに、


お見通しだったのでしょう。


 


ダライラマは人々を尊重し、


その場に必要なことについて


隅々まで配慮し、意識的であり、


ハートから、つながりから、親切心から、ハグをした。


 


泉さん曰く、そのハグは、深い癒しをもたらし、


人生を変えるほどのインパクトがあったそう。


 


  


たった一つのハグ。


 


それは、


ダライラマという存在すべてを捧げた


親切行為=美徳のアクション 


  


完全に、自分や相手がどう思うかとか、


これをしたらどうなるだろうかとか、


そういうエゴを超えてすべてを差し出したことはありますか?


 


 


「親切でありなさい。それはいつだって可能なのだから。」


とは、ダライラマの言葉。


 


 


いつでも可能なはずなのに、それを止めているのは誰?なぜ?


結局、制限しているのは自分。


 


どれだけ考えたって、自分が何者かわからなくて当然。


自己超越したときに、本当の自分がわかるのだから。


 


無私の奉仕は、カルマ燃焼にも、魂磨きにも一番良い方法。


 


自分の知っている”自己”など、


魂のほんの一部だったと知るでしょう。


 


わたしはこれを10歳の時に、


リレーのバトンをつなごうと必死に走り


自己記録を大きく超えた友人を見て悟りました。


 


個人短距離走では、けがをかばってほどほどの記録でしたが、


チームプレーの時の彼女は神がかっていて、


文字通り光り輝いていたので、わたしの目は釘付けでした。


 


自分のことばかり考えて何かをするより、


全体の中で自分というものを発揮することが、


全てにとって良いことで、


かつ、自分の限界を超える最も容易で美しい方法だと知りました。


 


この「神になる」自己超越については、DNA3で扱います。


DNA3日程と場所は冬至にはオープンにできそうです。


2/22 以降 DNA レベル3


  


梅野 泉さんとのコラボ第2段、


様々な方がサポートで入ってくださることになりそう。


今対話を重ねているところです。


 


元素を感じて思い切り踊る予定ですが、


詳細告知は節分ごろになります。


日にちは、4月8日午後〜夜です。


お楽しみに! 


 


今日は「ダライラマのハグ」のライトランゲージを送ります。


 




 


 



 



 



イベント・セミナーのご案内




神のコードを目醒めさせたい方、人間のルーツに興味がある方、アトランティスなど前世界について、能力や才能を起動し拡大したい方、遺伝的・長期的パターンを超えて成長したい方

18_nzqxyta2ztc2mjfjy

2/22 以降 DNA レベル3


 


聖地で魔法を学び、実践したい方、魔法使いと旅をしたい方

9671_mtq0mmyzzjnmzgm0n

4/25目醒めよ魔法!英国リトリート


 




 


 


商品一覧 ショップを見る ▶


 








 


 


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 










 


 



  



 


 



 


 


Copyright (c) 2010-2019 Mikasa Kuroiwa. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック