津村浩介
Okada01

【第217回】秋のグルメデート:記憶に残る松茸三昧 Ⅱ

2019/10/ 9配信


23457_30723892_1492766100851819_4943604690244861952_n



 




【第217回】秋のグルメデート:記憶に残る松茸三昧 Ⅱ



     


グルメデートスキルを通じて、男性の婚活力をアップさせる”グルメデート専門コンサルタント”の津村浩介です。


いつもメルマガをご覧いただきありがとうございます。


さて、今日は、具体的に、秋のグルメデート:秋の味覚の王様、松茸のフルコースをご紹介致します。


 



 


お店は、赤坂見付駅から、徒歩、4,5分ですが、ちょっと入り組んだ路地にあるので、是非、事前に場所の確認をしておきましょう。津村は、以前にも行ったことがあるので、今回は、事前に確認しなかったのですが、なんと、”移転”していて、すぐには見つけられませんでした。


 


さて、今回は、カウンター席を予約しました。


通常、津村は、好んで”カウンター席”を使うのですが、ここは、”接待用”の需要があるため、個室も2名から10名用に用意されています。ですが、席料として、お一人、¥3,000掛かるのですね。席料が掛からないのが、カウンター席と大広間のテーブル席なのです。


 


3)みすじ会席:¥12,000/人


 


さて、まずは、ビールで乾杯。


これから始まる松茸三昧に心が躍ります。


 


①先付 松茸とほうれん草、春菊のお浸し


体に優しい、松茸の香りが香るお浸しです。もちろん、松茸も添えられています。先付と同時に出てくるのが、お洒落な青紫のグラスに入った、食前酒です。


そう、これは、松茸の香りが香る食前酒なのです。


スタートから、こんな演出があると、これからのコースに期待が膨らみますね。


 


②前菜 本日の盛り合わせ5種


会席料理屋らしく、季節感あふれるビジュアルで、里芋、高野豆腐、松茸のスライスなどが、上品に盛り付けれれています。


 



 


③松茸の土瓶蒸し


 


これも、季節を感じる一品です。


 



 


中をのぞくと、松茸、鱧(はも)、銀杏(ぎんなん)、紅葉麩、三つ葉が入っていますね。


酢橘(すだち)を絞って頂きましょう。


松茸の風味と出汁の旨み、その他の具材の旨みが、酢橘の酸味のハーモニーが味わえます。


 


④松茸の踊り焼


 


さて、前半のハイライトがこちら。


 



 


踊り焼自体は、スライスした松茸を七輪で焼くのですが、お店の方が、スライスする前の、丸ごとの松茸を見せてくれます。


 


やはり、このビジュアルは、日本人なら、そそられますよね。


彼女のテンションも上がります。必ず、写真を撮りましょう。


 


 



 


さて、スライスした松茸を七輪で焼くのですが、その際、松茸が、炙られて踊るようだから、「踊り焼き」と言うのですね。


丁度、松茸が”汗”を書いてくるので、その時が食べごろだと教わりました。こちらも、酢橘をかけ、生醤油に付けて頂きます。噛みしめると、キュッキュッという、松茸ならではの歯触りが楽しめます。


 


⑤松茸の天ぷら


 


これは、初めて食べました。


ビジュアルもなかなかの迫力ですね。


 



 


やはり、酢橘そして、塩をつけて頂きます。


噛みしめると、キュッキュッという、松茸ならではの歯触りが楽しめます。


 


さて、コース後半戦は、明日、ご紹介しますので、お楽しみに。


 


本日も、お忙しい中、メルマガをご一読頂き、ありがとうございました。



バックナンバーをご覧になる方は、下方のサムネイル「バックナンバーを読む」をクリックしてください。


 


津村浩介


”グルメデート専門コンサルタント”


 


 大人の東京グルメデート”体験”セミナー(グループセミナー編)

 大人の東京グルメデート体験セミナー(マンツーマン:zoom編)

 リアル・マンツーマン・ミニセミナー


 お問い合わせフォーム







 


 


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 






 


 


Okada01
Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック