よしざわさなえ

おっぱいのつまりをとるコツは??

2019/9/29配信
image





皆様



ママの安心感&幸福感が家庭平和をつくる。

助産師*性育アカデミー協会認定講師のよしざわさなえです。







日曜日、どうお過ごしですか?





沖縄、またまた台風が近づいてますね〜。







今週水曜日の産後カフェ

ありがたいことに、満席になりましたぁ。





わたしも

とても、楽しみにしているので、

その日までには、

ぜひ、台風さん、通り過ぎて欲しいですね。





さて、話しは変わりまして。





先日の朝、急遽、Aさんから、

母乳ケアの依頼が。







おっぱいが前日から張ってて、

痛いとのこと。





おうちまで訪問母乳ケアへ。





Aさんのおっぱいの先は詰まって、

カチカチ状態。





ゆっくり、丁寧にマッサージしていきます。





本人に1番、驚かれたのが、

「全然、痛くなーい!!」ということ。





皆様は

母乳マッサージって

痛いイメージありますか?





Aさんは、

他の助産師さんに

マッサージしてもらったところ、

グイグイマッサージされ、

痛かったとのこと。







なので、痛いのが当たり前だと

思っていたようです。





ほんと、産後ってツラいですね。







出産のダメージのみならず、

おっぱいも痛いし、

乳頭切れたら、乳首痛いし。







そんなママのために、

私が心がけている

痛みのないケアのコツは、







丁寧にゆっくりと、

焦らないこと。







おっぱいにはリズムがあります。







そのリズムは、その人によって、違います。







すぐに分泌が始まるおっぱいもあれば、

しばらく刺激してから分泌が

始まるおっぱいもいるのです。







分泌がない時にグイグイやっても痛いだけ。







そのリズムの時は、

ホントに触れるか、

触れないか位のタッチングで

マッサージを行います。







中には

「気持ちいい〜( ⑉¯ ꇴ ¯⑉ )」

って言う人もいますよ。











そのうち、分泌が始まるので、

そしたら少し強めに圧をくわえます。







そのころには、

乳頭も柔らかくなるようで、

痛みも和らぎます。









痛くないマッサージのコツは、

リズムを知ること。





自分で搾乳するときにも使える技なので、

ぜひ、ご参考にしてみてくださいね♡





*****





そのあと、Aさんのおっぱいは、

すぼーーーん!と乳栓がとれ、

溜まっていたおっぱいは、

噴水のように飛び出てましたよ( ˶ˆ꒳ˆ˵ )







わたしまで、スッキリ、

気持ちよかったです( ˶ˆ꒳ˆ˵ )







Aさんも、やっと、

赤ちゃんを抱っこできる〜🎶と大喜び。







おっぱいの悩みやトラブルは、

育児をツラく感じる原因のひとつ。





一人で悩まないで、

近くの助産師さんに相談してくださいね。







では、よい週末をお過ごしください。







▼この記事をシェア・コメントする▼




いつもメルマガをお読み下さっている方、
今日もメールを受け取ってくださってありがとございます♡
 
初めましての方、
これから、どうぞよろしくお願い致します♡


  
皆様が
安心して子育てを楽しみ、じぶんらしく幸せに生きるためのエッセンスを愛を込めてお届けします。





イベントのお申し込みはこちら

10/2

【沖縄県】❤産後カフェ❤  ⇒ 






10/10

【沖縄県】あなたらしい子育てを加速させる私のお産ふりかえり会❤︎ ⇒ 






10/24

【沖縄県】~毎日の隙間ワークで快適ボディへ~ 産後ママの骨盤底ケア講座  ⇒ 















▼配信停止をご希望の方はお手数ではございますが下記のリンクをクリックしてください▼








image



▼アプリのインストールはこちら▼









Copyright (c) 2010-20 ena.sakura All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック