藤原 恵津子

愛すると愛される

2019/10/24配信


7402_昼景1


皆様 こんにちは
可能性開花トレーナー藤原 恵津子です。


6865_藤原恵津子写真


 意外に思えるかもしれませんが、「愛する」ことと「愛される」ことは同じです
(ここでいうのは一般的な愛で男女の愛ではありません)


もう少し別の言い方をすると


「愛を与える」と「愛を受け取る」ことができるようになるということです


 


下へ続く↓



イベント・セミナーのご案内





気軽にワイワイ楽しく

 10/28 大阪府 あなたの可能性を開くお茶会


楽に生きたい、望んでるものを手に入れたい、もっとお仕事を展開したい、楽しく自分らしく生きたい人

 11/9可能性開花コース(ベーシック)


自分の能力や可能性を開くことでガイアの次元上昇をサポート

 11/16 兵庫県 可能性開花アドバンスコース

 


カサンドラの人、もしかしてカサンドラではないかと思っている人

 10/24わかば会

 



上からの続き↓


 


愛を受け取るには、相手の気持ちや相手の立場が理解できないと受け取れないことがあります。
それは、心の器と受け取れる愛情が比例するということ。


参考までにこちらもどうぞ


愛情の感じ方は心の成熟度に比例する
ある子犬の話


 


もし皆様が、愛されていないと感じるなら、皆様は愛をもらうことばかり考えていて、愛を与えていないのかもしれません。


その場合は、愛を与えてみるといいでしょう。


それは、誰かのために何かをしてみる ということ。


見返りを求めると、それは純粋に与えることにはなりません。ただただ純粋に与えることです


小さなことでいいのです。



迷っている人に道を教えてあげるとか、
前から来た人に道を譲ってあげるとか、
バスを降りるときに「ありがとう」って言ってみるとか



その時に相手が「ありがとう」って言ってくれたり、うれしそうな顔をしてくれたりするとうれしく感じたり、ちょっとだけいい気分になったりします。


それは、皆様の心が喜んでいる証です


 


もしかすると相手は、何も言わないかもしれません。表情一つ変えないかもしれません。


それでもいいのです。


皆様が与えたエネルギーはきちんと伝わっていきますからね。



そしてその優しさを自分にも同じように与えてみてください。どんな自分にも「それでもいいよね」ってOKを出していくのです


そうしているうちに、周りの何気ない優しさに気づくようになってきますよ。


「愛されていない」と思い込んでいた固く閉ざされた心が まるで花のつぼみが少しずつ緩んでやがて少しずつ開くように、少しずつですけど、愛されていることを感じられるようになります。


とても簡単にできることですので、もし皆様が、ちょっと心がギスギスしているなって感じたり、周りの人が冷たく感じられるようなときにはやってみることをお勧めします


 




この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェア・コメントする


1146890?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200



 


商品一覧 ショップを見る ▶


 




 メール相談フォーム




 メルマガのご感想&ご質問




 お申込み&お問合せ




 





バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 



 


このメルマガを紹介する


30531

https://resast.jp/subscribe/30531


 






 


 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック