木村 淳一

良い習慣とそうではない習慣

2019/9/27配信
皆様

WDコンサルタントの木村です。


僕はここ最近、富の筋力作りである
ウェルスフィットネスに加えて

富の人脈作りである
ウェルスネットワークを構築する時間を
少しずつ取り入れています。


フィットネスを鍛えることにより
提供できる価値が磨きあがってきます。

そして次にやるべきことが
価値を提供する市場との繋がりを得る
ネットワーク作りです。


少しずつ人との繋がりができつつあるので
来月以降がとても楽しみです!



ーーーーーーーーーーーーーー

良い習慣とそうではない習慣

ーーーーーーーーーーーーーー

さて、前回のメルマガでは
習慣化を身につけることが
大切ですよとお伝えしました。


習慣は人誰もが
何かしらの習慣を身につけています。

例えば、
・朝7時に起きる
・朝ごはんを食べる
・出勤準備をする
・毎朝歯を磨く
・会社に出勤する
など

朝の習慣だけでも、
これだけのことは多くの人が
行っています。


ただし、これは現在
生活をしていくために
欠かせない習慣です。


ここでお伝えしていることは
現在生活をしていくための習慣ではなく
未来に繋がる習慣です。



では未来に繋がる習慣とは
何を指すかと言いますと、
「良い習慣」のことを指します。


習慣には
「良い習慣」と「そうではない習慣」があります。


例えば健康状態を良い状態に保つことに
焦点を当てると

良い習慣は、
・体に良い食事をとる
・適度に運動をする
・睡眠をきちんととる
となります。

そうではない習慣はこの逆で、
・お菓子やジュースばかりとる
・運動を全くしない
・夜更かしをする
となります。


これは何に目を向けるかによって
変わってきます。


もし、ご自身の人生をより良いものに
していきたいとお考えでしたら、
良いことに目を向ける習慣を

身につけていただくことが大切です。



多くの人は悪いことばかり考えてしまい
なかなか次の行動につなげていくことが
できなくなります。


そのため、
ご自身の成長を妨げたり、
やるべきことがなかなかできずにいたり
してしまいます。


悪いことに目を向けるのではなく、
良いことに目を向けることに
少しずつ視界がクリアになります。


そうすると自然と人も寄ってくるようになります。

悪い空気を発している人よりも
楽しそうな空気を発している人に
人は引き寄せられるからです。


もし、
良い習慣を身につけていきたいと
感じた方は、
「良いことを見つけるノート実践会」
に参加してみてください。
https://smart.reservestock.jp/event_form/375066?fbclid=IwAR230Wn5QkiHmUx9P5cXTjwnDcN3lOIhP890BqesBkBEw1OeYlGUWurX7SY


きっと良い気づきが得られると思います。
僕もお手伝いでいますので、
よろしければお声かけてくださいね。


本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。










この記事をシェア・コメントする

https://smart.reservestock.jp/subscribe_form/mail_magazine/1144459?o=((customer_name_urlencode))



配信停止ご希望の方はお手数ではございますがこちらから解除をおねがいいたします。
https://resast.jp/page/ss/

メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。







お問い合わせフォーム
⇒ https://www.reservestock.jp/inquiry/20587/







☆ バックナンバーはこちら
⇒ https://resast.jp/page/backnumbers/





アプリでメルマガを読むと

文字化け無し
必ず届く
プッシュでスマホに通知が行く
ほかのメールに埋もれない
アプリインストールしてメールアドレス設定するだけ、再度読者登録する必要はありません。
もちろん無料です
-----------------------------------------
アプリのインストールはこちらから
https://smart.reservestock.jp/menu/application_install_page
------------------------------------------


Tomotake_image
Okada05
Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック