金枝孝治

【とことん】才能って「結果を出す能力」のこと?

2019/10/ 6配信


14674_ヘッダー5


 


皆様こんにちは!カネさんです。


 


13499_21730798_1709982175978090_5370305403591639768_n




【無料オンラインセミナー】

7月4日(土)募集:5名

「オシレーターの正しい使い方講座」

オシレーターの正しい使い方を学ぶ
1時間のワークショップです。

【オンライン個人セミナー】

※「勝てない」「利益を伸ばせない」
そんなあなたのトレードをコンサルティングいたします!


「FXお悩み駆け込み寺」

11:00~12:00と15:00~16:00の1日2回開催。




 


「メチャクチャ大好きで没頭してしまうけど


思うような成果が出ない。」



これって「才能がない」ってことなのでしょうか?。


 


じゃあ、メチャクチャ大好きなんだけど、


結果が伴わない以上才能がないってことだから


辞めた方が良いと皆様は思いますか?。


 


ボクは違うと思います。


 


大体の人が「才能」


って言う言葉を表現するときって




「結果を評価するとき」


 


に使いますよね?。



人より結果を出せてる時を


「才能がある」といい、



出せていないと、
「才能がない」と判断してしまいます。


 


でもね、本当に才能って


「結果を出すためだけ能力」なんでしょうか?。


 


才能って、


 


「自分が何をしてる時に


時間を忘れて没頭してしまうのか?。」


 


「自分が何をしてる時に夢中になれるのか?。」



を見定めるための言葉だと思うんだよね。


 


だから、ここで抑えておいて欲しいのは、


「才能=他人より成果を挙げられること」ではなく、




「 才能= 自分が自分らしくなれること。」


 


「自分らしく=没頭してること。」




ということです。



「絵を書く才能がある・ない」とか、
「ビジネスの才能がある・ない」とか、




その言い方が、多くの人を


迷路に引き込んでいるのです。


 


って言うか、本当に才能があって


没頭出来ることに出会った人って、


 


「これをやることで誰かが評価してくれるのか?。」


 


「これをやることで自分の人生に


どうプラスになるのか?。」


 


「儲かるのか?儲からないのか?。」


 


なんて打算的な考えでやっていないはずです。


 


もっと言うと、上記に挙げた3点を軸に


没頭出来るものを探そうとしても10000%見つからないはずです。


 


「やってて楽しいからやる」


 


理由はこれだけです。




なので「絵を書く」にせよ


「ビジネスをする」にせよ、


 


「やってて楽しいの?・楽しくないの?」




ということに集中したらいいだけなのです。


「自分が自分らしく振舞えるなぁ~。」



この感覚が才能であり、


この感覚が人生を軽やかにしてくれます。


自分の才能を発揮している人は、他人と比べることや、
他人の評価に振り回されなくなっていきます。


才能があるとか、ないとか。
やめておけとか、やった方がいいとか。



周りはいろいろ言います。


それは多くの人が


「才能」と「結果」を結びつけるからです。


才能とは、皆様が


自分らしくいられる状態のことです。


だから、好きにやったらいいんです。


”好き”だと感じることを、


自分の価値観に沿った形で
”自分らしい”方法で行う。




それが才能を発揮している、


ということだからです。



  

この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェアする


1152551?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200



 


 


 


 


商品一覧 ショップを見る ▶


 


 お問い合わせフォーム





バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 






 


 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック