秋田 真介

言靈 と 残心

2019/10/19配信



皆様


こんにちは。
∞ 太真道 ∞の秋田 真介です。
 
すっかり秋の気配も深まり、朝の布団の温もりが恋しい季節になりました。
庭では柿やカボスやいちじく、そしてバケツ栽培した稲と真菰の収穫も無事完了し豊かな実りの秋を感じています。


 
∞∞∞ ∞∞∞ ∞∞∞


さて昨日、大分市内の
素敵な八百屋「808 Yamaji」さんにて、
第二回「大麻と日本の叡智を知る」
の講和の機会をいただきました。
 
そこで多くの方に響いていただいた部分に 
「残心」のお話がありました。

「残心」ということばをご存知ですか?

武道、芸道、なにかしらの道を學んだ方は
耳にしたことがあるでしょう。

たとえば剣道。
見事な「面〜!」が入ったとしても
その後にガッツポーズをして「よっしゃー!」
となると一本になりません。
 
面を入れたあとにも氣を切らさずに
意識を保っていて初めて一本となるのです。
 
書道にしても払った後、点を打った後にも
「なにか」がそこにあります。
 
余韻、意識、フォロースルー
いろいろな説明があるのでしょうが、
日本人はその何かを「残心」
と表現してきました。
 
この「残心」が、現代日本人には
決定的に足りなくなっているのです。
 


言靈 と 残心

日本語のもうひとつの大きな特徴は
「一字一音の言の葉には、靈が宿っている」
ということを知っていることです。

「言霊の幸はふ國」です。

例えば「ありがとう」にしても、

「あ」「り」「が」「と」「う」

それぞれの言の葉に靈が宿り
そのエネルギーの繋がり
(連氣=つるぎ)をもって

「ありがとう」

の意を表すことができるのです。

昔のヤマトコトバの話すスピードは、
現代よりももっともっと遅かったといいます。

能楽や、祝詞など、古来より伝わる伝統の
発声方法にそれをみることができますね。

否、真実はスピードが遅いというよりも
一音一音の音を丁寧に丁寧に、
味わっているように感じます。


言霊のバイブレーションを
浸透させているように感じるのです。


現代でそのスピードでお話しすることは
なかなか難しいことと思いますが、
この、バイブレーションを味わい、
感じることはできます。

現代は「あざーす」「ちゃす」なんて
簡略した話し言葉に溢れています。

たまには改めて
「ありがとうございます。」
と、丁寧にその音の持つバイブレーションを
感じながら謝意を込めて伝えてみましょう。


そして、大事なのは、


残心にあり

です。


残心とは、上記に説明した通り
武道や芸道において、技を決めた後にも
意識を保っていることです。


 


 


私は、
普段の生活の中にある一挙手一投足においても
一連の行動が終わった後にも
その氣を巡らせていることと理解しています。


言葉に表すと、
「ありがとう」のあとに
「。」をつけることです。

句点です。
これも産靈=結びです。

「ありがとう。」と、結ぶことで

「ありがとう」の氣を完結させましょう。

そして、

この言霊をこの世に発現させた後も
「ありがとう」の氣を切らさず
そのバイブレーションが
私と相手との場に浸透するのを待ち
その感謝の氣が二人を包み込むのを感じます。

これこそが「残心」です。

今の人はせっかちですから
この「余韻を楽しむ」「浸透するのを待つ」
ことができず、次へ、先へ、と
思考が前のめりになって
「いまここ」との乖離を起こしています。

言う方も、言われる方もお互いが
この「残心」を保ち感じられる対話。

きっとこのときには
やはり目と目が合い、
心と心が結ばれているでしょう。
そのときにスピリットが宿ります。

その時に感じる幸福感を感じられていますか?

それは形式的なハグよりもずっとずっと
わたしとあなたの結びが強く
リアルなつながりを感じることでしょう。


ふだん何気なく発しているありがとうも、
このように

◎一音一音に氣を巡らし発信すること
◎残心を持って余韻を感じること

この2種類の「いまここ」を
しっかりと感じきることが
現代日本人が日本の魂を思い出すうえで
とても大事なことだと確信します。


天照大神の岩戸隠れの時、
岩戸開きのアメノウズメの舞の前には
大麻の神様 天太玉命
言靈の神様 天児屋命
が場を整えました。
 
これはそのまま、
まず初めに祓い清めの場の浄化 
そして言霊による祈り(意宣り/意乗り)
が大事であることを表しています。

言霊の知識ばかりを増やすのではなく
感じる心をますます育んでゆきたいものです。
 
大麻飾りの講座ではそんな部分も
知識と体感をともなって學んでいただくことを
意図しています。

ひと目ひと目
ひと結びひと結び
いまここに氣を巡らせ意識を保つ
いまここ 残心を感じ
大麻の紐を結び
「私」を結びましょう。
 



 



『 講座開催のお知らせ

現在、募集中の講座は
11月は札幌、青森(八戸)、神奈川(鷺沼)と
3会場での開催です。
 
年内の基礎講座、中級講座は以上となります。

この機会を逃さず、どうぞご参加ください。


FBほか、各種SNSでも
繋がってまいりましょう。
 
◎秋田 真介 Facebook アカウント


◎∞ 太真道 ∞Facebookページ


Twitter


Instagram



 





【 大麻飾り職人養成講座 】



【 札 幌 】彌彦(伊夜日子)神社
◉11月12日(火)【基礎講座】
https://resast.jp/events/372568/

◉11月13日(水)【基礎講座】
https://resast.jp/events/372569/

◉11月14日(木)【中級講座】
https://resast.jp/events/372570/
 

【 青 森 】
◉11月16日(土)【基礎講座】
https://resast.jp/events/382145/
 
◉11月17日(日)【中級講座】
https://resast.jp/events/382147/

  

【 東 京 】
◉11月19日(火)【基礎講座】
https://resast.jp/events/382148/
 
◉11月20日(水)【中級講座】
https://resast.jp/events/382149/

 
【 上級講座のお知らせ 】 
◉11月8日(金)〜10日(日)@札幌
https://resast.jp/events/372572/
  
◉12月6日(金)〜8日(日)@大分
https://resast.jp/events/372732/




<太真道 WEBサイト>
→ http://www.onenessism.com/taimadou/

<太真道 ブログ>
→ https://ameblo.jp/onenessism/


 


 お問い合わせフォーム







 


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 



 


 




 


Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック