upendo Leo

セルフdeディスって。

2019/11/15配信



皆様


Leo:hisayoこと佐々木”Leo"宣代です。



先週出したメルマガ、


自分で読み返してたんですが


面白くなかったなぁ


となんかテンション下がり 


(一人で勝手にね 笑


特にそう思わなかった方は


どうもありがとうございます)


 


客観的に読んでいて


なんだか置いてきぼりにされたような


気分になり、もうコイツの文章読みたくない


とさえ思い、タイトルもわけわからんし


とかディスりまくって


一先ずコーヒーを淹れた


フライデーナイトでございます。


いかがお過ごしですか?


 


読んでいただいてるのに


発行元がこんなで、


本当に申し訳ないのですが


時々、こういうことがあります。


 


メルマガだけじゃなくて


「あぁ、私、イケてないなぁ」


「なんか暴走してる」


「何言ってるのかわからない」


っていう感じです。


 


一生懸命になりすぎた時に


だいたいそうなってしまう。


何か視野が狭くなる。


一生懸命だけではあかんなぁと


思うわけです。


 


文章なら読んでもらう側


音楽なら聴いてもらう側


舞台なら観てもらう側


 


好きだけでもあかんし、


頑張ってるだけでもあかんし。


 


っていうことを先週は


自分のみっともない


色恋沙汰を通して書いてみようと


思ったのでした。


 


でもそこまで表現できず。


 


自分が好きなように感じたまま


表現しまくって良いのは


「趣味」や「嗜好」をやっている時。


発信とはそういうことではないぞ、


もう一人の自分が心の中で


私に言っております。


 


さて、私においては今は英語学習が


自分の日々の習慣になっていて、


英語学習っていうか英語での


コミュニケーションやね。


 


文化の違いから起こる


感情の表現が面白い。


感覚的なアンテナ、感度良好。


常に表現する側の私としては


非常に楽しく、良い潤滑油なのです。


 


だから無理に頑張って


習慣化されたわけではなく


習慣化したら


 


「日々がより楽しくなった」


「不安定なものが安定してきた」


て思えるのが理想的だと思う。


 


で、付け加えて


習慣化って仕事で絶対に必要とか


生きていく上で絶対に必要とか


思えないと、なかなか身につかない


ことだと私は思っています。


 


だけどそこから得るものは


計り知れなくて、その部分だけに作用


されるのではないから。


そこを予測できるようなことは


続けていくべきだと思う。


 


で、先週のお話になりますが


詐欺師の彼がきっかけで


逆に英語を「楽しみたい」って


思うようになりました。


 


複雑な英作文の


やりとりで疲れ切っていたので


シンプルで簡単でリズミカルな


英語に触れたくて


「あぁ、そうやったそうやった


元々英語のリズムが好きやってん」


と思い出し、挨拶ばっかり


交わすような日々に変えたのです。


(ランゲージエクスチェンジの


サイトに登録した)


 


で、挨拶ばっかり交わしてて


ネットを通して色んな国の人に


自分の歌を聴いてもらったり


好きな食べ物の話とか映画の話とか


してたらカメルーン人と


付き合うことになってた。


(本当はもっと色々なやりとりが


あってのことですが端折ります)


 


さて、来週はそこから変化してきた


自分の声と身体と心のお話。


あ、習慣化したことによって


変化してきたことであって、


カメルーンの彼のおかげで変化した


とかいうような色気の話では


ありませんので、あしからず 笑


 


ではまた来週。


 



 


 


 



  

この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェアする


1189068?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200




 


 



 


ご予約はこちらから ▶


 








バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 










 


 



Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック