城村典子

わがままを通すにはフィードバックが必要なのです。【城村典子・出版する 著者になるメルマガ】 自分のメルマガ x

2019/11/29配信
皆様




こんばんは
城村典子です。




~本の出版をする人のためのメールマガジン~
お届けします。





毎日、著者と話をします。

全然、初心者です! っていう方もいますし

だいぶ、情報を持っていらっしゃる方もいる。

一方、偏った情報を持って、間違っちゃう人もいる。



また、私は、出版社の顧問もしているので、

出版社側の引きこもごも事情や、その会社を通しての今の業界も見えます、



また、ここの出版社だけの付き合いではないので

各出版社の編集者と話をしていて、

本当に考え方がまちまちだなあーと

その出版社のやり方も、思想も考え方も違います。


で、私が、この記事で皆さんに言いたいのは、

だから、偏った情報ではなく、著者になることや


今の出版業界の状態を、俯瞰的に見て、自分はどうするかを

考えられるようになっていただけるといいなーって思うのです。



例えば、

「著者は、書店営業なんか言ったら怒られるよ」ってことも

正しい場合もあるし、間違ってる場合もある。

著者に書店に行ってもらっていいと思う出版社も

行かせないと言うルールにしているところもあります。



「出版社が投資してくれるのだから
 自分が2000冊は売らなくちゃ」って言う著者もいる一方

「なんで、自分が本を売らなくちゃいけないのか
 それは、出版社の仕事でしょう」って思ってる著者もいる。


こちらもどちらが正しいと言うこともありません。

市場競争の中で、当然、売ってくれる著者の方が

引き合いは多いでしょうし、

自分は販促しないと言う方針で、出版を目指すなら

それだけ、出版社が食いつく、企画にすると言うことになるかと思います。



「自分のわがままを通した、主体的な著者になる」

そんな著者になっていただくのが、私の理想です。



そのためには、「質の良いフィードバック」をたくさんもらうことが必要です。


たくさんもらってるうちに、自分の中の正しい答えが見つかります。




質のいいフィードバックというのは、

私の言葉で言うと、「多様な情報です」

多様性は、俯瞰の視点を生みます。



井の中の蛙の意見の視点が低いように

状況判断には、高い視点、客観性が必要になります。


私の意見は、私の私見もお伝えしますが、

どうしてそう言うのか、と言うのをなるべくお伝えして

著者が、「城村の判断だから」ではなく

「なぜその判断をするのかの理由がわかった状態」

を持ってもらおうと思っています。




私は、著者のわがままにはとことん付き合います。

わがままをいうと言うことは、自分でハードルをあげると言うことを

宣言しているわけです。

ハードルをあげると言うことは、挑戦すると言うこと。


いいことではありませんか!

私も、一緒にハードルが上がりますが(笑)

著者の方が挑戦するのだから、私も一緒に挑戦します。





自分の思いのこもった本が出したい!

売れる本を出したい!

本を出して有名になりたい!

わがままいっぱい言いましょう。

高いハードルを越えればいいのです。

超えた時には、実力が上がっているわけです。


ところが、一人で超えるのは大変です。

だから、フィードバックは必要なのです。

城村は、とことん付き合います。



こんなプランなんだけど、企画書のフィードバック

こんな文章を書いているんだけど、文章のフィードバック

受けてください。



■出版企画書フィードバックが欲しい! と言う方

 毎月あります、出版企画書グループコンサルにご参加ください

 参加費4000円で、出版企画書フィードバックが受けられる

 こんなお得なことはありません

グループコンサルティング(企画書締め切り12月8日)
12月12日(木)18時〜
https://www.reservestock.jp/events/382070





■そもそもの出版企画書が作れない! と言う方は

 1day 集中出版企画塾
12月7日(土) 12時〜
参加費 28000円
https://www.reservestock.jp/events/380913





■自分の文章のフィードバックが欲しい! と言う方は


 初月無料 文章サロン ふみサロに参加してフィードバックを受けてください

 月々2980円で、合評会参加、 グループコンサル含めたフィードバックは4980円

 仲間の作品を読んで、感想を伝えます。

お申し込みはこちら
https://community.camp-fire.jp/projects/view/163796

詳しくはこちら




■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■

出版に関心のある方をご紹介ください。

著者の才能が立ち上がり、
本の形になるのが私の喜びです。

いつでも、どんな方でも歓迎です。

このメールに返信でどうぞ



J.Discoverの賢い使い方肩について説明しています。
  ↓ ↓ ↓ ↓
http://jdiscover.jp/publish/kashikoi/


■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■













この記事をシェアする

https://smart.reservestock.jp/subscribe_form/mail_magazine/1202216?o=((customer_name_urlencode))



配信停止ご希望の方はお手数ではございますがこちらから解除をおねがいいたします。
https://resast.jp/page/ss/

メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。





☆イベントのお申し込みはこちらからどうぞ

12/7 東京都 編集者・城村典子の1day集中出版企画塾 1207

 ⇒ https://resast.jp/events/380913/



12/12 東京都 J.Discover 出版企画書 グループコンサルティング ~初めての方の参加も大歓迎!~

 ⇒ https://resast.jp/events/382070/



12/19J ディスカヴァー 忘年会・交流会 2019

 ⇒ https://resast.jp/events/382540/



1/16 東京都 編集者・城村典子との ランチ会

 ⇒ https://resast.jp/events/389762/



3/14 大阪府 出版社の企画会議直行1Day出版セミナー【大阪】0314

 ⇒ https://resast.jp/events/382612/






お問い合わせフォーム
⇒ https://www.reservestock.jp/inquiry/7999/







☆ バックナンバーはこちら
⇒ https://resast.jp/page/backnumbers/





アプリでメルマガを読むと

文字化け無し
必ず届く
プッシュでスマホに通知が行く
ほかのメールに埋もれない
アプリインストールしてメールアドレス設定するだけ、再度読者登録する必要はありません。
もちろん無料です
-----------------------------------------
アプリのインストールはこちらから
https://smart.reservestock.jp/menu/application_install_page
------------------------------------------


Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック