鈴木 由美

生きる力を高める呼吸法

2019/11/26配信


皆様


おはようございます。


「実」を生きて輝く


フレッシュ・キラリ


鈴木由美です。


 


生きる力を高めるには


呼吸が大事


呼吸して各細胞に酸素を届け


二酸化炭素を回収


栄養物、老廃物の交換


それだけじゃなくて


生命エネルギーの循環をしている。


 


正しく呼吸をすることで


宇宙の気を取り入れることが出来る。


 


宇宙は、根源といっていい。


自然



いろいろ言い換えられる。


 


お腹をポ~ンと膨らまして


肛門と下腹部をぐっと締めて


足の裏から吐き出す。


 


天頂と足の裏から


自分を守るためにたくさんの命の下が入ってきた。


お腹をぐっと固くすると


生命エネルギーが生まれる。


その新鮮な生命エネルギーを全身にくるくるくるくる回す。


足の裏から悪いもの出た~と吐き切る。


 


呼吸をしてる時は


今ここの自分に集中できる。


 


この呼吸をしつつ


体を動かせば


いつだって今ここ私


 


生命力に満ち溢れ


自分から良い気が発信


相手にもいいものが届いてる。


 


だから


24時間


この呼吸をすればいい


 


頭ではわかってる。


意識すればできる。


そして、いつの間にか


忘れてもどっている。


 


2週間意識したら出来ると言われた。


この2週間続けるがなかなか難しい。


そもそもトライ中だったということを忘れてしまう。


 


ただの忘れん坊なのか


抵抗勢力がいるからなのか


どこかに飛んで行ってしまうからなのか


飛んで行っていても


呼吸法さえしてれば大丈夫だよとも言われた。


 


やはり呼吸法を身に着けよう。


気が上に上がるのが予防できるだけでも


いいじゃない。


 


この呼吸法をやるといいことの再確認


可能性が実感出来たらどう?


 


例えば、呼吸法の前後で自分の顔色の変化を確認すると


全然違う。


ファンデーションいらないんじゃないっていうくらいに。


 


例えば


 


これができるから


相手にも自分にもいい触れ方ができる。


 


触れ方が出来るということは


コミュニケーションも同じこと


 


他にもあった。


自己波動で自分を癒す。


自分で自分を満たせる。


 


 


 


可能性が広がる波動実技研修は


その時のメンバーでも変わってくる。


どんな学びになるだろうなあ。


仙台は、12月21日(土)午前中です。


 


 


ではまた


ごきげんよう


 


由美


 


 


 


 


 



  

この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェアする


1198340?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200



☆自分を生きている人は元気です。
自分を生きるヒントは日常にいっぱい。
気づきのお手伝いしています。


→支援者教育コーチング 毎月限定お二人様で。
 来月相談開始分の無料オリエンターションは受付中
 ご希望の日時をこのメールに返信でお知らせください。



 



イベント・セミナーのご案内



人間や波動や潜在意識に興味がある方。ちょっと幸運の兆しが欲しい方

18_ogy0ymniyjq4zgrin

12/20 宮城県 アイシン波動先生方とおしゃべりランチ会 


 


元気にしたい相手がいる方。人に触れる仕事をしている方。呼吸法や波動を学びたい方。

6798_m2i1otqxmdi5zjk0z

12/21即役立つ!自分も相手も元気になる触れ方を学ぼう!


 


保健師、看護師、保育士、介護士等対人支援職の方、教育関係の方、子育て中・介護中の方、企業の人材育成担当の方

18_ogeymzrimdaxodeyz

12/21 宮城県 支援職のためのアイシン波動ワークショップ in 仙台


 




 



 


ご予約はこちらから ▶


 



実を生きて輝くレッスン












バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 










 


 



Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック