遠藤 裕行

『東洋の聖人カード』 ~達磨~

2019/11/18配信


いつもお世話になっております。


遠藤 裕行です。


 


この秋に『東洋の聖人カード』を出版いたしました。


 


有難うございます。



『東洋の聖人カード』
https://www.amazon.co.jp/%E6%9D%B1%E6%B4%8B%E3%81%AE%E8%81%96%E4%BA%BA%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89-%E9%81%A0%E8%97%A4%E8%A3%95%E8%A1%8C/dp/4990802543


 


既にご購入されて


ご活用されている方もいらっしゃるでしょう。


 


基本は、ワンオラクル(1枚引き)です。


 


どんな質問にも回答がきますので、


是非とも、メッセージを受け取って頂きたいと思います。


 


まだの方も、この機会に是非どうぞ。


 


東洋の叡智のレジェンド達が、


最高のアドバイスを授けてくれます。


 


 


 


今回は、禅宗についてです。


 


禅宗の開祖は達磨。


 


達磨は、縁起物として親しまれている


ダルマのモデルです。


 


達磨が9年間座り続け


手足が腐ったという伝説により、


ダルマができました。


 


9年間座り続け、


手足が腐るなんて、


もはや常人のエピソードではありません。


 


それもその筈、常人ではないからです。


 


 


そんな達磨のもとに、


一人の修行僧が訪れ、


弟子入りを懇願しました。


 


しかし、達磨は断りました。


 


諦めきれなかった修行僧は、


左腕を切り落とし、差し出しました。


 


達磨は、弟子として受け入れました。


 


この修行僧は慧可(えか)。


 


慧可は二祖として、


正統な達磨の継承者となりました。


 


 


四祖が道信。


 


ある時、道信の前に、


弘忍(ぐにん)という者が現われました。


 


弘忍は霊能者で、


道信の噂を聞き、


霊能力勝負を挑んできたのでした。


 


弘忍は、秘術、忍術、妖術


あらゆる術を道信にかけましたが、


まったく効きません。


 


万策尽きた弘忍は、遂に観念しました。


 


そして、そんな道信に弟子入りを申し出ました。


 


しかし、道信は断りました。


それは弘忍が老齢だったからでした。


 


弘忍は考えました。


 


そこに女性が通りかかりました。


 


弘忍は、その女性に


宿を貸してくれるよう頼みました。


 


女性は、困っている弘忍の様子を見て


承諾してくれました。


 


その瞬間、弘忍の姿は消え、


その女性はやがて妊娠してしまいました。


 


弘忍は、その女性のお腹の中に入って


赤ちゃんに生まれ変わったのでした。


 


弘忍が子供へと成長していき、


母親と歩いている時、


道信と出会いました。


 


弘忍は何かを思い出したか、


道信に弟子入りを申し出、


道信も何かを感じ、


受け入れました。


 


五祖弘忍の誕生です。


 


 


五祖弘忍には大勢の弟子がいました。


 


もう老齢になり、


六祖を決めることになりました。


 


ここで六祖のための試験が出されました。


 


それは自分の境地を詠むということでした。


 


一番弟子の神秀が詠みました。


 


「身は是れ菩提樹 心は明鏡台の如し


時時に勤めて拂拭し 塵埃を有らしむること莫れ」


 


自分の境地がいかに清らかなのかを詠っています。


 


さすが一番弟子。


これで勝負ありか?


六祖は神秀か?


 


その時、おもむろに、


数ヶ月前に入門した無学文盲の慧能(えのう)が


詠いました。


 


「本来無一物 いずれの処にか塵埃を惹かん」


 


本来無一物、宇宙に塵も埃もない。


ただ人間がそう思うだけ。


本来無一物。


 


勝負あった!


 


弘忍は慧能を六祖に決め、


達磨から受け継いでいる衣と托鉢を渡しました。


 


そして、逃げるように言いました。


 


入門僅かで無学文盲の慧能を


弟子たちは認めず、


殺しに来ると思ったからです。


 


その後、弟子たちが慧能を追いかけますが、


慧能の話に感服し、


そのまま慧能の弟子になった者もいました。


 


 


 


神秀の方は、北伝の禅宗、


慧能の方は、南伝の禅宗、


それぞれに分かれていきましたが、


北伝の方は、滅びました。


 


南伝は、やがて臨済宗や曹洞宗などになってき、


日本に伝わってきました。


 


達磨の教えは慧能へと継承され、


慧能は日本の禅宗のルーツとなりました。


 


 



 


 


 


***************


『東洋の聖人カード』                          


・オラクルカードとしてのメッセージ


・占いカードとしての近未来予知


・お導きとしての御守


要クリック↓ (Amazon)


https://www.amazon.co.jp/%E6%9D%B1%E6%B4%8B%E3%81%AE%E8%81%96%E4%BA%BA%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89-%E9%81%A0%E8%97%A4%E8%A3%95%E8%A1%8C/dp/4990802543


 


 


『東洋の聖人カード・ワークショップ』


・東洋の聖人カード解説


・東洋の聖人カードワーク


2020年 1月25日(土)13時~16時


新宿または代々木近郊会場


詳細はこちら 要クリック↓


https://resast.jp/events/384059


 



  

この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェアする


1191699?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200




 



イベント・セミナーのご案内



東洋の聖人カードに興味のある方。2020年の運勢を占いたい方。

18_nmjjzmixnjeyyzgxz

1/25 東京都 「東洋の聖人カード」実践セミナー


 




 












バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 










 


 


Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック