鈴木 由美

返事が来ないのは、やっぱり自分の状態だった。

2019/11/ 5配信


皆様


おはようございます。


「実」を生きて輝く


フレッシュ・キラリ


鈴木由美です。


 


 


今朝、胃が痛くて起きました。


食べ過ぎ?


 


確かに腹いっぱいはらこめし食べたけど


今頃痛くなるはずはない。


 


お腹に手を当てて考えた。


「ここって何のサインだっけ?」


 


 


 


 


胃は、権力・支配と犠牲


 


そこに反応が出たということは?


 


 


権力と支配と犠牲を嫌っているということ


受け容れられない


 


自分がそれをしてることも


それをされることも


 


 


支配は相手に役割を配っていくってことだから


何も負のイメージでとらえることもないのだけど


 


権力


支配


犠牲


 


特に「犠牲」っていう言葉は思い出せなかった。


波動のノートを見直しました。


 


自覚できないから


反応が体に出た。


 


気づいたら


簡単


受け容れて


感謝して時を待つ。


やることはやったし


これからもやるし


 


 


そもそも「怒り」で生きてきた自分だから


そこが反応するのね。


相手も同じ課題もってるから反応して


波動は波の性質だから増幅して


マイナスで回してる。


っていうことが潜在意識の中で起きたのかな。


 


 


それにしても


ここは何でも何度もやらかしてるところです。


魂レベルに刻まれてる部分なのかな。


 


そして、光の時代に入ったから


魂レベルに刻まれてる思い込みも外せる!


 


 


支援する仕事してるとつい


犠牲をやり、いつの間にか反転して支配モードになる。


なんでそうなるのか?


 


そこが分かれば


自分と同じことで悩んでる人に伝えることが出来る。


分からないことは口先の情報でしかない。


腑に落ちたことしか相手に伝わらない。


 


 


 


と書きつつ


あ~、胃が痛い。


からだが抵抗してます



私は見ます。やりますよ。


 


 


ではまた


ごきげんよう


 


由美


 


 


(付則)


と決めたら


宇宙一の女王様だもの


支配権力大好きじゃないの


それを好きな自分じゃ、人としてまずいって


自分嫌ったんじゃない?


 


そこまで気づいてお腹は楽になった。


けどね。


その先、もっと奥深くにある自分


わかったら


この歯ぎしりも終わるかな。


 


人間の奥深さを自分を材料に探求できるって


人間ってすごいね。


しかも、いいタイミングで


 


 


んでね(^_-)-☆


また明日!


 


 


 


 


 


 


 


 



  

この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェアする


1178895?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200



☆自分を生きている人は元気です。
自分を生きるヒントは日常にいっぱい。
気づきのお手伝いしています。


→支援者教育コーチング 毎月限定お二人様で。
 来月相談開始分の無料オリエンターションは受付中
 ご希望の日時をこのメールに返信でお知らせください。



 



イベント・セミナーのご案内



人間や波動や潜在意識に興味がある方。ちょっと幸運の兆しが欲しい方

18_ogy0ymniyjq4zgrin
12/20 宮城県 アイシン波動先生方とおしゃべりランチ会 


 


元気にしたい相手がいる方。人に触れる仕事をしている方。呼吸法や波動を学びたい方。

6798_m2i1otqxmdi5zjk0z
12/21即役立つ!自分も相手も元気になる触れ方を学ぼう!


 


保健師、看護師、保育士、介護士等対人支援職の方、教育関係の方、子育て中・介護中の方、企業の人材育成担当の方

18_ogeymzrimdaxodeyz
12/21 宮城県 支援職のためのアイシン波動ワークショップ in 仙台


 




 



 


ご予約はこちらから ▶


 


 実を生きて輝くレッスン


 支援者共育コーチング 無料オリエンテーションお問い合わせ




 お問い合わせフォーム





バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 










 


 



Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック