木村綾子
Okada01

冬は黒いものを食べよう~霜月朔日 Qookiだより~

2019/11/26配信


皆様


こんばんわ。


「週イチごはんを作ると自分が好きになる!」


お食事カウンセラーの木村綾子です。


~~明日11/27、新月を迎えるのは 00:06です~~


秋のメルマガの配信を終え、前回お知らせしたとおり今後は新月、満月の前日にそれぞれの季節の過ごし方のメールをお出しします。
昨年、隔日でお送りした内容のダイジェスト版となります。レシピも毎回載せようと思います。


わかりにくい部分もでてくるかもしれません><
その場合は遠慮なくご質問ください!
あなたがわかりにくいなあと思ったことは、他の方もわかりにくく思ってる可能性高いですから・・・ほんとに、遠慮せず^^


ということで、今日から1/25までの間の5回に渡って冬の過ごし方をお知らせします。
なるべくポイントをしぼってお伝えしますので、ぜひついてきてくださいね。


 


1.「冬」とはどういう季節か


これまでのメルマガの最初で、常に五行論にある季節ごとのキーワードをお話しましています。
秋ですと「燥」「肺」「大腸」「皮毛」「鼻」「悲」などでした。
冬は「寒」「腎」「膀胱」「骨髄」「耳」「恐」です。
一つずつ見ていきましょう。
まず「寒」。湿度の高かった夏から冬が深まるに連れ、乾燥が始まりました。冬はさらに温度も下がり、温度湿度ともに下がりきった季節です。
 「腎」は西洋医学でいう「腎臓」とはニアイコール程度です。冬は腎に負担がかかりやすい季節と考えられています。
また「腎」と同じく「膀胱」も冬に疲れやすい器官。どちらも水分摂取と関係の深い臓器です。
これらの臓器の異常は「骨髄」(骨、と考えて良いと思います)や「耳」に現れ、疲労が続くと「恐」の気持ちが強くなるとされています。


冬にどんなものを食べていくといいか?どんな味付けや調理方法がいいのか?などを具体的にお話ししましょう。


 


2.冬は黒いものを食べよう


冬に割り当てられている色は「黒」です。
青春、朱夏、白秋、なので「黒冬」?残念でした、「玄冬」です(笑)
「玄」は「黒い」という意味があるのです。白米に対して玄米といいますよね。


冬には黒い食べ物を食べることが健康に役立つとされています。
例えば黒豆、黒米、黒胡麻、きくらげ、海藻類(昆布、ひじき、のり)、ごぼう、なす、紫いもなど。紫=黒、とみなしているのがわかりますね。
果物ですとぶどう、ブルーベリー、プルーン、カシス、でしょうか(後述しますが、冬は果物は控えめにしたほうがいいので、「黒(紫)」の果物であっても多食は厳禁です!)
野菜の色はそれぞれ持っている栄養素と関係があります。
黒(紫)はアントシアニンに由来することが多いです。アントシアニンは有名なポリフェノールですね!


いろいろある「黒い野菜」の中で、冬のおすすめはごぼう。
ごぼうは食物繊維が豊富に含まれており大腸の働きを活性化し、発ガン物質その他を排出してくれます。また冬は寒いので濃い味になりがちです。東洋医学ではとりすぎた塩分を抑える味は「苦」なのですが、ごぼうはその「苦」に分類される野菜です。
冬に弱りやすい臓器は「腎」「膀胱」とお伝えしましたが、いずれも水分摂取に関わりの深い臓器。簡単に言うと水分のとりすぎに注意しなくては行けない季節なのですが、ごぼうは水分の少ない野菜の代表選手です。


その他冬に食べるといい野菜は切り干し大根を挙げます。豊富な食物繊維は大腸の働きを活性化し、便秘解消に役立つほか、発ガン物質その他有害物質の排出に役立つのはごぼうと一緒。またカルシウム、鉄分が豊富で体を温める作用もあるので貧血、冷え性など美容にも大変効果的な食材です。女性には嬉しい効能ですね。
ただ植物性の鉄分は動物性に比べると吸収率があまりよくないのが難点です。ビタミンCの食材と一緒に摂取すると吸収率がアップするのでレモン果汁や梅酢と合わせたサラダも作ってみてください。
マクロビオティックでは体内の古い脂を排出してくれる効果があると習います。切り干し大根というと煮物しか思い浮かべない人も多いようですが、いろいろな食べ方で楽しんでほしいと思っています。


 


 



ごぼうとひじきの梅煮



ごぼうだけ、ひじきだけ、でも「梅煮」はよく作ります。


どちらも「黒いもの」ということで冬の味覚ですね。


ごぼうはささがきでも千切りでも斜め薄切りでもいいですが、ひじきと合わせたので千切りにしました。


ごぼうの上に戻した長ひじきを乗せ、ひたひたの水でごぼうが柔らかくなるまで煮た後、美味しい味になるまで梅酢を入れ、醤油で味を整えます。


芽ひじきだったら戻さないで洗うだけでいいですよ。


常備菜として冷蔵庫で結構長持ちします。食べ終わった時煮汁があまったら更にひじきをたして煮汁なくなるまで作り続けます(笑)



 



◎オフ会企画
・中華街買い出しツアー。12/15に決定しました。15時頃集まって横浜の中華街で珍しい食材色々買って、18時頃ディナー突入。羊肉のお料理を頂く予定です。あおk4145。
・1/4、鎌倉の大根料理のお店に行きます。
10時くらいに集まって佐助稲荷(銭洗弁財天)に初詣、ランチして少し観光して解散、かな。ランチの後の予定は未定なので、こんなことしたい!がある方おっしゃってくださいね。参加表明はこのメールに返信ください♪


◎1月にキムチレッスン、2月に味噌教室行います。
キムチレッスンの申込は12/5から。詳細は以下をご覧くださいね。
手作りのキムチは市販のものより長く食べることができ、発酵が進んでも美味しいですよ♪



 



イベント・セミナーのご案内



キムチは好きだけど市販のものは何が入ってるか わからなくて買う気になれない ので手作りしたい人。手作り発酵食品で腸内環境を良くしたい人

1180_yjrizwfjodvhnmywm

1/5無添加キムチの作り方

 


キムチは好きだけど市販のものは何が入ってるか わからなくて買う気になれない ので手作りしたい人。手作り発酵食品で腸内環境を良くしたい人

1180_yjrizwfjodvhnmywm

1/13無添加キムチの作り方


 




 


 


 


 


 


 



■今回の記事はいかがだったでしょうか?
気づきや学びがあった時、感想や質問などいただけたらとても嬉しいです。
励みになります。(このメールにそのまま返信していただければ届きます)



★このような内容がお役にたてる方が皆様の周りにもしいたら、
ご紹介お願いできますか?ぜひよろしくお願いします。
(お名前とメールアドレスを私に教えていただくか、
申し込みフォーマット 
をお伝えいただければ嬉しいです)


 


■今回の記事はいかがだったでしょうか?
気づきや学びがあった時、感想や質問などいただけたらとても嬉しいです。
励みになります。(このメールにそのまま返信していただければ届きます)



★このような内容がお役にたてる方が皆様の周りにもしいたら、
ご紹介お願いできますか?ぜひよろしくお願いします。
(お名前とメールアドレスを私に教えていただくか、
申し込みフォーマット https://resast.jp/subscribe/92700
をお伝えいただければ嬉しいです)

★自分にあった食事法を知りたい、そしてそれを作れるようになりたい方、パーソナルレッスンを受けませんか。食事記録と問診票をもとに悩み解決に役立つ料理を教えます。日常の食事や生活習慣のアドバイス、メンタル面のカウンセリングも致します。。
ただいまモニター体験者募集中です。まずは一回お試しになりませんか?詳しくはこちらをごらんください。


♪セルフケアキッチンQooki は
お食事カウンセラーの木村綾子が
「食を通じて心の健康に貢献する」をミッションとして、渋谷区恵比寿で

◎食生活カウンセリング
◎プライベート料理レッスン
◎発酵食品教室


を行っているプライベートサロンです♪
https://blog.qooki-jp.net

自分に料理を作り、それをいただく。それは自分を大事にいたわり、愛する作業です。
周囲の人を大事にしたかったら、まずは自分を大事に愛することが必要です。
自炊は自分を幸せにする最強の手段です。
自分で自分の料理を作ることは、幸せになる近道です。


 



 


 


 


 


 


 


 


見出しのサンプル


 


 


囲み枠のサンプル

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。




 


 


 


 



  

この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェアする


1197034?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200




 








バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 










 


 


Okada01
Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック