浜田義之

【025】空間が歪む話

2019/11/ 1配信


こんにちは、あなたを目覚めさせるガイドの
マスターこと浜田義之です。



 


空間が歪む


 


宇宙を扱った科学雑誌などに出てきそうなこの言葉、
実はわたしたちの日常の現実でも起こっているのをご存知ですか。


 


今日のお話はとてつもなく深い知恵のお話です。


 


楽しんで受け取ってください。


 


───────────────────────────
【空間が歪む話】
───────────────────────────


 


わたしがセミナー講師として活動を始めたところ、
ワークショップ中よく電子機器が故障するということが起こりました。


 


突然ノートパソコンがフリーズして、まったく動かなくなったり、
プロジェクターの電源が落ちてしまったり、


 


ストップウォッチが動かなくなったり、
おかしな数字が表記されたり、


 


そんな不思議なことがよく起こりました。


 


奇妙なことにワークショップが終わると、
また正常に動き出すのです。


 


わたしは当時、メンターにこのことについて
聞いてみたことがあります。


 


するとメンターも「ああ、僕も昔よくなったよ」
という返答が返ってきました。


 


とくに不思議だったのが、電子機器ではない、
ゼンマイ式の古いストップウォッチまで止まったこと。


 


そのときは「古いから油切れで止まったんだろう」と思いました。


 


ところがワークショップが終わってから、
ストップウォッチのボタンを押すと、また動き出すではないですか。


 


「えー!これもなの!?」とすごく驚いた覚えがあります。


 


もうかれこれ15年位前の話です。


 


いったいなにが起こっていたのでしょう?


 


実は普段、わたしたちの目には見えませんが、
」では何かが起こっているのです。


 


12年前のこと、わたしは先住民の儀式に参加したことがあります。


 


先住民のシャーマンが楽器を使ったり、歌を歌ったりしながら、
場(フィールド)を作り出し、そこで癒しや浄化、
変容を生み出すという、先住民の中で太古からあるという儀式でした。


 


シャーマンが場を作り出していくうち、
参加者は変性意識という特殊な意識状態を経験します。
(なにも起こらない人もいます)


 


わたしははじめ、なにも起こりませんでしたが、
数時間経った頃、ふと空間が歪みだしたことに気がつきました。


 


「あ、はじまった....」


 


座禅修行の中でもわたしは変性意識を経験したことがありましたが、
座禅のときとはまたちがう、それは不思議な経験でした。


 


儀式の場では参加者たちが円形に座って、瞑想をしていました。


 


西洋人、アジア人、白人、黒人、いろんな人たちが、
円形に座っていました。


 


そしてある瞬間です。


 


ふと気がつくと、部屋が竜巻のような渦に包まれていることに気がつきました。


 


円形に座った参加者たちに沿って、
竜巻はすさまじい勢いで渦巻いていたのです。


 


まるで洗濯機の中で渦を見ているような、
それはそれはすさまじい渦、竜巻でした。


 


「うわっ、すごっ....」


 


突然見え始めた強烈な光景に、
わたしは瞑想状態から目が覚めるような驚きを覚えました。


 


あまりの強烈な光景に、怖さを覚えるほどでした。


 


あれはいったいなんだったのでしょう??


 


わたしは専門家ではないので、量子場であるとか、
電磁場であるとかについて、あまりいい加減なことはいえないので、
専門的な言葉を使うのは避けておきますが、


 


わたしたちが普段、目で見ているものは、
網膜から入った電磁波を脳が視覚として処理したものだと言いますよね。


 


実はこの世界には、実際には物質は存在していないと言われています。


 


五感から入ってきた情報を「脳が処理」して、
あたかも目の前に物質が存在しているかのような
体験を(脳によって)していると言われています。


 


たとえば目の前にコーヒーカップがあったとします。


 


目で見ても、触ってみても、確かにカップはそこにあるんだけど、
実際にはカップは存在していなくて
脳があたかもカップが存在しているかのように、
処理、解釈しているに過ぎないのだと言いますよね。


 


前回のメルマガでもお話しましたが、
先日関西で行った目覚めのワークショップでは、
参加者の皆さんに「本当の自分(源、本質)」と繋がる体験をしてもらいました。


 


前回のメルマガはこちら
https://smart.reservestock.jp/subscribe_form/mail_magazine/1172987


 


すると繋がった瞬間、会場が静かで神聖な空間に一瞬で変わりました


 


参加者の皆さんは「空気が変わった!」と、とても驚かれました。


 


視覚的にはなにも起こっていません。


 


ですが明らかに場は変わりました。


 


目には見えませんでしたが、あのシャーマンの儀式のときのように、
場ではなにかが起こったのです。


 


通常の五感と脳では(周波数帯的に)キャッチできないけれど、
場ではなにかが起こっているのです。


 


 


さて、ここで「とてつもなく深い知恵」についてお伝えしますね


 


場とは「わたし(あなた)」のことです。


 


 


あなたが「誰で在るか」が、
その場でどんな現象が作り出されるのかを決定付けるのです。


 


ものすごく重要なことなので、もう一度書きますね。


 


「場」とは「あなた」そのもののことです。


 


そしてあなたが「誰で在るか」が、
その場でどんな現象が生まれるかを決定付けるのです。


 


これは賢者の最高峰の知恵のひとつです。


 


今はピンと来ない方もいらっしゃると思います。


 


今、ピンと来ない方は、どうか今は
無理にわからなくてもいいんだなということを知っておいてください。


 


今ピンと来ないことも、タイミングが来たとき、
圧縮ファイルが解凍されるように「ああ!このことだったのか!」と
腑に落ちますので「今は無理にわからなくていいんだな」ということを
知っておいてください


 


現象は「場」で起こります。


 


あなたが「誰で在るか」、あなたが「どんな場で在るか」が、
そこで生まれる現象を決定付けます


 


なにをするかではなく
あなたが誰で「在るか」が現象を創り出すのです。


 


11月15日の「プレゼンス」のワークショップは、
「場」「フィールド」をダイレクトの経験する「場」となります。


 


あなたの「在り方」が豊かなものに
変容する機会となれば本当に嬉しく思います。


 


現象は「場」で起こります。


 


そしてあなたが「現象が生まれる場」なのです。


 


この知恵がいずれ、あなたに深い気づきと変容をもたらし、
あなたとあなたの周りの人たちがあるがままの幸せを感じてくれたら、
こんな幸せなことはありません。


 


どうか、そのようになりますように。


 


◆11月15日東京「プレゼンス」非二元・覚醒のワークショップ
https://www.reservestock.jp/events/382615


 



───────────────────────────
【今日のポイント】


・現象は「場」で起こる



・あなたが「誰で在るか」が「場」で起こる現象を決定付けている
───────────────────────────



 



 



  

この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェアする


1176046?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200




 



◆マスターのイベント・セミナーのご案内



本当の自分に繋がりたい
本当の心の安らぎを思い出したい
心の底からの充実感を探していた

26875_zjliyty5ytbkntuwm
11/15プレゼンス~本当のあなたと繋がる マスターの目覚め・非二元 ワークショップ


 




 



 


【オンライン個人セッション】のご予約はこちらから ▶


 


 お問い合わせフォーム





バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 










 


 



Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by リザーブストック