安堂達也

台風の事情【幼稚園経営バイブル】

2019/11/ 1配信



((full_name))


こんにちは、安堂達也です。



子ども達を支える先生の笑顔を支えたい


そんな思いでこの仕事に取り組んでいます。
今日も先生のお役に立てると嬉しいです。


11月1日は、願書受付、そして入園選考日としている地域が多いですね。
先生のところはいかがでしょうか?


今日のテーマは、台風と運動会。
今回も日頃から感じていたことを書いてみました。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


受講受付中のセミナー情報◆  来年のために今からできる準備を


「幼稚園経営を見直す264のポイント」講座 


年末恒例の今年の振り返りと次年度対策セミナー、終日やります!


詳細とお申込みはこちらです → https://bit.ly/35FhN6R


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


安堂達也のYoutube情報◆ 職場の残業を減らす方法をお伝えします


第18回ムダに考える時間を減らす方法https://youtu.be/rgS7Q_Ak6rU


第19回中断ロスから集中力を守る方法https://youtu.be/zh4hgy3upCU


第20回通勤時間を活用する方法https://youtu.be/6KaQVV2GzW4


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


安堂達也の Kindle新刊情報


人格の鍛錬: 現場リーダーが伸ばすべきパーソナリティーの4つの機能


職場の人材育成に役立つ、プロとしての4つの心を育てるノウハウです


詳細とお申込みはこちらです → https://amzn.to/2PtMu94


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


台風と運動会を考える


今年は台風の影響、とりわけ19号の襲来時期が運動会と重なったことで、予定が流れて、その対応に対して少なからぬ幼稚園で保護者のクレームを招いてしまうという事態が発生しています。


今日は、こうした行事の開催に関する天変地異などによる延期ルールをどうしたらよいのか、ということについて考察します。考察の鍵を「対応」「会場」「時季」「意義」でみていきます。

すでに整っておられる園では、そんなの当たり前だと思われるばかりかもしれませんが、そうでない園もありますので、確認のつもりでご参照下さい。



◇1.日程について

通常の当日荒天の場合は翌日に順延で宜しかった訳ですが、台風直撃の場合は翌日も開催不可能なことが少なくないでしょう。こうした場合、翌週への順延を用意しておくことが必要です。

つまり、保護者へ予めお知らせする日程とは
①「開催日程(当初の予定)」
②「開催日荒天の場合の順延日
③「翌日不可能な場合の再順延日」の3日を伝えることになります。

これまで多くの園は①は土曜日、②は翌日の日曜日、③までを最初から提示する園は少なかったと思いますが、翌週の土曜日または日曜日が多いです。

これらの3つの日取りが予め伝えてあれば、今回の台風直撃の場合でも慌てることはないのですが、決めていない場合になまじ保護者の意向を伺いながら日程協議をしてしまうと、必ず不満やクレームが生じてしまいます。

ここで大切なことは「仕切りは園が行い、保護者に主導権を渡さない」ことです。
 


◇2.会場について

大抵は翌日の順延までは用意しますが、実際のところ3日目の会場確保までを、外部施設で開催している場合に予め手配しておくところは少ないと思われます。

しかし、今後ますますの世界の温暖化とそれに伴う亜熱帯化によって、台風の猛威が縮小される見込みはありませんから、事前の用心と具体的な準備、すなわち3日間の会場確保が必要になってきます。

ここで一つの思案としては、それだけ荒天リスクが上昇する時代に、いつまで屋外運動会を続ける意味があるのだろうか、ということです。

私も昭和世代ですので、屋外で運動会を行う爽快さを理解しています。しかし、今後の運動会場ははじめから屋内の体育館にするところが増えるのではないでしょうか。

よほど直撃の台風でない限り、屋内なら雨天での開催もできるのですから。



◇3.時季について


運動会の開催時期についても考えてみましょう。

働き方改革を職場で進めていきますと、残業時間の多さ、持ち帰りの負担感を解消するための見直しが必須になります。行事を見ていきますと、二学期の過密さが目に余ります。

台風が発生しやすい時季に、まだ運動会を続けるのか、という議論は起きてもいいのではないでしょうか。
三学期では寒くて到底屋外では不可能ということはあると思います。では、屋内開催にしてはどうか。

このように考えながら、運動会の開催時期を見直していくということも、見直しの要件の一つに加えておきましょう。


◇4.意義について

さて、最後に運動会とは何なのか。その意義や目的について考えてみましょう。


「子どもが真ん中」を標榜する幼稚園ですが、本当に子どもを中心に考えて運動会は開催されているのでしょうか。組体操、鼓笛隊、親子の昼食。どれも見直しが進んでいます。


それぞれに見直される理由があります。しかし、大本の意義として「本当にそれは子供のためにしているのか」を検証して欲しいと思います。

「見栄え」「親の評判」「やめると親がうるさい」「いままでやってきているから」「伝統だから」・・・。
高さを誇った組体操は姿を消していきました。まだ鼓笛をやっているところでも、行進演奏をやめたり曲数を減らしたり。昼食をやめて給食に変える園も増えています。

そもそも、見世物としての運動会に子どもの成長にとってどれだけの意義があるのでしょうか。

本来の毎日の積み上げた成果を発表する、運動の成果発表会や運動技能検定を保護者参観できる日としていくことで、見世物としての運動会前の詰め込み練習に園児も先生も追いつめられることはなくなるのではないでしょうか。



 


子どもも保護者も先生も、みんなが笑顔になれる幼児教育のあり方は、まだ考える余地があると思いませんか?



  

<今日の言葉>

小さい問題をなおざりにする人に、大きい問題を任せることはできない。

Albert einstein



 


★弊社運営サイト一覧

幼稚園研修ドットコム https://bit.ly/2LinITS

幼稚園経営ドットコム https://bit.ly/2K5lD1c

幼稚園元気塾ドットコム https://bit.ly/2I4wfLO

幼稚園経営バイブルTV(Youtube) https://bit.ly/2wJFQ45

安堂出版(amazon) https://amzn.to/2K7oHtM

幼稚園を宣伝する5つの方法 https://bit.ly/2wIlpo7

幼稚園パンフレット https://bit.ly/2WnkXGp


 


本日も最後までお読み頂きありがとうございました。


実は先日の「リクルート対策」セミナーで、うちのスタッフがとんでもないことをやらかしてしまいました。


 


明日はそんなお話と、皆様へのお詫びのビッグプレゼント(情報)をお届けします。

土曜日配信となりますが、ぜひメーラーを開いてご確認下さい。


それでは、素敵な週末をお過ごし下さい。

明日をお楽しみに!


 


 


追伸 幼稚園経営でお困りはございませんか?

その、ため息をなくすお手伝いができるかもしれません。


 お問い合わせフォーム


はお気軽にご利用ください。


バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 










 


 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック