Advaita Japan

【アドヴァイタ ジャパン】ニュースレター 2019年 11月 NEWS LETTER 2019.Nov.

2019/11/18配信


皆様


あらゆる存在の内にある愛という強力な存在を目覚めさせること


意識の覚醒をもたらす最も近い道のAdvaita Japanです。


4141_namaste_aruna_med


アルーナのニュースレター(Awakening Coach Newsletter)



 平和な人生とは、必ずしも困難のない人生ではありません。実際には困難とは、あなたの人生が正しい軌道に乗っている指標のひとつでもあるのです。あなたの人生(そして私の人生)で起こることは、感情が活性化され、感じられ、最終的に解放される機会を与えてくれます。このような機会がなければ、私たちの感情的なエネルギーは肉体に閉じ込められ、不快感と病気の原因になります。この落とし穴を回避する方法は、こういった感情が起きた時に、それをただ感じることです。「なぜなんだろう?」と思いを巡らせようとしてはいけません。感情に関連してマインドが生み出すストーリーについて考え始めると、感情的なループに巻き込まれる可能性があります。ひとの感情が思考を引き起こし、それらの思考がより多くの感情を引き起こすのです。


 ここ数ヶ月、私にとって人生はとても混沌としていました。私の通訳を務め非常勤のアシスタントでもあるスキップは、彼の本来の仕事のために海外へ出ていて、私は彼が戻ってくるまでの間を埋める別の通訳を見つけることかできませんでした。この難題に加えて、私の2冊目の本はすでに出版社のオフィスにあるのですが、翻訳者を見つけるところで行き詰まっています。


 今年は離れた場所で夫が働いていたことが多くあったので、エアコンなどの電化製品の故障、そしてふたつの大きな台風の襲来に、私自身で対処しなければなりませんでした。こうしたひとつひとつの事情や出来事は、多くの人にストレスを引き起こす可能性があります。私も例外ではありません。このようなことが一度に起こるとき、内なる平和が本当に試されていると言えます。


 今回も私の内なる平和が揺らぐことはなかったと言えることに感謝しています。それでも私のマインドは、どうやってこの「行き詰まり」から抜け出そうかしら、といまだに考えています。


 良いニュースもあります。物事が前進し始めていることです。夫はいま家にいますし、だめになった電化製品も少しずつ交換されていますし、私が主催するイベントも企画されているのです。嬉しいことに、日本語のウェブサイトの再作成、新しいブログの開始、ニュースレターの翻訳を手伝ってくれる古い友人が現れてくれました。ただ、彼女は九州に住んでいるのでサットサンに参加することはできません。


 昨日、英国の出版社から電話がありました。私の書いたものを読んでくれているそうです。私はエニアグラムだとタイプ6です。このタイプの傾向として、将来に何が起きるのかがわかっているという安心感を欲するのですが、そんな自分が私の中にもいます。でも、私のこの身体にできるのは「わからないことに身を任せる」ことだけのようです。


 皆さんや皆さんのお知り合いで、通訳兼アシスタントとして私をサポートするパートタイムの仕事ができる方がおられたら、どうぞ英語で私に連絡してください。無償(ボランティア)ではなく有償のお仕事です。また、私の2冊目の本の出版に日本語での理解とコミュニケーションが可能な翻訳者が必要で、これを引き受けてくれる方の募集もしています。この本はアドヴァイタの教えを私なりの解釈で説明するものです(こちらも有償のお仕事です)。


 


◆サットサン スケジュール◆


- 料金:お一人3,000円
- 時間:2:30pm - 4:45pm


〇11月23日(土)原町塾センター


 場  所:目黒区原町住区センター
 住  所:目黒区南一丁目8番9号
 最寄り駅:東急目黒線 洗足駅から徒歩10分
 電話番号:03-3725-0731
 場 所URL https://www.city.meguro.tokyo.jp/shisetsu/shisetsu/juku_center/hara.html
 申込みURL https://resast.jp/events/392013


〇12月6日(金)目黒区田道住区センター三田分室


 場  所:目黒区田道住区センター三田分室
 住  所:目黒区三田二丁目10番33号
 最寄り駅:JR・東急目黒線 目黒駅から徒歩7分
 電話番号:03-3791-7901
 場 所URL http://www.city.meguro.tokyo.jp/shisetsu/shisetsu/juku_center/mita.htm
 申込みURL https://resast.jp/events/392014


〇1月7日(火)目黒区東山住区センター


 場  所:目黒区東山住区センター
 住  所:目黒区東山二丁目24番30号
 最寄り駅:東急田園都市線 池尻大橋駅から徒歩7分
 電話番号:03-3715-1836
 場 所 URL 
     https://www.city.meguro.tokyo.jp/shisetsu/shisetsu/juku_center/higashi.html
 申込み URL https://resast.jp/events/392015


 


◆Wake Up Now ウェイク アップ ナウ ワークショップ◆


日     時:1月25日および26日、10:00am - 18:00pm
参 加 費:55,000円(税込)
場     所:東京都心(詳細はお申込み時受付時にお知らせします)
予 約 先:advaitajapan@gmail.com


※サットサン、ワークショップともに事前のご予約・申込みをお願いしております。


------


Aruna’s November 2019 Newsletter


A peaceful life is not necessarily challenge free. In fact, that is one of the indicators you are on the right track. What happens in your life, (and mine) provides us with opportunities for emotions to be activated, felt and eventually released. Without these opportunities, our emotional energies can become trapped in our physical bodies and be the cause of discomfort and/or dis-ease. The way to avoid this trap is to simply feel these emotions when they arise, without thinking about the story of “why” you are feeling them.  If we start thinking about a related mental story we can get caught in an emotional loop — where a single emotion triggers thoughts and those thoughts trigger more emotions.


Life has been very chaotic for me in the last few months. Skip, my interpreter and part-time assistant, has been traveling overseas for his full-time job, and I have not found another Japanese/English interpreter to fill in the gaps when he’s gone. In addition to this challenge, my 2nd book is stalled at  the publisher’s office waiting to be translated. Because my husband was working out of town a lot this year, and I had to cope by myself with the death of several appliances, a non-functioning air-conditioner, and two strong typhoons. Each of these circumstances can cause stress for most people, and I am no exception. When happening simultaneously, inner peace is surely tested.


I am grateful to be able to say that inner peace has not wavered, but my mind is still wondering how to break free of the “stuckness.”


The good news is: things are starting to move forward. My husband is home now, the dead appliances are gradually being replaced, and scheduling my events is still happening. An old friend has shown up to help with redoing my Japanese website, starting a new blog, and translating my Newsletters, but she lives in Kyushu, so attending my satsangs is not possible for her. Yesterday I had a call from an English publisher who is now reading my manuscript. My Enneagram type 6 programming still wants the security of knowing what the future will hold, but the only thing this body can do about that is “surrender to not knowing.”


If you or someone you know would like a part time job helping me as an interpreter/assistant, please have them contact me in English. This is a paid position. AND my 2nd book is still needing a Japanese translator capable of  understanding and communicating in Japanese,  my way of explaining the Advaita teachings (also a paid position).



 


 


 


 






この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェアする


1191657?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200




 


 


サットサン Satsang with Aruna







バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 










 


 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック