浜田義之

【029】あなたの魂の最高の悦び

2019/11/15配信


こんにちは「あなたの魂のありのままの悦びを目覚めに導くガイド」の
マスターこと浜田義之です。



 


わたしたちの誰もが幸せな人生を送りたい、
より幸せな人生を実現したいと思っていますよね。


 


わたしたちにとって最高の幸せってなんでしょう?


 


今日のお話は、シンプルだけど
とてつもなく奥深い知恵のお話をお送りします。


 


───────────────────────────


【あなたの魂の最高の悦び】


───────────────────────────


 


悟り、目覚めの世界の話題で「至福」という言葉がありますよね。


 


「至福」とはいったいなんでしょう?


 


わたしたちの多くが、より幸せになりたいと思い、
「願望を叶えたい」と考えます。


 


願望がかなうことで、わたしたちは幸せになれると考えます。


 


ところが覚者、賢者たちは「幸せは幸せな人に引き寄せられる」と言います。


 


わたしたちは幸せになるために願望を叶えようとしますが、
覚者、賢者たちは、「幸せは幸せな人に引き寄せられる」と言うのです。


 


さて、悟り、目覚めの世界において「至福」という言葉がありますが、
わたしたちが普段「幸せ」「幸福」と呼ぶものと、
「至福」とは実はちがいます。


 


わたしたちの多くが幸せと呼ぶものは、
願望が実現したり、人から褒められたりしたときに、
得られる感情のことです。


 


願望がかなったり、人から賞賛されたとき、
脳内で幸福を感じる物質が分泌されます。


 


そうしてわたしたちは幸福感を感じます。


 


ですが脳内物質は、出続けるわけではありません。


 


ですので願望が実現したり、人から賞賛されたことで得た喜びは、
脳内物質の分泌が終わると、なくなるのです。


 


ですがわたしたちの多くは、そんなことを意識していません。


 


そこで「あのときの幸福感をまた味わいたい」と思い、
願望を達成したり、人から賞賛されたいとまた考えるのです。


 


ですが求めているのは、脳内物質による幸福感です。


 


ちょっとシビアな話になってしまいますが、
言ってみれば、脳内物質に依存している状態が、
わたしたちの多くの状態なわけです。


 


脳内物質の快感を得るために、なにかを求め続ける。


 


これがわたしたちの大多数の状態なんですね。


 


さて、対する「至福」とはなんでしょう?


 


あなたは大好きなことを没頭してやっているとき、
【ゾーン】に入っているかのような経験をしたことがありませんか?


 


夢中でダンスしているとき、音楽に浸りきっているとき、
絵や文章を夢中で書いているとき、
大勢の前で話しているとき、


 


茶道の美しい所作と一体になっているとき、


 


武道の礼儀作法の型と一体になっているとき、


 


料理を作ることを楽しんでいるとき、
登山を楽しんでいるとき、
クルマのドライブを楽しんでいるとき、


 


ゾーンに入って、あたかも自分を超えた大きな何かが、
自分を動かしているような、自分であって自分でないかのような体験。


 


そんな体験をしたことが、あなたにもあることでしょう。


 


そのとき、えもいわれぬ悦びに溢れるのを感じますよね。


 


あれが「至福」なのです。


 


そしてあの「自分であって自分でないようなゾーンに入った状態」が
【あるがままの本来のあなた】なのです。


 


わたしたちは考え事をしたり、
悩んだり、凹んだり、腹を立てたりする、
普段の状態を自分だと思い込んでいます。


 


そうしてゾーンに入っているときは、
特殊な意識状態だと思い込んでいます。


 


ですがそうではないのです。


 


ゾーンに入って、自分であって自分ではない、
大きな何かが自分を動かしているかのような状態、
あれこそが無我であり、あるがままの本来の自分なのです。


 


そしてそれこそが「至福」なんですね。


 


「至福」とはあるがままの自分であることそのものです。


 


「至福」は願望がかなうことや、人から賞賛されることなどの、
「外のなにか」に幸福感を求める必要がありません。


 


本来のあるがままの自分でいることが、最高の魂の悦びなのです。


 


バシャールをはじめ賢者たちがワクワクすることをしなさい
というのは、このことなのです。


 


至福でいるとき、最高の悦びが、
悦びと喜びの展開をあなたに引き寄せます。


 


幸せな人が幸せを引き寄せるといわれるのは、
こういうことなのです。


 


どんなときゾーンに入るのか、
それは人それぞに異なります。


 


ある人はダンスであり、ある人は絵を描くことであり、
ある人はただ風を感じることであり、
ある人は旅を楽しむことや、人と話すことであり、
ある人は一人でいること(自分自身といること)が、ゾーンなのです。


 


人それぞれにちがうのです。


 


あなたの本当の幸せは、
あなたが本来のあなた自身でいることで実現します。


 


あなたがゾーンに入るときは、どんなときでしょう?


 


今度ゾーンに入ったとき、
なにがきっかけになったか、注意深く観察してみてください。


 


幸せを外の何かに求める生き方から、
幸せそのものであるあなたが、幸せを次々と実現する生き方へ、
大革命が起こることでしょう。


 


 


あなたの魂のワクワクを導き出す、マスターの個人セッション
 https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/26875


 



───────────────────────────
【今日のポイント】


・願望の実現や人からの賞賛を得るとき分泌される脳内物質により、
 わたしたちは幸福感を感じるが、分泌がやむと幸福感も冷める


・わたしたちの多くが脳内物質に依存しながら、
 気づかずに外の何かを求め続けてきた


・ゾーンに入った無我の状態が至福であり、あるがままの本来の自分


・あるがままの自分でいることが、最高の悦び


・自分がどんなときにゾーンに入るのかを観察する
───────────────────────────



 




  

この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェアする


1188023?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200




 



マスターのセッションのご予約はこちらから ▶


 








バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 










 


 



Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック